自民都議3人が会派を離脱、新会派を設立へ

東京都議会の大場やすのぶ、山内晃、木村基成の自民党都議3人が28日、会派「東京都議会自由民主党」を離脱し、新会派を設立すると発表した。自民党からは離党しない。

新会派「新風自民党」を結成する方針。会長は大場都議、幹事長は山内都議、政調会長は木村都議が務める予定。当面は少人数の会派となるが、都議会自民党内に同調者がいれば人数を増やしていく。

大場都議は「都民感覚の政治を実現することが会派を結成した最大の理由」と説明。「自由で民主的な環境のなかで議論し、都民の利益となる結論を導き出す責任がある」と強調した。