カミカゼ ニュースブログ

カミカゼ ニュースブログは世の中で起こった最新ニュースを掲載していきます

カミカゼ ニュースブログ

ニュースブログ最新

メルカリ、ブランド品に特化したフリマアプリ - 写真による自動査定も

メルカリ、ブランド品に特化したフリマアプリ - 写真による自動査定も

メルカリのグループ会社であるソウゾウは21日、ブランド品に特化したフリマアプリ「メルカリ メゾンズ」の提供を開始した。対応OSはiOS 10.0以降およびAndroid 5.0以降。利用は無料だが、フリマアプリ「メルカリ」とアカウント登録が必要。また、出品者には所定の手数料が必要となる。

「メルカリ メゾンズ」は、アプリから出品商品の写真を撮影することで、ブランド品を査定できるフリマアプリ。「メルカリ」上の販売実績や中古市場などのデータを利用することで、出品したいブランド品の写真を撮影し商品状態を入力すると、売却相場価格を自動で査定できる。査定情報はマイページ保存でき、高値で売れやすいタイミングが来た場合に通知を受けることも可能。同サービスの購入品が偽ブランドの恐れがある場合、同社基準に基づく調査を行い、補償条件に合致した場合に商品代金が返金される。

アプリでは機械学習を導入し、ユーザーが撮影した写真からブランド名や商品名、模様などの商品情報を自動的に判別して入力する。リリース時はルイ・ヴィトン、シャネルのバッグおよび財布のみに対応するが、今後対象ブランドを拡大予定という。

商品は「メルカリ メゾンズ」に加え、「メルカリ」にも同時出品される。落札後の配送はメルカリで使われている匿名配送サービス「らくらくメルカリ便」・「ゆうゆうメルカリ便」などが利用可能。手数料として販売価格の10%および、1万円未満の売上金引き出し手数料210円がかかる

富裕層は「スマホのチラ見」を絶対しない

富裕層は「スマホのチラ見」を絶対しない

■若いお金持ちほど背伸びをする

富裕層にも、もともと資産家の方とビジネスなどで成功してキャッシュフローがたくさんある方、その両方がある方がいます。ファイナンシャル・プランナーという仕事柄、それぞれのタイプのお金持ちにお会いする機会がありますが、資産家の方と、成功してお金持ちになった方とでは、行動や立ち居振る舞いにどこか違いがあるように感じます。

資産家、つまりもともとお金持ちの方々は、上品でガツガツしたところがなく、堅実で謙虚な人が多い。流行のものを次々買うようなことはなさらず、本当にいいものを大切に使っています。おじいさまやおばあさま、ご両親から受け継いだものを大切に使われる人も少なくありません。いいものをこれ見よがしに見せつけたり、ひけらかすこともない。

これに対して、若くしてキャッシュリッチになった人には、背伸びをする人が目立ちます。「周囲の人が持っているから」という理由でハイブランドのバッグや時計を身につけ、高級車をローンで買う。いずれも奥様主導で無理に背伸びをして買うというケースが多い。いずれ生活が立ちゆかなくなったり、下流老人にならないかと心配になることもあります。

■「こだわり」への出費は惜しまない

資産家の人たちは、お金に対する考え方も堅実です。キャッシュフローはそれほど潤沢ではなくても、堅実な生き方が身についているため、困ってはいません。運用も過分なリスクを取ることなく、代々受け継がれてきた資産を守ることを重視します。とはいえ、「こだわり」への支出は惜しみません。

あるとき、資産家の奥様に「キャッシュフローがなくて大変なの。アドバイスをしてくれないかしら」とお願いされてお話をうかがったところ、会費が高額な有名テニスクラブの会員権や、あまり使っていない別荘があることがわかりました。ファイナンシャル・プランナーとしては、まっさきに手放してほしい資産です。ところが、「そのクラブは社交の場だから手放せない」「その別荘は夏の社交に必要だから売れない」とおっしゃる。社交といっても、夜な夜な高級なお店をはしごするのではなく、お茶の会やホームパーティをする程度です。ただ、代々続いているものだけに、「それは譲れない」とおっしゃる。本当のお金持ちは、自分たちなりの「こだわり」があり、そこへの出費は惜しまないのです。資産家のお金への考え方を目の当たりにした思いがしました。

