カミカゼ ニュースブログ

カミカゼ ニュースブログは世の中で起こった最新ニュースを掲載していきます

カミカゼ ニュースブログ

殺人事件

広島少女遺棄 強盗容疑で再逮捕へ 少年から数万円奪う

広島少女遺棄 強盗容疑で再逮捕へ 少年から数万円奪う

広島県呉市の山中で専修学校生の少女(16)を殺害し死体を遺棄したとして、男女7人が逮捕された事件に絡み、強盗致死罪などで起訴された鳥取県湯梨浜町、無職、瀬戸大平被告(21)ら2人が、事件前に別の強盗事件を起こしていた疑いが強まり、広島県警が再逮捕する方針を固めたことが28日、捜査関係者への取材で分かった。

 捜査関係者によると、瀬戸被告は呉市の事件があった6月28日より前に、この事件に加わり強盗致死の非行内容などで家裁送致された鳥取県米子市の無職少年(16)ら数人の少年と共謀し、同県内のコンビニ店駐車場で、別の少年から数万円を奪っていたとみられる。

 広島県警は近く、瀬戸被告を再逮捕し、無職少年については現在、少年鑑別所で観護措置となっていることから、任意での捜査を検討しているとみられる。その他の少年については、身柄を確保したうえで容疑が固まり次第、逮捕する方針。

 呉市の事件では、瀬戸被告と無職少年のほか、16〜17歳の男女5人が逮捕された。広島地検は今月23日、未成年者のうち2人を強盗殺人などの非行内容で、他3人を強盗致死などの非行内容で広島家裁に送致した。同家裁は未成年者全員を2週間の観護措置としている。

殺人未遂 「本田技研に恨み」 男性社員刺され重傷 鈴鹿

殺人未遂 「本田技研に恨み」 男性社員刺され重傷 鈴鹿

26日午後2時ごろ、三重県鈴鹿市大池3の歩道を歩いていた本田技研鈴鹿製作所の男性社員(59)が、後ろから来た男に刃物で背中や右腕を刺された。男性は同社警備員に助けを求め、病院に搬送された。重傷という。駆けつけた県警鈴鹿署員が、同県松阪市本町のパート店員、植村光裕容疑者(40)を殺人未遂の疑いで緊急逮捕した。

 同署によると、植村容疑者のそばに刃渡り12センチのナイフが落ちていた。「本田技研に恨みがあった。会社の人間なら誰でもよかった」と供述しているという。

 男性は同社の作業服姿だった。襲われて製作所正門横の守衛室に駆け込んだ。植村容疑者は後を追って守衛室に入り、警察官が来るまで警備員3人の前に立っていたという。

「放火の理由覚えていない」=弁護人が明かす―山口・周南の連続殺人

「放火の理由覚えていない」=弁護人が明かす―山口・周南の連続殺人

山口県周南市金峰の集落で男女5人が殺害され、2棟の民家が放火された事件で、殺人などの容疑で逮捕された保見光成容疑者(63)の弁護人が26日、逮捕1カ月を受けて同市内で記者会見し、同容疑者が「火を付けた理由は覚えていない」などと話していることを明らかにした。
 山田貴之弁護士によると、保見容疑者は全ての事件への関与を認めているが、動機については「事件の日の(記憶)はすっぽり抜け落ちていて、真っ暗だ」と説明している。

「面白半分で暴行した」被告側の控訴棄却 ネパール人殺害

「面白半分で暴行した」被告側の控訴棄却 ネパール人殺害

大阪府大阪市阿倍野区で昨年1月、ネパール国籍の飲食店経営、ビシュヌ・プラサド・ダマラさん=当時(42)=が殺害された事件で、殺人罪などに問われた彫師、白石大樹(ひろき)被告(23)の控訴審判決が23日、大阪地裁で開かれた。

 森岡安広裁判長は、懲役18年の求刑を上回る懲役19年とした1審大阪地裁の裁判員裁判の判決を支持、被告側の控訴を棄却した。

 弁護側は、1審に続いて殺意を否認し「量刑は重すぎる」と主張。しかし、森岡裁判長は判決理由で「頭などを集中的に狙って暴行しており、死に至る可能性を認識していた」と殺意を認定。量刑は「理由もなく面白半分で暴行した」などと述べ、妥当と判断した。

 ダマラさんの妻(38)は判決後、「当然の判断。真に反省しているのであれば、判決を受け入れてほしい」とコメントした。

 判決によると、白石被告は建築工の伊江弘昌被告(22)=同罪などで1審懲役20年、控訴=や無職女(23)=傷害致死罪などで1審懲役9年、控訴後取り下げ=と共謀。昨年1月16日早朝、阿倍野区の路上で、通りすがりのダマラさんを路上に引き倒して頭や顔を多数回殴るなどした上、頭を路面に打ちつけたり自転車を投げつけるなどして殺害した。

焼津母子3人殺害、逃亡のブラジル人被告を逮捕

焼津母子3人殺害、逃亡のブラジル人被告を逮捕

静岡県焼津市で2006年12月にブラジル人母子3人が殺害された事件で、ブラジル連邦警察は16日、日本の代理処罰申請に基づく公判中に釈放され、逃亡していたブラジル人ネベス・エジルソン・ドニセチ被告(50)を逮捕したと明らかにした。

 警察によると、同被告は南東部ミナスジェライス州南部の町で15日、愛人と一緒に住んでいた農場で逮捕された。近く刑務所に移され、公判が再開される。

 起訴状などによると同被告は、交際していた焼津市のブラジル人派遣会社員ミサキ・ソニアさん(当時41歳)と2人の子供の首をひもで絞めて殺害し、直後にブラジルに帰国。その後、日本政府による代理処罰申請を受けて殺人罪で逮捕・起訴され、サンパウロ州地裁で08年2月に公判が始まったが、同年7月に弁護側の身柄拘束解除請求が認められて釈放された後、行方がわからなくなっていた。
カミカゼニュースブログ 検索
ギャラリー
  • 2017 カミカゼ ニュースまとめ
  • 「芸能史上類を見ない赤っ恥」戸田恵梨香と成田凌、熱愛報道のウラで潰されたスクープ
  • 田中みな実アナの「肘ブラ」 過激すぎNGになったカット存在
  • 田中みな実アナの「肘ブラ」 過激すぎNGになったカット存在
  • まるでシュワちゃん!完璧な肉体を維持する62歳男性 中国
  • サイバーエージェントの手により「R25」がWebメディア「新R25」として復活
カミカゼについて
カミカゼ ニュースブログでは、その日のホットな話題を紹介しています。日別に過去分も読むことができますので読み逃しがありません。スマホ、ケータイにも対応。