糸魚川火災 140棟延焼、自衛隊に災害派遣要請 新潟

22日午前10時半ごろ、新潟県糸魚川市大町1の商店街の一角にある中華料理店付近から出火。強い南風にあおられて付近の商店や住宅に燃え広がり、市消防本部によると、同日午後3時半現在で約140棟に延焼した。県は同日午後、災害対策本部を設置し、米山隆一知事が陸上自衛隊に災害派遣を要請した。糸魚川市は正午過ぎ、周辺の273世帯(586人)に避難勧告を出した。

消防庁によると、煙を吸ったり、転倒したりして2人が軽傷を負った。

 新潟地方気象台によると、日本海側に発達した低気圧と太平洋側に張り出した高気圧の影響で糸魚川市付近で強い南風が吹いている。同市で正午過ぎに最大瞬間風速24.2メートルを記録した。