カミカゼ ニュースブログ

カミカゼ ニュースブログは世の中で起こった最新ニュースを掲載していきます

カミカゼ ニュースブログ

【特集】ニュースブログ

【座間9遺体事件】白石容疑者がひた隠す“核心部分”

【座間9遺体事件】白石容疑者がひた隠す“核心部分”

神奈川県座間市で起きた“頭部9遺体事件”で死体遺棄容疑で逮捕された白石隆浩容疑者(27)が、週明けにも行方不明となっていた田村愛子さん(23)殺害の容疑で再逮捕される。犯罪史に残る猟奇事件に、警視庁高尾署捜査本部は怒り心頭だという。同容疑者は「金目当てで殺した」との主張を崩していないが、捜査員は疑念を抱き、取り調べでは“あるワード”を引き出そうと必死になっている。ついには過酷な取り調べに同容疑者が体調不良を訴えたという。

「あいつはまだ肝心な部分を隠している!」

 そう憤るのは捜査関係者の一人だ。座間市のアパートから切断された男女9人の遺体が発見された事件は、白石容疑者の不可解な供述に捜査員が翻弄されている。

 白石容疑者は犯行動機について「金目当てでやった」と供述。最初に殺害した女性から50万円を手に入れたことで「楽して稼げると思った」そうだが、被害者の中には大金を持っているとは思えない15歳の女子高生も含まれる。金銭目的ならば、殺す前に所持金を聞いてもいいはずで、殺害後に金を奪うやり方は合理的とは言い難い。

白石隆浩の首吊りに拘る殺害方法

殺害方法にもこだわりが感じられる。白石容疑者は「首吊り士」のツイッターアカウントで自殺願望者を募っていたが、その名の通り、首つりに異常なまでに固執していた。部屋探しの際は、首をつるのに都合が良いロフト付き物件を切望。アパート入居後は「首吊り部屋」と称していた。

 白石容疑者は「ロフトにロープをかけて首をつって殺害した」と供述。ロープは使ったら処分し「その都度、新しいロープを用意していた」と話していることもわかった。なぜ新品に替える必要があったのか。部屋からは未使用のロープ1本が見つかっており“10人目の殺人”を計画していた可能性が高い。

性的異常者という部分を隠す白石隆浩

発売中の「週刊文春」は、容疑者のスマホに血だらけの遺体写真や、解体の一部始終を収めた画像が大量に保存されていたと報じた。さらにネットの検索履歴からは「死体の解体」や「腐敗臭の抑え方」に加え、死体との性行為を指す「屍姦」や「死体を食べる」といったワードが並んでいたという。

 前出捜査関係者は「これだけ見ても金銭目的とは思えず、快楽殺人の要素が強い。捜査員は白石から『人を殺してみたかった』や『人体に興味があった』というシリアルキラー特有の供述を引き出そうとしているが、本人はかたくなに『金目当て』という主張を崩さない。これだけのことをやっておいて、精神異常者扱いされるのが嫌なのか」と語る。

 白石容疑者は週明けにも田村さん殺害の容疑で再逮捕される。捜査本部は再び勾留期限を目一杯使って取り調べを行い、それが切れたら、別の被害者への殺人容疑で再々逮捕していく方針だ。

「死体遺棄容疑は処分保留にして、本線の殺人容疑で起訴するとみられる。捜査終了には半年はかかる見通し。裁判で証言を覆されないよう、当局は供述を録音しているそうだ」(テレビ関係者)

 冗舌だった白石容疑者もこのところは都合の悪い質問に黙り込み「言いたくない」と供述を拒否することも増えているという。何より連日の過酷な取り調べで心身ともに疲労困ぱい。最近は「体調不良」を訴え、多摩市内の病院で治療を受けたという情報もある。

「取り調べは1日10時間前後行われている。証拠を淡々と突きつけられ、矛盾点をしつこく聞かれるため、心身ともに追い込まれる。体調不良の白石容疑者は現在も通院中。その様子をカメラに収めようと、報道各社が集まっている」(同)

 さすがの白石容疑者も音を上げつつあるようだが、殺害された被害者の苦しみに比べれば、大したことはない。

 捜査本部にしてみれば、密室での9人もの死体遺棄、殺人の犯行を裏付けねばならないのは気の遠くなるような捜査だ。真の動機解明まで白石容疑者にとっては地獄の取り調べが続く。
白石隆浩 座間9遺体 殺人事件

引っ越した後の1週間で3人を殺害か 座間9人遺体

引っ越した後の1週間で3人を殺害か 座間9人遺体

siraishitakahiro201711180001神奈川県座間市で男女9人の遺体が見つかった事件で、逮捕された男は約1週間に3人を殺害した疑いのあることが分かりました。

 死体遺棄容疑で逮捕された白石隆浩容疑者(27)の自宅アパートからは男女9人の遺体が見つかりました。その後の警視庁などへの取材で、9人が行方不明になったのは8月に3人、9月に4人、10月に2人だったことが分かりました。白石容疑者は現場となったアパートに8月22日に引っ越していて、被害者の大半について「会ったその日に殺した」と供述しています。白石容疑者は全員の殺害をほのめかしていて、警視庁は白石容疑者が引っ越した後の8月下旬から約1週間で3人を殺害した疑いもあるとみて詳しく調べる方針です。
白石隆浩 座間9遺体 殺人事件