■「相当詳しいのだな」と感じさせる

お金の使い方も上手です。前述のとおり、「こだわり」があるものには出費を惜しみません。お茶会の和菓子は老舗からの取り寄せ、着物は老舗中の老舗に仕立ててもらうという話を、嫌みなくさらっとされる方がほとんどです。また、ブランド品はブランドショップで定価で買い、デパートの商品は外商部に自宅まで商品を持ってきてもらいます。だからといって、高級品ばかりを買うわけではありません。日用品はスーパーで買いますし、「今日はお客様が大勢いらっしゃるから、コストコに食料品の買い出しに行く」ということもあります。お金を使う場合の目的意識が明確で、それに適したお店を使い分けられるのも、堅実な資産家らしい行動といえそうです。

「こだわり」のなかには、「自分の趣味」も含まれます。茶道や華道をなさっている方もいれば、愛犬に愛情を注いでいる方もいます。草木を眺めながら散歩をするのが好きな方もいます。

趣味の内容はさまざまですが、多くの方がそれを極めていて、生活のそこかしこにそれが反映されています。世間話で趣味を話題にされるだけでも、「相当お詳しいのだな」と感じさせるレベルの方が少なくありません。

■「資産に働いてもらう」重要性を理解している

運用方法も堅実です。金融資産は国際分散投資が大前提で、保有する企業も、長い目で見て成長が期待できる国際優良企業や、安定配当が期待できる企業を選んで分散投資しています。そのような銘柄をご両親から相続し、ゆくゆくは子どもにも持たせたいと考える方が多いのも、資産家ならではといえるでしょう。

なかには、資産の一部でトレードを楽しむ方もいます。例えば、ある方は、商品(コモディティ)価格が上昇する前にいち早く購入し、価格が上昇したタイミングでしっかり利益確定していらっしゃいました。豊富な人脈から「本当にいい情報」だけが入るため、いわゆる“目利き”になれるのでしょう。もちろん、金融資産の大半をトレードにつぎ込んだりして、リスクを取りすぎる方はいません。

■生命保険の活用も上手

ご家族の資産、つまりファミリーのマネーを運用する会社をつくっている方々もいます。会社にすることで運用にかかる費用を経費にしたり、息子や娘をその会社の社員にすることで節税につながるだけでなく、家族全体で資産を守るという意識を高めることにもつながるのでしょう。ほとんど使わないけれど「手放したくない」国内の別荘や海外の不動産も、賃貸事業をすればキャッシュフローを得ることもできます。これによって、一家の大黒柱に万が一のことがあっても遺された家族の生活を守れるという安心感も得られます。だから「先祖代々の資産を売らずに守る」という判断がなされるのでしょう。“資産に働いてもらう”という考え方が身についているのも、資産家ならではの特徴です。

生命保険の活用も上手です。保険会社も資産家の方々には「定期付き終身保険」や「アカウント型」のような商品でなく、その家族に適した優良な保険を紹介しているのだとは思いますが、しっかりと保険にも入っている方が多いように見受けられます。非常にスマートな資産運用ができているのも、資産家の共通項といえるでしょう。

■できない約束ははじめからしない

忙しい人が多いにもかかわらず、スケジューリングがきちんとできていて、あたふたした印象がない人が多いのも資産家の特徴です。どんなに忙しくても誰かと会食する場合には、ゆっくりと食事と会話を楽しむ。忙しさをアピールするかのようにスマートフォンをチラチラ見るようなマネは、絶対にしません。そんなことをしたら、「早く食事を終わらせよう」と相手に気をつかわせますし、そもそも失礼です。「できない約束はしない」という話もよく聞きます。

