パナ、PC向けバッテリー28万個リコール

パナソニックは16日、発火の恐れがあるタブレット型パソコン向けのバッテリーパック27万9346個を、国内外でリコール(回収・無償交換)すると発表した。

 対象は、2013年3月〜17年3月に製造された法人向けタブレット型パソコン「FZ―G1シリーズ」のバッテリーパックで、予備や交換用も含む。国内分は約2万9000個で、ほぼ全てを業務用として販売した。

 15年3月以降、日本や欧米、豪州で発火事故が計16件あったが、けが人はいないという。製造工程で異物が混入したことなどが原因としている。

 対象製品は、パソコン本体の品番が「FZ―G1」で始まり、次の1文字がA、B、C、F、J、K、L、M、Nのいずれか。平日午前9時〜午後5時にフリーダイヤル(0120・870・163)で問い合わせを受け付ける。