カミカゼ ニュースブログ

カミカゼ ニュースブログは世の中で起こった最新ニュースを掲載していきます

カミカゼ ニュースブログ

死刑 事件ファイル

宇土・熊本3人強盗殺傷事件 田尻賢一

宇土・熊本3人強盗殺傷事件 田尻賢一

shikei201611110001mig熊本県宇土市医師妻強盗殺人事件

 2004年3月13日、熊本県宇土市走潟町で午後3時40分頃、ゴルフ練習場から帰宅した医師が、自宅玄関で当時49歳の妻が血を流して倒れているのを見つける。妻は頭に殴られた跡が複数あり、顔を刃物で刺され、失血死していた。室内には血の付いた包丁が落ちており、物色した跡があった。

熊本市会社役員夫婦強盗殺傷事件

2011年2月23日午後6時40分頃、熊本市渡鹿2丁目の民家から「男が大声を上げて、玄関をたたいている」「隣の人が血を流して倒れている」と2回にわたり110番通報があった。熊本東署員が駆け付け、民家の玄関近くで男性が、隣家の中で女性がそれぞれ刺されて倒れているのを発見し、救急車で病院へ搬送。病院で65歳女性の死亡を確認、72歳男性は重傷。

2011年2月25日午後4時頃、熊本市長嶺東5丁目の無職の39歳男が家族に付き添われて熊本東署に出頭。26日未明、熊本市渡鹿の72歳会社役員方で、妻の65歳女性が刺殺され、72歳男性も重傷を負った事件で、熊本東署捜査本部は、殺人、殺人未遂容疑で無職の39歳男を逮捕。容疑を強盗殺人、強盗殺人未遂に切り替え、39歳容疑者を送検。3月19日、熊本地検は、強盗殺人、強盗殺人未遂罪で、無職の39歳容疑者を起訴した。

 その後、39歳男は、県警の調べで宇土市の事件を実行したことを認める供述をはじめる。県警は、男が宇土市での事件当時着ていたとされる衣服を男の供述通りに熊本市富合町の山中で発見した。

 3月26日、熊本県警は、熊本県宇土市で2004年、医院長の49歳妻が殺害された事件で、無職の39歳男を強盗殺人、住居侵入容疑で再逮捕。4月16日、熊本地検は、強盗殺人、住居侵入罪で無職の39歳容疑者を追起訴した。

法務省 死刑囚(45)の死刑を執行

法務省 死刑囚(45)の死刑を執行

法務省は11日、死刑囚1人の死刑を執行した。死刑の執行は今年3月以来で、金田法相のもとでは初めての執行となる。

 死刑が執行されたのは2件の強盗殺人などの罪で死刑判決が確定していた田尻賢一死刑囚(45)。田尻死刑囚は2004年、熊本・宇土市で女性を殺害し現金などを奪い、2011年には熊本市で女性を殺害し、現金を奪ったとして、2件の強盗殺人などの罪に問われていた。

 一審の熊本地裁は裁判員裁判で死刑判決を言い渡し、二審の福岡高裁もこれを支持、田尻死刑囚が最高裁への上告を取り下げたため2012年に死刑が確定していた。

 裁判員裁判で死刑判決を受けた死刑囚としては2人目の執行となる。死刑執行は今年3月以来で金田法相のもとでは初めての執行となる。今回の執行で確定死刑囚の数は129人となった。

矢野治死刑囚 伊勢原で遺体発見「週刊新潮」に矢野治死刑囚が告白した殺人事件の全容

矢野治死刑囚 伊勢原で遺体発見「週刊新潮」に矢野治死刑囚が告白した殺人事件の全容

yano20160419yano0001前橋スナック銃乱射事件(2003年)で死刑が確定した、指定暴力団、住吉会の幹部・矢野治(67)が獄中から新たに告白した殺人を巡り、警視庁と神奈川県警は19日、津川静夫さん(失踪時60歳)と見られる遺体を発見した。

矢野が警視庁と本誌(「週刊新潮」)に対し、警察も把握していなかった2件の殺人を告白する手紙を送ってきたのは、一昨年末と昨年5月のことだ。本誌は取材に1年余りを費やし、彼が明かした事件の全貌を報じた。