話題が豊富な人が多いものの、自分ばかりが話すことはありませんし、ましてや仕事上の成功談をすることもありません。「相手をいやな気分にさせない」「楽しんでもらう」ことを大切に考えているからでしょう。何度もお目にかかっているのに、新たな発見があり「奥が深い人だな」と思わせる方も多いように思います。

トヨタ、部品価格引き下げ要請。原価低減で減益回避狙う

トヨタ、部品価格引き下げ要請。原価低減で減益回避狙う

下期は上期と同水準に。サプライヤーの協力がカギに

 トヨタ自動車は2017年度下期(10月―18年3月)の部品価格引き下げ幅について、17年度上期(4月―9月)と同等水準にする方針を固めた。取引先部品メーカーへの正式要請を前に、内々に示し始めた。大半が1%未満の要求になる見込みだが、赤字の会社などは値下げが免除される場合もある。トヨタは18年3月期連結決算で2期連続の減益を予想しており、原価低減を継続する。

 トヨタは取引先部品メーカーと毎年2回、部品価格改定の交渉を実施している。衝突回避などの高度運転支援技術が搭載されるなど自動車の価格は高くなる傾向にある。価格競争力強化のためにも、取引先と一体となった原価低減の継続が重要となっている。

 14年度下期と15年度上期は利益の社会への還元を優先する形で部品価格の引き下げを見送っている。15年度下期に再開し、16年度下期からは引き下げ幅を拡大していた。

 トヨタの部品価格引き下げ交渉については、取引部品の値下げ余地や取引会社の状況を考慮して決める傾向が強まっている。「綿密に協議して決めるようになった」(部品メーカー幹部)と部品メーカーに理解を得やすい形で価格設定を進めている。

 トヨタは18年3月期に設備投資が1兆3200億円(前期比8・9%増)、研究開発費が1兆600億円(同2・1%増)と高水準の投資を計画する。

 原価改善効果は営業利益段階で前期比1000億円の増益要因としている。2期連続の減益を回避したいトヨタは、利益改善策の一つとして引き続き原価低減を推進する。

 トヨタは例年、3000億―5000億円規模で製造原価を低減し、営業利益の押し上げ要因としてきた。ただ、17年度の原価低減は原材料費の高騰などもあり、期初時点の予想で900億円にとどまっている。

 部品価格の引き下げ以外にもトヨタは2018年度から新たな原価低減活動を始める。主要部品メーカーに「RRCI」(良品・廉価・コスト・イノベーション)と呼ぶ活動の第3期目の取り組みを始めると伝えた。

 コスト目標などは個別に定めるが、20年代前半に市場投入する車種に活動成果を反映する考えだ。

松山千春の「神対応」 1時間遅延の機内で「大空と大地の中で」を熱唱

松山千春の「神対応」 1時間遅延の機内で「大空と大地の中で」を熱唱

シンガーソングライター・松山千春さんの「神対応」に、インターネット上で称賛の声が寄せられている。

 2017年8月20日正午ごろ、松山さんは新千歳空港から大阪(伊丹)空港行きの便に乗った。だが飛行機は、混雑により出発予定時刻を過ぎても出発できず、乗客は約1時間待たされることに...。松山さんはそこで、自ら客室乗務員に掛け合い、マイクを借りると、自身の代表曲「大空と大地の中で」を歌い出したというのだ。

■出発予定11時55分→実際の出発時刻13時3分

 ANA(全日本空輸)の札幌(新千歳)発、大阪(伊丹)行きの便は2017年8月20日、出発予定時刻の11時55分を過ぎても、動かないままだった。J-CASTニュース編集部が21日、ANAの広報担当者に取材すると、飛行機の出発時刻は13時3分まで遅れていたことが分かった。約1時間、乗客は機内で待機を余儀なくされていた。

