YouTubeの1日当たり視聴時間が10億時間超え

米Google傘下のYouTubeは2月27日(現地時間)、1日当たりに動画が視聴される時間の合計が10億時間を超えたと発表した。

同社が米Wall Street Journalに語ったところによると、これは2012年の10倍に当たるという。YouTubeは2012年から、ユーザーの視聴履歴に基づくお勧めアルゴリズムを採用している。お勧めの精度が上がれば上がるほど、ユーザーの視聴時間も伸びるだろう。

 なお、Facebookの1日当たりの視聴時間は1億時間、Netflixは1億1600万時間という(いずれも2016年1月の数字)。

 Googleの親会社、AlphabetはYouTubeの売上高を具体的には明らかにしていないが、直近の業績発表で、売上高にはYouTubeの広告が貢献していると説明した。