カミカゼ ニュースブログ

カミカゼ ニュースブログは世の中で起こった最新ニュースを掲載していきます

カミカゼ ニュースブログ

【特集】ニュースブログ

三重・中3殺害 絞れぬ犯人像 突発的犯行、慌てて逃走か

三重・中3殺害 絞れぬ犯人像 突発的犯行、慌てて逃走か

20130905-00000022-asahi-000-2-view三重県四日市市立中学3年の寺輪(てらわ)博美さん(15)が殺された強盗殺人事件は、遺体が発見されてから5日で1週間を迎えた。県警特別捜査本部は93人態勢で捜査を進めるが、今のところ犯人に結びつく有力な情報はないという。特捜本部は今後、専従捜査員を約20人増やして聞き込みの範囲を拡大、目撃者がいないかどうかを調べる。

■足取り

 8月25日午後11時ごろ、複数のドライバーが県道を歩く寺輪さんとみられる女性の姿を目撃している。最後の目撃証言から遺棄現場の空き地まで約400メートル。現場までの数分間の寺輪さんの状況が分かっていない。

 午後11時前に空き地前の小道に入っていく白い軽乗用車が目撃されているが、犯人につながるかどうかは不明だ。

 この日、花火見物をした寺輪さんは午後10時34分にJR朝日駅で下車。駅の防犯カメラの解析では、寺輪さんと友人のほかに女性3人が列車から降りた。友人と別れた駅近くのスーパーの防犯カメラには、友人の姿だけが映っていた。

 現場の空き地付近を夜間に歩く人は皆無に近い。捜査関係者は、犯人がスーパー付近で1人で歩く寺輪さんを見つけ、後を追った可能性を指摘している。

■遺留品

 「不可解な点が少なくない」。犯人が自分に結びつく物証を隠そうとした形跡がないことから、捜査関係者の一人はそう話す。

 遺体周辺からは、寺輪さんの衣服や手提げかばんなどが見つかった。犯人が触った可能性がある財布やスマートフォンには複数の指紋があったものの、拭き取った跡がないことが分かっている。財布の現金が全て抜き取られていたが、レシートやポイントカードは残っていた。

 ある捜査員は「素人の突発的な犯行ではないか。被害者が死亡して驚き慌てて逃げた可能性がある」と指摘する。

■犯人像

 あるベテラン捜査員は「複数犯なら、より人目に付かない場所に遺体を捨てることもできたはずだ」として単独犯説を唱える。別の県警関係者は、犯行に車が使われた可能性を指摘し「運転役や実行役がいる」との見方を示した。

 しかし、特捜本部は「犯人像を絞る段階ではない」として、遺留品の鑑定や周辺の聞き込みを進めている。

 特捜本部は県警のホームページや四日市北署(059・366・0110)で情報提供を呼びかけている。

◇女子中学生強盗殺人事件の経過

8月25日

8時ごろ  寺輪博美さんが自転車で四日市市の同級生宅へ

13時ごろ  別の友人と市内の大型商業施設で落ち合い買い物や食事

20時半   大型商業施設屋上で見物した花火大会が終了

22時半   JR富田駅から乗車。姉に「帰る」とLINEで連絡

22時34分  JR朝日駅に到着。駅構内の防犯カメラに寺輪さんと友人の姿

22時45分  駅近くのスーパーで友人と別れる

同時刻ごろ  遺体発見現場前の小道に入っていく白い軽乗用車が目撃される

22時55分  友人にLINEで連絡

同時刻ごろ  現場近くを歩く寺輪さんとみられる髪の長い若い女性が目撃される

23時17分  姉からの電話に出ず

27日19時  家族が捜索願

29日14時半 朝日町の空き地で遺体発見

30日午後  三重県警が遺体を寺輪さんと断定

スマホに別人の指紋 拭いた跡なし 三重・中3殺害

スマホに別人の指紋 拭いた跡なし 三重・中3殺害

三重県朝日町の空き地で、同県四日市市の中学3年の女子生徒(15)が遺体で発見された強盗殺人・死体遺棄事件で、現場に残されていた女子生徒のスマートフォン(スマホ)から女子生徒以外の指紋が採取されたことが、捜査関係者への取材でわかった。