 闇から闇に葬られた殺人事件の犠牲者は、2人いる(図参照)。最初の被害者が、1996年8月に家族の前から忽然と姿を消した、不動産業者の津川さんだった。小田急線伊勢原駅前の再開発をめぐり、津川さん所有の土地を奪おうとした住吉会系組織の若頭が矢野に殺害を相談。彼がこれを別の組長に依頼した結果、津川さんは、その配下の組員に殺害されたというのである。

そしてもう一人は、1997年、政界を揺るがした事件のキーマンとして、社会の耳目を集めた人物だった。現役の国会議員、友部達夫(故人)が多くの国民から多額の金を騙し取った「オレンジ共済事件」。この事件に絡み、5億円もの金を新進党に運び、政界工作を仕掛けたとされた斎藤衛である。“永田町の黒幕”と呼ばれた彼は、2度も国会に証人喚問された。

 その斎藤と知り合いだった矢野は、彼に1億円ほど金を貸していた。しかし8600万円が焦げ付いたことを機にトラブルとなり、自らの手で絞殺したという。

yano20160419yano0002いずれのケースでも、矢野の指示を受け、死体を遺棄したのは、彼が率いた「矢野睦会」の元組員、結城実氏(仮名)だった。

 このうち、最初の伊勢原の事件の捜査を優先してきた警視庁が、津川さんの遺体の捜索に着手していた。もっとも、当初、警察は矢野の告白を握り潰そうとしていた節がある。1年以上に亘り事案を完全に放置していたからだ。

この間、本誌は結城氏に接触し、全容を明かすよう、説得を重ねた。結果、ついに彼は重い口を開き、こう証言してくれたのだ。

「津川さんの死体は、伊勢原の大山の林道脇にあるブナの雑木林に穴を掘り、埋めた。斎藤については、木村洋治(仮名)という組員とともに、埼玉の飯能あたりの山中の雑木林に遺棄した」

本誌の報道を受け、警視庁は慌てて、結城氏への任意聴取に着手し、今日に至ったというわけだ。

■動機は10億円利権

yano20160419yano0003遺体捜索はどう行われていたのか。捜査関係者の解説を聞こう。

「津川さんの失踪直後、奥さんが、神奈川県警に捜索願を出していました。現場が伊勢原ということもあり、警視庁と神奈川県警の共同捜査となりました。またユンボなどの重機が入れられない斜面なので、スコップなどでの手作業だったようです。また結城元組員も、現地に伴いました」

 それにしても、なぜ津川さんは、暴力団絡みのトラブルに巻き込まれたのか。

「彼は1982年、伊勢原駅前の350平方メートルの土地を競売により2309万円で落札した。物件を更地にして転売しようと考え、ビルのオーナーやテナントに明け渡しや退去を求め、裁判を起こしました」(知人)

 紆余曲折を経て、勝訴が確定したのは今から丁度20年前の7月のことだった。

「すでに90年には、駅前一帯は伊勢原市による再開発計画が決定していた。本人は“うまくいけば、市が10億円で買いとってくれる”と興奮していました」(同)

 しかし好事魔多し。この間、津川さんは会社の資金繰りに窮していた。

「そのため、ある金融業者を通じ、暴力団幹部から1700万円の融資を受けてしまっていた」(同)

 この暴力団幹部こそ、先に述べた住吉会系組織の若頭だったのである。彼は、この土地を奪って、大儲けしようと目論んだのだ。

 当時の状況を、津川さんの妻はこう振り返った。

「忘れもしない20年前の8月10日、伊勢原の自宅で寛いでいた主人は、宅急便を名乗る電話の男に呼び出され、サンダル履きで外に出かけて行きました。それっきり帰ってこず、私たちの時間は止まったままです」

 津川さんは自宅近くで犯人の車に乗せられ、絞殺されたという。若頭が、津川さんから担保に取っていた土地の権利証などを使って、所有権を自分に移したのはこの2日後のことだった。

 遺体発見前、津川さんの妻は本紙にこう打ち明けていた。

「私は仏壇も遺影も作らず、夫を待ち続けました。しかし殺害され、埋められたのが事実なら、一日も早く、骨だけでもいいから、私の元に帰ってきてほしい」(同)

 凍りついた失踪の謎は氷解した。止まった時が今、再び動き出そうとしている。

福岡連続保険金殺人事件 吉田純子

福岡連続保険金殺人事件 吉田純子

保険金詐欺を2件も働き、死刑判決を受けた吉田純子死刑囚。こんな母親でも、子供からすれば大切な親です。そんな吉田純子には子供が3人います。3人とも娘です。

2016032500032015-12-17_0032311959年生まれの吉田純子は
•1983年:24歳?で長女を出産。
現在32歳?
•1987年:28歳?で次女を出産。
現在28歳?
•1989年:30歳?で三女を出産。
現在26歳?
と、3人の娘をもうけました。

3人ともまだ若く、テレビで吉田死刑囚の話題が出る度に、肩身の狭い思いをしているのではないでしょうか?

