ANA、ピーチを子会社化=67%まで株式買い増し

全日本空輸を傘下に持つANAホールディングスは24日、格安航空会社(LCC)のピーチ・アビエーション(大阪府田尻町)を連結子会社化する方針を固めた。同日開く取締役会で決定する。急成長するピーチをグループに取り込み、収益力を強化するのが狙い。

 現在のピーチ株式の保有比率は、ANAが約39%、香港の投資会社が約33%、産業革新機構が約28%。ANAは両者が保有する株式の半分程度を取得し、比率を67%に高める。取得額は数百億円規模とみられる。