宮地真緒が14年間交際の一般男性と結婚「一生ものの恋になりました」

miyajimao201711230001
女優の宮地真緒(33)が23日、交際していた7歳年上の一般男性と結婚したことを発表した。この日午後、2人で都内の区役所に婚姻届を提出。マスコミ各社に直筆署名入りの書面で「14年間お付き合いしてきた彼と入籍いたしました」と報告した。

8月下旬に日本テレビ系「24時間テレビ40 愛は地球を救う」に出演した際、サプライズで登場した相手の男性から公開プロポーズを受けた。「14年間、愛する真緒を待たせ続けたことを反省します。結婚しましょう」と指輪を差し出しされ、「はい、します」と彼を抱きしめながら号泣。“良い夫妻の日”に晴れて夫婦となった。挙式などは未定という。

 男性とは03年にドラマ共演者の紹介で知り合い、同年夏に交際に発展。04年に写真誌に交際を報じられた際は、イベントで「仲のいい友人」と恋愛関係を否定したが、その後も交際を育んでいた。書面では「14年という長い時間を共にする中で、彼は私の一部で、必要不可欠な存在になりました。私の青春は彼と共にあり、一生ものの恋になりました。いつも私を支え、笑いを与えてくれる彼と家族になれたことを、とても嬉しく思います。病める時も、健やかなる時も支え合い、励まし合える笑いのたえない家庭にしたいと思います」と喜びをにじませた。結婚後も女優業は継続していく。