 捜査関係者によると、スマホはカバーケースがついており、表面には女子生徒のものではない指紋が複数残されていた。また、指紋を拭き取ろうとした形跡はなかった。

 四日市北署の特別捜査本部は、過去に事件を起こした容疑者らの指紋と照合したが、今のところ、一致した人物はいないという。

三重の少女殺害 「犯人が逮捕されなければ眠れない」不安な日々送る近隣住民

三重の少女殺害 「犯人が逮捕されなければ眠れない」不安な日々送る近隣住民

朝日町の空き地で四日市市の朝明中3年、寺輪博美さん(15)が殺害された強盗殺人、死体遺棄事件。寺輪さんが発見された空き地へは県警が現場を保存するため立ち入り禁止のテープが張られ、近所の住民らは解決を望みながら不安な日を過ごしている。

 寺輪さんは8月25日夜、友人と四日市市の花火大会を楽しんだあとJR朝日駅からの帰途に被害にあったとみられる。遺体が29日に発見されたのは、県道から曲がった道路を約10メートル入った空き地。事件発覚当初の県道の一部を含め広範囲に通行禁止にしていたものものしい態勢からは緩やかになったが、住民らの緊張は解けていない。

 同年代の女子中学生を持つ近くの主婦は「犯人が逮捕されなければ、眠れない。暗くなってからの外出は戒めている」。寺輪さんが通っていた朝明中は2日に始業式を予定しているが、近所のお年寄りの女性は「2学期にがんばろうとしていたこともあったのだろうと思うと、本当にかわいそう」と話していた。また、幼児を抱いて散歩中の近くの会社員の男性(31)は「道が暗いため夜間は控えている。昼間でも不気味な感じがしていた場所。まだ犯人が捕まっていないので、不安です」と表情を曇らせた。

 四日市北署捜査本部は、寺輪さんが25日深夜に殺害されたとみて捜査。これまで、現場から複数の足跡や、遺留品の寺輪さんの財布などから指紋を採取し、分析を急いでいる。

不明の15歳中学生と確認=窒息死の疑い、捜査本部設置へ―三重県警

不明の15歳中学生と確認=窒息死の疑い、捜査本部設置へ―三重県警

三重県朝日町の空き地で女性の遺体が見つかった事件で、県警捜査1課などは30日、遺体は行方不明になっていた四日市市山村町の市立朝明中学校3年生寺輪博美さん(15)と確認した。司法解剖の結果、窒息死の疑いがあることが判明。県警捜査1課は強盗殺人事件と断定し、四日市北署に捜査本部を設置する。

広島少女遺棄 強盗容疑で再逮捕へ 少年から数万円奪う

広島少女遺棄 強盗容疑で再逮捕へ 少年から数万円奪う

広島県呉市の山中で専修学校生の少女(16)を殺害し死体を遺棄したとして、男女7人が逮捕された事件に絡み、強盗致死罪などで起訴された鳥取県湯梨浜町、無職、瀬戸大平被告(21)ら2人が、事件前に別の強盗事件を起こしていた疑いが強まり、広島県警が再逮捕する方針を固めたことが28日、捜査関係者への取材で分かった。

 捜査関係者によると、瀬戸被告は呉市の事件があった6月28日より前に、この事件に加わり強盗致死の非行内容などで家裁送致された鳥取県米子市の無職少年(16)ら数人の少年と共謀し、同県内のコンビニ店駐車場で、別の少年から数万円を奪っていたとみられる。

 広島県警は近く、瀬戸被告を再逮捕し、無職少年については現在、少年鑑別所で観護措置となっていることから、任意での捜査を検討しているとみられる。その他の少年については、身柄を確保したうえで容疑が固まり次第、逮捕する方針。

 呉市の事件では、瀬戸被告と無職少年のほか、16〜17歳の男女5人が逮捕された。広島地検は今月23日、未成年者のうち2人を強盗殺人などの非行内容で、他3人を強盗致死などの非行内容で広島家裁に送致した。同家裁は未成年者全員を2週間の観護措置としている。
カミカゼニュースブログ 検索
ギャラリー
  • 2017 カミカゼ ニュースまとめ
  • 「芸能史上類を見ない赤っ恥」戸田恵梨香と成田凌、熱愛報道のウラで潰されたスクープ
  • 田中みな実アナの「肘ブラ」 過激すぎNGになったカット存在
  • 田中みな実アナの「肘ブラ」 過激すぎNGになったカット存在
  • まるでシュワちゃん!完璧な肉体を維持する62歳男性 中国
  • サイバーエージェントの手により「R25」がWebメディア「新R25」として復活
カミカゼについて
カミカゼ ニュースブログでは、その日のホットな話題を紹介しています。日別に過去分も読むことができますので読み逃しがありません。スマホ、ケータイにも対応。