公取委、出光の昭和シェル株取得を承認 JX東燃の統合も承認

公正取引委員会は19日、経営統合を計画している出光興産<5019.T>による昭和シェル石油<5002.T>の株式取得を承認した。これにより出光は、英蘭ロイヤル・ダッチ・シェル<RDSa.L>から33.3%の昭和シェルの株式を取得する計画だ。

しかし、両社が予定している経営統合には出光の大株主の出光昭介名誉会長ら創業家がなお強く反対しており、先行きは不透明だ。

出光による昭和シェルの株式取得は当初、今年9月末に予定されていたが、公取委の承認を待つため延期されていた。また、出光経営陣による創業家の説得は難航し、経営統合を延期すると発表していた。

一方、公取委は同日、来年4月に予定している石油元売りのJXホールディングス <5020.T>と東燃ゼネラル石油<5012.T>の経営統合を承認すると発表した。

出光と昭シェルの統合計画が発表されたのに影響を受け、JXと東燃ゼネラルの経営統合にも再編の波が押し寄せたはずだったが、大株主の同意を得られない出光・昭シェルより一足先に、JX・東燃ゼネラルの再編が実現する。

JX・東燃ゼネラルはそれぞれ、統合を承認するため21日に臨時株主総会を開く予定。