カミカゼニュース

殺人事件

ネットいじめ 英国やカナダでも深刻

ネットいじめ 英国やカナダでも深刻

英国中部レスターシャー州のハンナ・スミスさん(14)が今月初め、インターネットの交流サイト(SNS)でのいじめを苦に自殺した。このサイトに広告を出すのを中止する企業が出たほか、英国のキャメロン首相がこのサイトを利用しないよう呼びかけた。同様のいじめが原因で少女(17)が自殺したカナダ東部ノバスコシア州では今月、ネット上のいじめを告訴できる法律を施行するなど、波紋が広がっている。

 スミスさんがいじめに遭ったのは、ラトビアを拠点とするSNS「Ask・fm」で、匿名で利用者同士が交流できる。スミスさんの家族などによると、スミスさんは数カ月にわたり、自分の体重と叔父の死に関して繰り返し攻撃を受け、「漂白剤を飲め」と自殺を迫るような書き込みもあったという。

 スミスさんの父、デビッドさんは、地元メディアに対し、こうした書き込みを許したサイト管理者に責任があるとして「管理者を殺人罪で起訴すべきだ」と述べた。キャメロン首相は英BBC放送で、「彼ら(サイト管理者)の行為についてメスを入れなければならない」と述べた。さらに、何らかの対応が必要との考えを示したうえ、サイトを利用しないよう呼びかけた。

 同じSNSを巡ってはスミスさん以外にもこれまでに、少なくとも10代の英国人とアイルランド人の計3人が書き込みを苦に自殺したとみられている。英国児童虐待防止協会(NSPCC)によると、昨年1年間にSNS上で、いじめを受けた子供は5人に1人になるという。

 一方、カナダのノバスコシア州ではラテイア・パーソンズさんが今年4月、ネット上でのいじめを苦に自殺した。パーソンズさんは15歳だった2011年11月、少年4人に性的暴行を受け、その際の写真がソーシャルメディア上などに出回った。級友にバカにされたり、嫌がらせを受けたりしていたという。

 同州で今月7日に導入された法により、ネットいじめの被害者は、加害者(未成年の場合は親)を告訴することができるだけでなく、いじめを規制する「保護命令」適用の申請ができる。パーソンズさんの父のグレン・カニングさんは、ネットいじめについて「銃を持って歩き回っている子供のようなもの」とその危険性を表現し、対策の必要性を強調した。

 また、パーソンズさんの自殺を巡っては今月8日、18歳の少年2人が児童ポルノ画像流布の疑いで逮捕された。

AVで資金が潤沢? 関東連合がヤクザと組まなかった理由

AVで資金が潤沢? 関東連合がヤクザと組まなかった理由

昨年9月、東京・六本木のクラブで起きた“人違い”集団暴行殺人事件。その裁判が7月23日に始まった。事件に関わっていたのは「半グレ」こと関東連合。その組織は独特で、暴力団などとはつながっていないという。ノンフィクション作家・石井光太氏と元リーダーで『いびつな絆 関東連合の真実』の著者である工藤明男氏が対談した。

石井:地方だと暴走族の先には、たいていヤクザがある。なぜ関東連合のメンバーは、暴力団に入らなかったんですか。

工藤:入る必然性がなかったですから。暴力団に入ると、いろいろ縛られるじゃないですか。親分の警護をしなきゃならなかったり、定期的に上納金を納めなきゃいけなかったり。そういうのが格好いいと思えなかった。あと、「関東連合」という名前だけで十分やっていけたというのもあるんでしょうね。

石井:「看板」が維持できたから、ヤクザにならなかったと。

工藤:付き合いがなかったわけではありません。稲川会に入った地元の先輩もいるし、ケンカがエスカレートすると、相手は必ず暴力団を出してきますから。ただ、その時に解決をお願いしちゃうと、自分たちが組に入らなきゃいけなくなる。だから、お願いはしない。彼らも、あの「関東連合」に貸しを作ったということで、後々何かに使えるだろうと考えるんですよ。

石井:ヤクザの世界に入らないですんだのは、資金が潤沢だったこともありますよね。豊富な収入源は何だったんですか。

工藤:法人登記して税金を納めるという意味で「正業」だったのは、AVプロダクションです。その後、その資金をもとにクラブや飲食店などの経営も始めた。ノウハウというほどではありませんが、AVをやったのは関東連合OBのK君がやっていたからです。