 同担当者によると、理由は保安検査場の混雑だった。大渋滞を起こしていたという。「機内のお客様にお詫びのメッセージを流していました」

 乗客の1人は21日、J-CASTニュース編集部の取材に応じ、機内の雰囲気について「機内はピリピリした様子でした。また、遅延の理由が保安検査場の混雑によるものでしたので余計に私を含めた乗客はイライラしていたと思います」と振り返った。別の乗客も同日、「1時間、機内に座っていて、早く飛ばないかなぁ〜と思っていた」と述べた。

 だが出発時刻から1時間が経とうとする12時50分頃、乗客たちはある有名人の登場で度胆を抜かれることとなる。シンガーソングライターの松山千春さんが突然、客室乗務員用のマイクで乗客に話し始めたのだ。乗客の1人によると、松山さんは「滅多にこんな事はないんです。皆さん頑張ってますから、もう少しお待ち下さい」などと語りかけ、自身の楽曲「大空と大地の中で」の冒頭部分を歌い出した。

  「果てしない 大空と 広い大地の その中で
  いつの日か 幸せを 自分の腕でつかむよう」

「それまでの事は何処かに吹っ飛んで、旅のエンディングが素晴らしいものになった」松山千春の「神対応」

松山さんは歌い終わると、

  「皆さんのご旅行が、またこれからの人生が、すばらしいことをお祈りします。もう少しお待ちください。ありがとうございました」

と話し、拍手喝采が巻き起こった。乗客の1人によると、「歌われた後は、場はなごみ、乗客のいらだちが歓声に変わって、即席コンサートのようなものになってました」という。

 取材に応じた乗客たちは皆一様に、松山さんに感謝の弁を述べた。

  「それまでの事は何処かに吹っ飛んで、旅のエンディングが素晴らしいものになった事に、感謝でしたね」
  「私たち乗客のいらだちを和ませようと、大変粋なはからいをしていただき、感動いたしました。機内にもかかわらず、コンサートのようで僅かですがとても楽しい時間を過ごさせていただきました」

 ANAの広報担当者も取材の際、「松山様のご厚意に感謝申し上げたい」と話していた。

松山さん「皆の気持ち考えたら、何とかしなきゃ、みたいな」

 松山さんはその足で、OBCラジオ大阪のスタジオへ向かった。同日(8月20日)夜21〜22時に放送されるレギュラー番組「松山千春のON THE RADIO」(NACK5制作)の生放送に出演するためだ。

 番組もそろそろ終盤に差し掛かろうとした頃だった。「熱っぽくラジオ大阪から語らせていただいていますけど...こんな話、聞いてくれるか」。松山さんはしんみりとそう切り出すと、飛行機内で起きたことを赤裸々に語り始めた。

  「機長からアナウンスがあり、保安検査が大渋滞になっていて、この便に乗る予定の方々が巻き込まれてしまい...(中略)そうか〜皆頑張ってあそこに並んでな、待っているんだな、みたいなね。それにしても遅いな、みたいなね。段々雰囲気が悪くなるんだよ、分かるべ?機内の雰囲気が悪いんだよ(笑)」

 松山さんはそこで、立ち上がって客室乗務員のところへ行った。

  「『すみませんが、みんなイライラしています。マイクを貸していただけますか』って言ったら、キャビンアテンダントの方が『機長に伝えますので』。そしたら機長さんからOKが出ました。『じゃあ、ここを押して話してください』」

 そして、

  「千歳発伊丹行きにご搭乗の皆さん、松山千春です。もうシートベルトされてから1時間以上も経つ。いらだつでしょう、むかつくでしょう。しかし、安全に飛んでくれることを自分たちは信じていますし、皆苦労していますから待ちましょう。『旅は道連れ』ですから、一緒に旅行を終えましょう...と言って、『果てしない 大空と〜』と歌ったんだよ」

