カミカゼ ニュースブログ

カミカゼ ニュースブログは世の中で起こった最新ニュースを掲載していきます
毛ガニ通販

アップル

ジョブズ氏が愛した「制服」復活へ−イッセイミヤケの黒のハイネック

ジョブズ氏が愛した「制服」復活へ−イッセイミヤケの黒のハイネック

米アップル共同創業者の故スティーブ・ジョブズ氏が着用していたことで人々の記憶に鮮明に残る黒のハイネック(モックタートル)シャツは、世界で活躍する服飾デザイナー、三宅一生氏の作品の中で最も有名になるかもしれない。

ジョブズ氏が着ていたモデルは2011年、同氏の死去を機に生産が中止された。だが、三宅氏の「イッセイミヤケ」から今月発売されるポリエステル60%、綿40%混紡の長袖ハイネックシャツ「セミダルT」を見れば、誰もがデジャブ(既視感)を覚えることだろう。

だがイッセイミヤケによれば、三宅氏の弟子の高橋悠介氏がデザインしたこのシャツはジョブズ氏着用モデルの再発売ではない。元祖のモデルよりもシルエット細め、肩線が高めのデザインになっている。

ジョブズ氏の伝記を著したウォルター・アイザクソン氏によると、ジョブズ氏は1980年代初めに見学した日本のソニー工場で誰もが制服を着て働いているのに感銘し、アップルでも制服を導入してはどうかと考えて三宅氏にベストをデザインしてもらった。制服という構想は個人主義が根強い米国では不評で実現しなかったが、自分だけのユニフォームを考案すればいいと考えるに至り、ボトムはリーバイスの「501」、靴はニューバランスの「991」、そしてトップは三宅氏がデザインした黒のハイネックシャツという象徴的なスタイルを確立させた。

古めかしいボタンが一切なく、クリーンなラインが特徴のミニマルかつシンプルなこのシャツは、ジョブズ氏の外観にフラットスクリーンのようなきらめきを与えていたと言っていい。

ジョブズ亡きアップルが犯した「最大の過ち」とティム・クックの限界

ジョブズ亡きアップルが犯した「最大の過ち」とティム・クックの限界

ジョブズを失ったアップルが犯した最大のミスは何だろう──。質問サイト「Quora」に寄せられた疑問にテクノロジーライターのGlyn Williamsが回答した。

スティーブ・ジョブズ亡き後、アップルが犯した最大の過ちは、パワーユーザーの取り込みに失敗したことだろう。アップルの製品には、ハイエンド・ワークステーションと呼べるマシンがもはや存在しない。

その形状からゴミ箱と揶揄されるMac Proは、拡張性に乏しくユーザーから不評を買っている。iMacは最もパワフルなモデルですらデスクトップクラスのGPU性能を実現できていない。アップルのロイヤルユーザーの中にはVFX(視覚効果)やゲーム開発、VRなどの関係者が多く居るが、彼らの需要に応えるマシンが無いに等しいのだ。

一般的なソフトウェアの開発者の間でも、ハイエンドマシンに対する需要は大きい。これらのパワーユーザーは、裕福で影響力も大きいが、アップルは彼らのニーズに合ったマシンの開発を止めてしまったのだ。

短期的な収益を考えるとアップルの判断は決して間違っていない。ハイエンド・ワークステーション事業がアップルの業績に与える影響は軽微で、ROIもスマホや一般コンシューマ向けPC、スマートウォッチなどと比べて遥かに低いのが実情だ。また、エンジニアたちは最も収益に影響を及ぼすマス市場向けマシンの開発にリソースを集中することができる。

しかし、自動車メーカーがF1に参戦する理由を考えれば、アップルの戦略が大きな誤りであることがわかる。F1マシンは一般向けに販売しないにも関わらず、自動車メーカーは膨大な資金を投じ続けている。それには、以下のような理由がある。

・F1のクールなイメージが一般向け製品にも受け継がれる
・モーターファンが喜び、ブランドに対するロイヤリティや認知度が高まる
・F1で培った最先端技術を、ローエンド製品にも応用できる
・エンジニアリング技術の向上に役立つ

