カミカゼ ニュースブログ

カミカゼ ニュースブログは世の中で起こった最新ニュースを掲載していきます
毛ガニ通販

ニュースブログ最新

Webブランドランキング、「Yahoo! JAPAN」が1年ぶりの首位に

Webブランドランキング、「Yahoo! JAPAN」が1年ぶりの首位に

日経BPコンサルティングは6月23日、ネットユーザーが国内500サイトを評価した「Webブランド調査2017-春夏」の結果を発表した。調査期間は2017年4月12〜19日、有効回答は20歳以上のネットユーザー3万5,616人。

○一般企業サイト1位は「ヤマト運輸」

同調査は、Webサイトのリニューアルの効果や製品への関心、企業の好感度への影響を明らかにするもの。ネットユーザーの評価を独自の6指標に集約し、ランキング化した。

総合ランキング1位を獲得したのは「Yahoo! JAPAN」(Webブランド指数(WBI/以下同)134.3)。2016-春夏調査以来、1年ぶりに首位へ返り咲いた。「サイト・ユーザビリティ」以外の5項目でスコアが上昇し、特に「波及効果」「態度変容」での伸長がWebブランド指数(WBI)を引き上げたという。

2位は「楽天市場」(120.8)で前回(2016-秋冬)1位からランクダウン。以下、3位「Amazon.co.jp」(116.9)、4位「Google」(102.2)、5位「You Tube」(87.6)、6位「価格.com」(78.1)。7位「ヤマト運輸」(76.9)、8位「Tサイト」(74.5)、9位「クックパッド」(73.8)、10位「Asahi Park」(73.7)と続いた。

一般企業サイト(インターネット専業企業サイトを除く)の1位は「ヤマト運輸」で、2015-秋冬調査以来の首位となった。サイトの全面リニューアルを実施し、「態度変容」「波及効果」のスコアが大幅に伸びて総合評価を押し上げた。

以下、2位「Tサイト」、3位「Asahi Park」、4位「じゃらんnet」(72.1)、5位「サントリー」(70.1)、6位「カルビー」と「日本郵便」(68.5)、8位「アサヒビール」と「パナソニック商品情報」(67.6)、10位「無印良品」(66.9)と続いた。

海老蔵、死の直前までブログつづった麻央さんは「すごい人…教わり続けることは愛」

海老蔵、死の直前までブログつづった麻央さんは「すごい人…教わり続けることは愛」

歌舞伎俳優の市川海老蔵(39)が23日、公演中の都内の劇場で緊急会見。22日夜に乳がんのため死去した妻・小林麻央さん(享年34)への思いを語った。

 冒頭「このたび、わざわざご報告するようなことでは無いかも知れませんけど、今朝、ご報告する義務があるかと」と切り出し、「昨日、麻央が旅立ちました」と淡々と報告した。

 さらに「私が今後、背負っていくもの、やらなくてはいけないこと、子供達に対して、とても大きなものがあると痛感しました」と話した海老蔵。

 麻央さんが死の直前までブログを書き続けたことについても「同じ病の人たちと苦しさ、悲しさを分かち合う姿というのは、人ではないというか。すごい人だな。今後も教わり続けることは愛なんだな(と思う)」と続けた。

 「思い出すことは?」と聞かれ、「初めて会った時から今日の朝まで全部、全部ですね」と涙をぬぐいながら話した。また、「(麻央さんは)子供達のこと、心残りだったと思います」とも話した。

お金持ちになりたいなら、ダメ元思考で行こう

お金持ちになりたいなら、ダメ元思考で行こう

なぜダメ元で挑戦ができるか
仕事が速くて稼げる人というのは、拒否されることを恐れません。そのため、ちょっと気になったこと、頼みたいことがあったら、ダメ元で気軽に声をかけることができます。

見積もりが高いなと感じたら、「もうちょっと安くなりませんかね?」とか、かなり無理な納期にも関わらずさらに納期短縮してほしい時も「無理を承知ですんません!もうちょっと早くなりませんか?」などと聞いてみます。

忙しそうな部下や後輩にも、「忙しいところ悪いんだけど、これやってもらえないかな?無理ならいいんだ、気にしないで」とダメ元でお願いします。未経験の仕事でも、「とりあえずやってみよう」という姿勢で貪欲にチャレンジできます。「無理そう」などと自分で線引きすることがあまりありません。

彼らがなぜダメ元で挑戦ができるかというと、3つの視点を持っているからです。ひとつは「言ってみるだけならタダ」「頭を下げるだけならタダ」という、現実的かつ合理的な視点です。2つ目は、仮に拒否されても、提案内容が否定されただけで、自分の人格まで否定されたなどとは捉えない発想ができる点です。

たとえば「もうちょっと安くならないか」が拒否であっても、安くすることでは折り合いがつかないということで、自分の人間性とは関係ありません(もちろん、無茶な値引き要求をすれば「頭おかしい」と思われるでしょうが)。仕事をお願いして断られても、関係が悪い相手であれば別ですが、物理的に時間や手間が取れない場合がほとんどでしょう。

3つ目は、「それによって何が起こるか」を具体的に想像しようという視点です。やってみてうまくいかないとき、「どんなリスクがあるか」が想定できれば、恐怖感は下がります。たとえば、

「これをやってダメでも、お金がこれくらい損するくらいだ。ならやってみよう」
「うまくいかなくても、上司からちょっと注意されるくらいだろう。最悪は始末書を書けばいい」