という。

 松山さんはそこまで振り返ると、「おれね、歌い出してから40年以上経つけど、キャビンアテンダントのマイクで歌ったの初めて(笑)」と苦笑いし、

  「おれも出しゃばったことしているな、と思うけどさ、皆の気持ち考えたら、何とかしなきゃ、みたいな。機長さんよく許してくれたな、と思うわ。うそみたいな、話でした」

と締めくくった。

パチンコ店客離れ心配 富山県内、屋内禁煙論議注視

パチンコ店客離れ心配 富山県内、屋内禁煙論議注視

2020年の東京五輪・パラリンピックを前に受動喫煙防止対策の議論が過熱する中、サービス業の施設を原則「屋内禁煙」とする厚生労働省の方針を巡り、県内のパチンコ店関係者が頭を悩ませている。来店客の喫煙率は一般平均よりも大幅に高く、喫煙できなくなれば客離れにつながる可能性があるからだ。一方で「業界のイメージアップになる」と前向きに捉える声もある。 (社会部・湯浅晶子)

 政府は東京五輪・パラリンピックに向け、公共の場で受動喫煙を防止する対策の強化を目指している。

 厚労省は昨年10月、飲食店やホテルといったサービス業の施設は、喫煙室の設置を認めた上で、屋内を原則禁煙とする案を公表した。飲食店の規制に慎重な姿勢の自民党が反発し、協議は平行線をたどっている。

 飲食店を巡る議論に注目が集まる中、同じサービス業の施設として規制が強まる見通しになっているパチンコ業界にも懸念が広がる。滑川市内でパチンコ店を経営する山本容基県遊技業協同組合理事相談役は「客離れに直結することが予想される」と話す。

 日本遊技関連事業協会(東京)によると、全国のパチンコ店利用者の喫煙率(2015年)は43・2%で、一般成人の19・9%の2倍以上。男性客の喫煙率は64%で一般の約2倍、女性客は48%で一般の5倍近くに上るという。

 山本相談役の店舗に足を運ぶ人も、ほぼ半数が喫煙者だという。喫煙室の設置が認められても「『たばこを吸いながら遊びたい』というお客さんは多い。業界として真剣に対応を考えなければならない課題だ」と話す。

 客の反応はさまざまだ。富山市内のパチンコ店を訪れていた市内の女性(62)は「験担ぎの思いを込めて、たばこに火を付けることもある。禁煙は困る」。一方、同市内の男性(52)は「口寂しいが仕方ないのでは」と理解を示す。

 県内で23店舗を展開する澤田グループ(魚津市吉島)では、店舗改装の際に禁煙の休憩ルームを設置するなど、たばこを吸わない人が快適に過ごせる空間づくりに力を入れている。遊技台の間には、煙が横で遊技をしている人の方へ流れていくのを防ぐ透明なボードも設置。澤田康弘常務は「パチンコ店が嫌われる理由の一つに、たばこの臭いがある。マイナス要素を減らしたい」と言う。

 全国には全席禁煙のパチンコ店もあり、「禁煙は長い目で見れば、新しいお客さんを呼び込むきっかけになるかもしれない。不安と希望の両面から議論の行方を見守っている」と話している。
カミカゼニュースブログ 検索
ギャラリー
  • 2017 カミカゼ ニュースまとめ
  • 加賀の新名物は「カニごはん」と「パフェ」
  • 岡山元同僚女性バラバラ殺人事件 住田紘一
  • スナックママ連続殺人 西川正勝 旧姓・金田正勝
  • スナックママ連続殺人 西川正勝 旧姓・金田正勝
  • 夕刊フジ編集長「豊洲移転問題に『仰天プラン』が浮上」
カミカゼについて
カミカゼ ニュースブログでは、その日のホットな話題を紹介しています。日別に過去分も読むことができますので読み逃しがありません★安心。スマホ、ケータイにも対応しています★便利