縛られ殴られた痕…男性死亡、暴力団関与か

21日朝、東京・新宿区のマンションで、体を縛られ、殴られた痕のある男性が倒れているのが見つかり、まもなく死亡が確認された。警視庁は現場にいた暴力団関係者の男から事情を聞いている。

 警視庁などによると、21日午前9時20分ごろ、新宿区大久保で、男の声で「人をたたいて殺した」と119番通報があった。警察官が駆けつけると、マンションの部屋に、30代とみられる男性が体を縛られた状態で倒れていて、頭や腕に殴られた痕があったという。男性は搬送先の病院で死亡が確認された。

 当時、室内には、通報者とみられる30代の暴力団関係者の男がいて、警視庁はこの男が男性の死亡について経緯を知っているとみて事情を聞いている。