ユニー・ファミマとドンキ、資本提携で合意 店舗協業も

ユニー・ファミリーマートホールディングス(HD)とドンキホーテHDは24日、資本・業務提携で合意したと発表した。ユニー・ファミマが、100%子会社で総合スーパーを運営するユニー(本社・愛知県稲沢市)の株式の40%を11月にもドンキに譲渡する。また、店舗運営などでの協業を行う。苦戦する総合スーパーをドンキのノウハウも入れて再建する。

 具体的には、ユニーが東海地域を中心に運営する総合スーパーの「アピタ」「ピアゴ」の一部を、ドンキの看板も掲げる新業態に衣替えするほか、ユニーが閉鎖予定の店の一部をドンキの店に変える。また、コンビニのファミマをドンキの一部店舗で展開する。

 このほか、店舗運営や商品の仕入れでの協力、ポイントサービスの共通化なども検討する。

 両社は6月に業務提携の検討入りを発表し、年内の提携契約締結に向けた作業を進めていた。