交際女性と父刺した男、殺人未遂容疑で逮捕 女性は死亡

交際女性と父刺した男、殺人未遂容疑で逮捕 女性は死亡

交際相手の女性と自らの父親をナイフで刺したとして、群馬県警は4日、群馬県明和町矢島、福祉施設作業員大津晴紀容疑者(26)を殺人未遂の疑いで現行犯逮捕し、発表した。女性は搬送先の病院で死亡し、館林署が容疑を殺人に切り替えて調べる。

 館林署によると、逮捕容疑は4日午後7時50分ごろ、自宅で交際相手のNPO法人代表、埼玉県鴻巣市の斎藤初美さん(55)と、父信裕さん(51)をバタフライナイフで刺して殺そうとしたというもの。

 大津容疑者は事件後、乗用車で自宅を出たが、約40分後に署員が館林市内で見つけて、現行犯逮捕した。同署の説明では、大津容疑者は「女性に携帯電話を投げられてかっとなった」と容疑を認めているという。

広島遺体、少女ら7人を強盗殺人などで再逮捕

広島遺体、少女ら7人を強盗殺人などで再逮捕

20130724-00000040-asahi-000-2-view広島県呉市の山中で専修学校2年の女子生徒(16)(広島市安佐北区)の遺体が見つかった事件で、県警は3日、死体遺棄容疑で逮捕した無職少女(16)(同市東区)ら16〜17歳の6人と、無職瀬戸大平(たいへい)容疑者(21)(鳥取県湯梨浜町)の計7人を強盗殺人、監禁などの容疑で再逮捕した。

 発表では、7人は共謀。6月28日午前4時頃、女子生徒を広島市中区に誘い出し、瀬戸容疑者が運転するワゴン車に乗せ、呉市の灰ヶ峰まで走行して監禁した上、暴行を加え、山中で女子生徒の現金やキャッシュカードを奪って殺害した疑い。

 また、7人のうち、瀬戸容疑者と、広島市中区の少女(16)、鳥取県米子市の少年(16)の3人は7月1日午前7時頃、広島市中区内で、女子生徒のカードを使って現金自動預け払い機(ATM)から現金を引き出したとする窃盗の疑いもある。

 県警は、無職少女が女子生徒とスマートフォン向け無料通話アプリのLINE(ライン)上で口論となったことをきっかけに、集団で暴行を加えるうちにエスカレートし、殺害に至ったとみている。

重体のバー店長死亡=逮捕の客、殺人容疑に切り替え―大阪府警

重体のバー店長死亡=逮捕の客、殺人容疑に切り替え―大阪府警

大阪市北区の雑居ビルで7月23日、暴行を受けて階段から落ち重体になっていた男性が1日夜、入院中の病院で死亡した。男性は大阪府高槻市高見台、ガールズバー店長馬場孝之さん(29)で、府警曽根崎署は殺人未遂容疑で逮捕したバーの客で飲食店従業員の土田英次容疑者(35)について、殺人容疑に切り替えて調べる。
 同署によると、2人は飲食代をめぐってトラブルになったとみられ、土田容疑者は馬場さんを2階から転落させ、腹部を数回蹴った疑いで逮捕された。調べに対し、「突き落としてはいない」と容疑を否認しているという。

逃走中自殺図る=山口5人殺害の容疑者

逃走中自殺図る=山口5人殺害の容疑者

山口県周南市金峰の集落で男女5人が殺害された事件で、殺人と非現住建造物等放火容疑で逮捕された保見光成容疑者(63)の弁護人が31日、山口市内で記者会見し、同容疑者が逃走中に自殺を図っていたことを明らかにした。

パチンコ放火5人殺害、2審も死刑…大阪高裁

パチンコ放火5人殺害、2審も死刑…大阪高裁

2009年7月、大阪市此花区のパチンコ店に放火して5人を殺害、10人を負傷させたとして殺人と現住建造物等放火罪などに問われた無職高見素直被告(45)の控訴審判決が31日、大阪高裁で開かれた。

