「黒い帽子をかぶった長髪の男」3億8400万円強奪事件 福岡市天神 3人組が車で逃走

20日午後0時26分ごろ、福岡市中央区天神1丁目のみずほ銀行福岡支店近くで現金3億8400万円が強奪された。福岡中央署によると、男性がケースに入った現金を持ち、支店を出たところで被害にあった。男3人組に催涙スプレーを掛けられたという。被害にあった男性が110番した。けがはなかった。

3人組は白いワンボックスカーで南方向に逃走した。1人が30代から40代で灰色の作業服で、マスクのようなもので顔を隠していた。もう1人は身長170〜175センチで黒い服で頭に白いタオルを巻き、マスクで顔を隠していた。

 目撃者の一人は「黒い帽子をかぶった長髪の男が運転する白いワンボックスカーが現場付近から突然、勢いよく走りだした。後ろから行員が『強盗』と叫んで追い掛けていた」と語った。

 支店近くにあるコインパーキングでは、バーが折れていた。別の目撃者の男性は「バーが『バキッ』と折れる音がして、白いワゴン車が走り去った」と話した。

被害者は東京の29歳会社員

 福岡県警捜査1課によると、20日午後、福岡市中央区天神1丁目のみずほ銀行福岡支店近くで発生した現金3億8400万円の強奪事件で、被害に遭ったのは、東京都足立区、会社員の男性(29)。3人組に襲われ、スプレーのようなものを吹き付けられた。負傷しているかどうかは調査中。