ロシア発の大規模詐欺、被害2百億円 ネット広告の閲覧偽装

ニューヨーク(CNNMoney) インターネットのビデオ広告を多くの人が閲覧しているように見せかけるため、偽のブラウザー上で数十万に上る架空のウェブサイトとユーザーをねつ造していた大がかりな詐欺行為が発覚した。これまでに業界全体で総額1億8000万ドル(約211億円)以上の被害が出ているとみられている。

米国のサイバーセキュリティー企業、ホワイト・オプスによると、「Methbot(メスボット)」と呼ばれるこの仕掛けは今年10月に見つかった。

犯行グループはネット上の有力ページにビデオ広告を流すと称して、企業から高額の料金をだまし取っているという。

実際には25万件の偽サイトを用意し、さらに50万件のIPアドレスを入手して全米各地にユーザーがいるように見せかけている。特殊なソフトでコンピューターを操って、実在のユーザーが広告を閲覧している様子を再現する。ホワイト・オプスによると、手口は時とともにますます巧妙になり、本物と見分けがつかなくなっているほどだという。

同社によれば、犯行グループは毎日、ビデオ広告が計3億回も流れたとして、広告主の企業から500万ドル規模をだまし取っている。これまでに業界全体で総額1億8000万ドル以上の被害が出ている計算だという。

メスボットを考案したのはロシアのグループとされるが、ホワイト・オプスはそれ以上の詳細を公開していない。米連邦捜査局(FBI)によるおとり捜査の妨げにならないよう配慮している可能性がある。

同社は一方で、この手口に業界全体で対抗できるよう、技術面を含む詳細情報を公表することにしたと話している。