などと自分に及ぶリスクとその回避方法や対処方法を想定するから、気軽に挑戦でき、結果としてより多くの経験を積んでスキルや能力が高まるのです。

稼げない人はこの逆で、「これを言ったら失礼かな」「こんなこと言いにくいな」と躊躇します。また、自分の提案や意見が否定されたら、自分の全人格を否定されたように感じ、傷つくのを恐れて躊躇します。彼らはプライドが高すぎて、「こんなこと言ったら、こう思われるんじゃないか」と他人の目を必要以上に気にします。

そのため、自分に不利な条件をそのまま飲んでしまったり、自分で抱え込んだりしてしまいます。会議や日常生活においても、自分の主張が否定されたら逆ギレする人がたまにいますが、たいていこのタイプです。

また、「やってみたあとのこと」を詳細に予測する想像力も欠けています。「ハイリスクだ」というだけで思考が停止し、そのリスクはどの程度か、どのくらい自分にダメージを与えるか、回避方法や対処方法はないか、といった影響を具体的に考えられない。先行きの見えない未経験の仕事を恐れ、うまくいくとわかっているものしかやろうとしません。だから成長もありません。

このように、ダメ元思考があるかどうかで、目の前の仕事のスピードから、将来の伸びしろまで、大きく変わってしまいます。

そこで、前述の3つの視点を自分にインストールすることで、ダメ元で何でも気軽に言える、やれる、その結果仕事が速くなる体質に変換していきたいものです。

ドンキ激安4Kテレビ、3千台完売 家電もPBが存在感

ドンキ激安4Kテレビ、3千台完売 家電もPBが存在感

ドン・キホーテがプライベートブランド(PB)で発売した高画質の4Kテレビが、発売後1週間で初回生産数の3千台を完売した。「価格の割に性能がいい」とネットで評判になった。大手電機メーカーが主流の家電もPBが存在感を高めつつある。

 ドン・キホーテが15日に発売したPBの50V型4Kテレビは、価格は税抜き5万4800円で、大手電機メーカーの同等品の半額程度だ。東芝の子会社が外販する電子回路基板を搭載し、テレビの設定画面が東芝の「レグザ」にやや似ている。後発薬を表す「ジェネリック」と掛け合わせて、「ジェネリックレグザ」とネットの一部で呼ばれている。

 機能を絞って価格を抑えたPBの家電は、節約志向の消費者に支持を広げており、流通大手や量販店大手の一部も手がけている。

フランスの有名ブロガー、クリーム調理器具が爆発し死亡 日本の製品は安全なのか

フランスの有名ブロガー、クリーム調理器具が爆発し死亡 日本の製品は安全なのか


6月18日、フランスのSNSで著名の33歳ブロガー、レベッカ・ビュルジェールさんがエスプーマというクリーム調理器具の事故で死亡した。

レベッカさんは、フランスの著名フィットネスブロガーとして知られていた。多くのフォロワーがいたFacebookやInstagramにも、亡くなる数日前に写真やコメントなどを投稿していた。

21日、レベッカさんの家族はエスプーマが「爆発しレベッカの胸にぶつかったのが原因で、亡くなりました」とInstagramに投稿。

「こういう器具を使わないように!」「まだ数万もの欠陥商品が出回っています」とも注意しているが、エスプーマが爆発した原因は明かされていない。

フランスのニュース専門放送局LCIによると、現在、警察がビュルジェールさんの死因の詳細を調査している。

飲食店や家庭などでも使用されている、生クリームをガスで泡だてる容器だが、AFPによると2014年にも似たような事故が2件起きていた。どちらの事例も、死亡に至らなかった。

BBCによると、フランスの消費者団体が長年、不具合で缶の接続部品が「外れて高速で飛び出す危険がある」と警告してきた。今回の事故で、レベッカさんが使用していた製品が不具合があったものなのかはわかっていない。

BuzzFeed Newsは、日本で販売されている「エスプーマ」製品が安全なのかどうか、問い合わせた。

日本のエスプーマは安全なのか?→製造会社「安全性には問題ない」

「エスプーマスパークリング」や「エスプーマアドバンス」などを製造している日本炭酸瓦斯の担当者は「今回、事故の原因となっている海外の製品と日本製の『エスプーマ』は別のものだと思われる」だと説明する。

「海外製のだと、ガスが金属の容器・カートリッジに入っている。日本製のものだと、カートリッジではなくガスボンベを使っていることになっている」

「日本では、海外製の『エスプーマ』は亜酸化窒素ガスのカートリッジが違法に当たるので使えない」

これまで事故の事例はなく、「安全基準を設けており、それを満たすものしか出荷していないため安全性には問題ない」。取扱説明書にしたがって使用するよう話す。

また、日本炭酸瓦斯が製造元の東邦アセチレンも、事故などの事例はないと話した。

【訂正】
「販売している日本炭酸瓦斯」としていたのは「製造している日本炭酸瓦斯」の誤りでした。訂正いたしました。
カミカゼニュースブログ 検索
ギャラリー
  • 2017 カミカゼ ニュースまとめ
  • 夕刊フジ編集長「豊洲移転問題に『仰天プラン』が浮上」
  • 「叙々苑」がミシュランガイドに掲載されない理由
  • 小出恵介「淫行騒動」ネットで噴出するハメられた説
  • ドンキが国内最安の50インチ4Kテレビを発売へ、まさかの東芝製メインボード採用
  • ドンキが国内最安の50インチ4Kテレビを発売へ、まさかの東芝製メインボード採用