最初の殺害女性から「入居のため50万借りた」

最初の殺害女性から「入居のため50万借りた」

神奈川県座間市のアパートで男女9人の遺体が発見された事件で、白石隆浩容疑者(27)(死体遺棄容疑で逮捕)が警視庁の調べに対し、最初に殺害したとされる同県厚木市の女性(21)から受け取った現金約50万円について、「アパートの入居審査を受けるために借りた」と供述していることが捜査関係者への取材でわかった。

 同庁は、借金返済を免れるのが、最初の事件の動機だったとみている。

 捜査関係者などによると、白石容疑者は女性とツイッターで知り合い、8月13日に女性の知人の横須賀市の男性(20)を含め3人で会った。後日、女性だけを呼び出し、2人で会っていた。

 白石容疑者は同18日、ロフト付きアパートを内覧し、入居を申し込んだ。無職だったため、アパート管理会社から預金残高を示すよう求められ、翌19日に約50万円が入金された預金通帳のコピーを提示した。この約50万円は、「後で返すので貸してほしい」と女性から借りていたという。
白石隆浩 座間9遺体 殺人事件

女性の靴「分別わからず捨てられなかった」 座間9遺体

女性の靴「分別わからず捨てられなかった」 座間9遺体

神奈川県座間市のアパートで9人の男女の遺体が見つかった事件で、死体遺棄容疑で逮捕された白石隆浩容疑者(27)が女性らの靴について「分別の仕方がわからず捨てられなかった」と供述していることが捜査関係者への取材でわかった。

 警視庁は、第三者に分別を注意されて事件が発覚することを警戒し、自宅に保管していたとみている。

 捜査1課によると、白石容疑者の部屋からは女性用の靴7足とバッグやリュックなどが見つかった。行方不明者届を受理した際の家族の証言や防犯カメラの映像などから、いずれも被害者のものとみている。

 捜査関係者によると、白石容疑者は女性らの靴について、ごみに出す際にどう分別すればいいのかわからず、部屋に置いていたという。靴やバッグが人目につくことを警戒した可能性があるという。

 白石容疑者はこれまでの調べに、遺体の一部は「ごみとして捨てた」と供述。ペットのトイレ用シートにくるんで食品用保存袋に入れ、さらに新聞紙に包んでアパートから離れたごみ収集所に捨てていたと説明している。一方、一部の大きな骨はクーラーボックスなどに保管。「ごみ袋を突き破ると近所の人にばれると思った」と理由を述べているという。
白石隆浩 座間9遺体 殺人事件

「座間9遺体事件」鬼畜容疑者は闇社会から脅されていた

「座間9遺体事件」鬼畜容疑者は闇社会から脅されていた

神奈川県座間市のアパートから9人もの遺体が発見された猟奇殺人事件。死体遺棄の疑いで10月31日に逮捕されたのは白石隆浩容疑者(27)。

 座間市で生まれた白石容疑者は、横浜市内の県立高校を卒業後、地元のスーパーに就職する。2年後には横浜市の電子機器販売会社に勤めを変えたが、半年で退社している。

 その後、座間市内のパチンコ店でアルバイトをしていたとき「半グレ集団を通じて、都内のスカウト業を紹介された」(社会部記者)という。
 白石容疑者を知るスカウトマンが語った。

「スカウトマンとしての腕は評価されていた。ただ気が小さいのか、一カ所にじっとしていられず場所をすぐ変える。それでもSNSで女のコを募集していたし、成績はよかった。マメに優しく返信していたのだろう。

 彼の悪いところは風俗嬢に払うべき金を中抜きしたり、会社を通さないで個人で店に女のコを紹介したりしていたこと。本来会社の取り分になる金が自分の懐ろに入るからね。

 会社や女のコたちの関係者に追い込みをかけられると平謝りになり、返済を繰り返していた」

 白石容疑者は2017年初め、茨城県神栖市の違法風俗店に女性を斡旋し、偽名で報酬を受け取った容疑で逮捕された。

「逮捕後、歌舞伎町に戻った白石は、スカウト会社の面倒を見ている新宿の暴力団関係者にボコボコにされた。本人は、逮捕されたうえに暴力団から制裁を受けたことで、新宿での仕事が怖くなったようです」(飲食店関係者)

 歌舞伎町のスカウト会社を辞めた後、地元で個人的にスカウト業を再開。神奈川県内の風俗店に、女性を斡旋するようになる。

「白石は地元の風俗店に『女のコを連れてくるから使ってくれ』と営業をしていました。ところが紹介した女性の欠勤が多く、責任を問われた。地元の有力ヤクザに『地元には地元のやり方があるから、偉そうにするな。上納金を払え』とシメられたそうです。

 以来そのヤクザは、白石を自分の手下のように連れて歩くようになりました。白石がそのヤクザや子分連中と一緒に会合についてきた、という話も聞いています」(地元経営者)

 11月3日現在、白石容疑者は単独の犯行だと供述しているが、未解明な部分が多い。殺害した女性たちとはツイッターのアカウント名で呼び合っていた。自分が手にかけた女性の本名すら答えられないという。
白石隆浩 座間9遺体 殺人事件
カミカゼニュースブログ 検索
ギャラリー
  • 2017 カミカゼ ニュースまとめ
  • 拓銀破たん金融危機から20年、メーンバンクがなくなる時
  • 宮地真緒が14年間交際の一般男性と結婚「一生ものの恋になりました」
  • ユニクロを脅かすアマゾンの"超個客主義"
  • 引っ越した後の1週間で3人を殺害か 座間9人遺体
  • 日本人が知らないサウジ王族の「超金満生活」
カミカゼについて
カミカゼ ニュースブログでは、その日のホットな話題を紹介しています。日別に過去分も読むことができますので読み逃しがありません。スマホ、ケータイにも対応。