 中谷雄二郎裁判長は、求刑通り死刑とした1審・大阪地裁裁判員裁判の判決を支持し、被告側の控訴を棄却した。

 判決によると、高見被告は09年7月5日夕、パチンコ店「crossニコニコ」(当時)内にガソリンをまいて放火、15人を殺傷した。

 控訴審で弁護側は、被告は犯行時、精神疾患による妄想に強く影響を受け、心神耗弱の状態だったとし、完全刑事責任能力を認めた1審判決は事実誤認だと指摘。絞首刑を合憲とした判断については、「必要以上の苦痛を与える方法で、憲法が禁じる残虐な刑罰に当たる」と主張していた。

「木の棒で殴って殺した」供述 山口の放火殺人事件

「木の棒で殴って殺した」供述 山口の放火殺人事件

20130726-00000027-mai-000-20-view山口県周南市金峰(みたけ)の民家4軒から男女計5人の遺体が見つかった連続殺人・放火事件で、被害者1人に対する殺人容疑などで逮捕された同じ集落の無職保見光成(ほみこうせい)容疑者(63)が「木の棒で殴って殺した」と供述していることが、捜査関係者への取材でわかった。「棒は捨てた」とも話しており、県警は周辺の山林で捜す。

 周南署捜査本部によると、保見容疑者は21日夕から夜に、隣家の無職山本ミヤ子さん(79)方で、山本さんを殺害し、家に火を付けて全焼させた疑いがある。容疑を認めている、と県警は説明している。

山口・周南市連続殺人事件 逮捕の男、おおむね殺害認める供述

山口・周南市連続殺人事件 逮捕の男、おおむね殺害認める供述

山口県の集落で5人が相次いで殺害された事件で、行方がわからなくなっていた63歳の男が26日、付近の山中で見つかり、逮捕された。
事件発生から6日目、事件は急展開した。
殺人と放火の疑いで逮捕された保見光成容疑者(63)は、山本 ミヤ子さんを殺害して、家に火をつけたと認めているという。
保見容疑者は、26日午前9時5分、周南市の現場周辺の山の中で身柄を確保された。
発見された際、保見容疑者は立っていたが、捜査員の姿を見て、疲れた様子で、その場に座り込んだ。
そして、捜査員が「保見さんですか」と尋ねたところ、「そうです」と答えたという。
その後、身柄は周南警察署に送られ、取り調べが続けられている。
調べに対し、保見容疑者は、素直に応じていて、残る4人の殺害に関しても、「わたしがやりました」と、おおむね殺害を認める供述をしているという。
動機については、これからの調べということだが、保見容疑者の自宅を警察が家宅捜索した際に、不平や不満を書いた貼り紙が、数点見つかっている。
このため、捜査本部では、5人の被害者との近隣トラブルなどから殺害に至った可能性もあるとみて捜査している。
また、この6日間、どこをどのように逃げていたのか、その経緯についても調べることにしている。

集落の63歳男逮捕=山中で確保、認める供述―5人殺害、殺人と放火容疑・山口県警

集落の63歳男逮捕=山中で確保、認める供述―5人殺害、殺人と放火容疑・山口県警

山口県周南市金峰の集落で5人が相次いで殺害された事件で、県警周南署捜査本部は26日、被害者1人に対する殺人と非現住建造物等放火容疑で、同じ集落の保見光成容疑者(63)を逮捕した。同容疑者は事件後、行方不明となっていたが、捜査本部は同日午前、付近の山中で身柄を確保。「はい、分かりました」と、認める供述をしているという。
 捜査本部によると、保見容疑者は同日午前9時5分、集落の住民が避難している公民館の北約1キロの山道で見つかった。座っており、捜査員が名前を確認したところ、素直に認め、同行に応じたという。素足に下着姿で所持品はなく、負傷はしていなかった。
 逮捕容疑は、被害者のうち、山本ミヤ子さん(79)を殺害し、自宅に放火した疑い。
カミカゼニュース 検索
カミカゼ ギャラリー
  • 2017 カミカゼ ニュースまとめ
  • 「イチロー×アインシュタイン」の弟子志願者に困惑  ビートたけしの大正論
  • 進次郎氏が角栄と重ねて見られるのは政治状況が似ているからか
  • トヨタ「JPNタクシー」デビュー1か月、その評判は? 「これタクシー!?」の声も
  • トヨタ「JPNタクシー」デビュー1か月、その評判は? 「これタクシー!?」の声も
  • NHK受信料の支払い義務は「合憲」、最高裁が判決