吉田純子の異様な人間性は、生い立ちによって形成された可能性がありますので、経歴をWiki風に調べてみました。

吉田純子プロフィール

1959年 7月10日

福岡県柳川市(旧山門郡三橋町)で誕生

生い立ち

•吉田純子が幼い頃に父親が自衛隊を辞め、自動車修理を開業するもあまり上手くいかず、貧乏な生活を送る。
•よって母親が内職をして家計を支えていた。
•吉田には4歳下の頭脳明晰なスポーツマンの弟がいて、母親に可愛がられていた。
•それに対し、吉田純子には厳しく、時として体罰を与えていた。
•父は母に対して当り散らす事があり、また、母は稼ぎの少ない父の事を愚痴っていた。
と、この様な環境ですから、吉田純子が両親になつく事等まずありえないでしょう。

両親も出来の良い弟も、全員敵みたいなものですからね。

そしてそういった生い立ちのせいなのか、吉田純子は小さい頃から虚言癖があったようです。

1966年 6歳

柳河小学入学。

1972年 12歳

柳河中学入学。

1975年 15歳

私立佐賀女子高校衛生看護科に入学。1人で奨学金制度の書類を揃え、手続きを行う。もうすでに精神的に自立して両親を頼っていないですね。

1978年 18歳?

妊娠したという嘘を付きカンパを集める詐欺行為を行ったため、2ヶ月の停学。この頃から詐欺師の片鱗を見せていました。

1979年 18歳

聖マリア看護専門学校(現聖マリア学院短期大学)へ入学。
ここで後の共犯者の
•池上和子
•石井ヒト美
•堤美由紀
と知り合います。

吉田純子がリーダー的存在となります。

1981年 22歳

6歳年上の久留米市の自衛官の吉田浩次さんと結婚します。夫の実家で結婚生活を始めます。

そして浩次・純子の夫妻揃って、浩次さん祖母の養子になるという不可思議な行動をします。
これは、浩次さんの祖母の遺産を相続するのが狙いでしょう。祖母が亡くなった場合は、本来なら浩次さんの父親に遺産が相続されますからね。

浩次さんを既に洗脳しているのです。大した詐欺師ぶりですね。

そして冒頭で述べた様に、3女を出産します。

1990年 31歳?

狙い通り、祖母の土地を相続。この土地を担保に3000万円もの借金をし、贅沢をする。見栄っ張りの吉田純子ならではの行動です。

1992年 33歳?

夫の浩次さんと別居し、堤美由紀が同居するようになる。そして堤美由紀の給料も管理するようになる。マインドコントロール能力が高いですね。

1993年 34歳?

同僚看護婦から借りた50万円踏み倒す。

1994年 35歳?

同僚看護婦から借りた100万円踏み倒す。金額がエスカレートしています。

そして架空のトラブルをでっちあげ、架空の「先生」に解決策を指南してもらったと嘘を付き、同僚看護婦の石井ヒト美から750万円を騙し取っています。

1996 37歳?

同様に架空のトラブル及び「先生」をでっちあげ、池上和子から合計3900万円を騙し取っています。

久留米市野中町ムーンパレス兇903号を購入します。
最上階で、4LDKの広さの間取りに贅沢に1人で住みます。
騙し取ったお金で購入したと思いきや、夫の浩次さんにローンを組ませたのです。
本当に天才詐欺師ですね。

そして
•堤美由紀に405号(3LDK)
•石井ヒト美に306号(3LDK)
•池上和子に102号(3LDK)
をそれぞれ購入させ、自分は最上階でリーダー風を吹かせます。

しかし、3人とも随分お金を持っていますよね。

1997年 38歳?

