島根・女子大学生切断遺体、死亡の男は当時隣市に居住

7年前、広島県の山の中で島根県浜田市の女子大学生の切断された遺体が見つかった事件で、警察が事件に関与したとみて調べている、すでに死亡した男が当時、浜田市の隣の益田市に住んでいたことがわかりました。

 この事件は2009年10月、島根県立大学の1年生だった平岡都さん(当時19)が行方不明となり、翌月、広島県北広島町の臥龍山で切断された遺体の一部が見つかったものです。

 警察は、遺体発見の2日後に交通事故で死亡した当時30代の男が平岡さんを殺害し、遺棄した疑いが強いとみて調べています。

 捜査関係者によりますと、男は当時、平岡さんが連れ去られたとみられる島根県浜田市の隣にある益田市に住んでいたということです。浜田市と臥龍山はおよそ25キロの距離にあり、警察は当初から土地勘のある人物による犯行とみて調べていました。

 男の遺品からは行方不明になった後の平岡さんを撮影した画像データが見つかるなどしていて、警察は慎重に裏づけ捜査を進めています。