点滴ミスを理由にいちゃもんを付け、同僚看護婦から1000万円を騙し取っています。払う方も払う方ですね。

現在の吉田純子

これだけ多くの大人達が、何千万円とお金を払うという事態。人をコントロールする能力が高いのでしょう。

話術の上手さもさることながら、騙されやすい人を見極める能力がスバ抜けているのかもしれません。

また、お金至上主義の人格形成には、幼い頃の貧しさが一因なのは間違い無いと思われます。貧乏な子供がハングリー精神で成り上がるというケースと似ている部分もあるでしょう。

2015年現在、吉田純子死刑囚は福岡拘置所に収監されています。
1959年7月生まれですから、もう56歳になっています。

1審で主犯格と認定され死刑が確定。
続く高裁では控訴棄却。
さらに上告するも棄却。

よって死刑が確定しています。

にもかかわらず、一向に刑が執行される事はありません。

死刑執行 2016年3月25日

福岡連続保険金殺人事件 吉田純子

福岡連続保険金殺人事件 吉田純子

1998(平成10)年1月24日、看護師の吉田純子(33)は、看護学校の同級生だった堤美由紀、池上和子、石井ヒト美と共謀して、池上の夫で平田栄治さん(39)を騙して睡眠薬入りのビールを飲ませて熟睡させ、静脈に空気を注射して殺害した。吉田らは、この殺害で保険会社から保険金3500万円詐取した。

2016032500032015-12-17_003231この殺害がうまくいったことに吉田はエスカレートしていく。翌年の1999(平成11)年3月27日、吉田は石井の夫で久門剛さん(44)を同様に殺害することを計画。石井に命じて久門さんに睡眠薬入りのウイスキーを飲ませて熟睡させた。そこへ、吉田、池上、堤が部屋に上がりこみ、大量のウイスキーをチューブを使って鼻から注入。更に静脈に空気を注射して殺害した。この殺害で保険金3200万円を詐取した。

2001(平成13)年8月になって石井は犯した罪を後悔し警察に自首した。警察は、石井の自供に基づく裏づけ捜査を行った結果、2002(平成14)年4月28日、主犯の吉田、堤、池上、石井の4人を逮捕した。逮捕後の取調べで、2000(平成12)年5月に堤の母親宅に侵入しインスリン注射で眠らせてから絞殺し、金員を奪おうとした未遂事件も発覚した。更に、吉田を徹底的に取り調べた結果、1997(平成9)年に同僚の看護師から500万円を搾取したのをはじめ、数々の余罪が発覚。2人の殺害保険金詐取をはじめ総額で約2億円を不当に得ていた。

吉田は、久留米市内の高級マンションの最上階に3人の娘と住んでいた(夫とは別居中)。堤、池上、石井も同じマンションに居住していた。吉田は、「人間は嘘をつくが、金は裏切らない」と公言し、金・モノへの執着が異常に強く物欲の権化のような女で自己顕示欲が人一倍強い性格だった。

このため、堤ら3人に対して女王と奴隷の関係を強要し吉田のことを、「吉田様」と呼ぶように強制していた。実生活では、吉田の世話はもとより、3人の娘達の面倒も3人に負わせていた。更に、吉田と堤は同性愛の関係だったという。堤に毎日のように関係を迫り、拒絶されると過去の男関係などをあげつらって激しく罵倒したという。

2004(平成16)年8月2日、福岡地裁は、吉田が一連の事件の主犯であると認定し死刑、堤に無期懲役、石井に懲役17年を言い渡した。池上は、1審判決前に病死したため公訴が棄却された。2006(平成18)年5月16日、福岡高裁は吉田、石井の控訴を棄却。5月18日には、堤の控訴を棄却した。石井、堤は上告せず刑が確定。吉田は、福岡高裁の死刑判決を不服として上告した。

死刑執行 2016年3月25日
カミカゼニュースブログ 検索
ギャラリー
  • 2017 カミカゼ ニュースまとめ
  • 「芸能史上類を見ない赤っ恥」戸田恵梨香と成田凌、熱愛報道のウラで潰されたスクープ
  • 田中みな実アナの「肘ブラ」 過激すぎNGになったカット存在
  • 田中みな実アナの「肘ブラ」 過激すぎNGになったカット存在
  • まるでシュワちゃん!完璧な肉体を維持する62歳男性 中国
  • サイバーエージェントの手により「R25」がWebメディア「新R25」として復活
カミカゼについて
カミカゼ ニュースブログでは、その日のホットな話題を紹介しています。日別に過去分も読むことができますので読み逃しがありません。スマホ、ケータイにも対応。