アップルに対しても、同じ理屈が成り立つはずだ。仮にワークステーション部門が赤字であったとしても、大学の研究室でアップル製品が使われていれば企業イメージの向上につながる。また、他のハードウェアに技術を転用してファンを大いに喜ばせ、アップルが単なるガジェットメーカーではないことを証明することもできる。

アップルは、経理畑出身のティム・クックがCEOに就任してから革新性が失われたと言われる。しかし、ハイエンド・ワークステーションの開発を続けることで、そうしたイメージを払拭することができるだろう。

アップル、アマゾンも参加=鴻海の東芝半導体買収案

アップル、アマゾンも参加=鴻海の東芝半導体買収案

シャープ首脳は6日午前、記者団に対し、親会社である台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業が東芝に示している記憶用半導体フラッシュメモリー事業の買収案に、米アップルと米アマゾン・ドット・コムが参加すると明らかにした。その上で、鴻海案に参加する企業はシャープも含め、「5〜6社くらいになる」との見方を示した。

 東芝のメモリー事業売却の2次入札で、鴻海はシャープと組んで応札した。日本政府が中国や台湾などへの技術流出を懸念していることから、シャープなど日本勢のほか、米国企業と連携する姿勢を強める。

iPhone 8は前面からホームボタンが消えてフルディスプレイになる?

iPhone 8は前面からホームボタンが消えてフルディスプレイになる?

2017年9月、または10月に発売予定とみられている『iPhone 8』から、ホームボタン(Touch ID)が消えて前面がフルディスプレイになるとの情報が飛び交っています。

前面のフルディスプレイ化についての主要な説は以下の2つです。
1.ディスプレイにTouch ID(指紋認証)が内蔵される
2.ホームボタンが背面に移動する

情報としては先に「1.」の内蔵の話が出回り、次に「2.」の背面移動、そして再び「1.」の内蔵の話が盛り返すといった状況です。

この記事ではそれぞれどのような特徴があるのかを解説していきます。

1.Touch IDを内蔵してベゼルレスデザインになる

まず、Touch ID内蔵についてですが、こちらはiPhone 8についての情報が出回り始めた当初から噂のひとつとしてあがっていました。

噂をまとめると「Appleとしてはホームボタンをなくしてディスプレイを大きくしたいが、Touch IDセンサーを内蔵するには技術的な問題を抱えており、そのためにiPhone 8の発売が遅れている」というものです。

この問題の解決が難しいため、「先にiPhone 7sを発売し、後ほど虹彩認証(ユーザーの目の虹彩を使った生体認証)を搭載したiPhone 8を発売するのでは?」とも言われていました。

しかしながら最新の情報ではTouch IDを内蔵することで決定し、iPhoneは前面をフルディスプレイ化、そしてフチのないベゼルレスデザインになると伝えられています。

2.ホームボタンを背面に移動させてフルディスプレイ化

続いてホームボタンの背面移動についてですが、こちらはAppleのロゴの下にホームボタンが存在する図面やモックアップが相次いで公開されてきました。

ホームボタンが前面から背面に移動すると、片手でスマホを持ったままの動きでスムーズにロックを解除できるようになります(前面にある現在は一度親指や人差し指を合わせてロックを解除しなければならない)。

指紋認証の背面搭載は多くのAndroid端末で採用されているため、この利便性を知っている人は多いと思います。背面移動が事実であれば、これがiPhoneでも使えるようになるというわけです。

ディスプレイサイズの変更が大きい

どちらの方式が採用されたとしても、前面ディスプレイのサイズが縦長になります。噂ではアスペクト比は従来の16:9から18.5:9になるそうです。

ユーザーとしてはスマホの画面が大きくなるためさらに見やすくなりますが、ベゼルレスになるとしたら落下時の液晶破損が増えることが考えられるでしょう。

ソフトバンク、10兆円ファンド設立 アップルなど参加

ソフトバンク、10兆円ファンド設立 アップルなど参加

ソフトバンクグループは20日、930億ドル(約10兆円)規模の投資ファンド「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」を設立したと発表した。サウジアラビアの政府系ファンド「PIF」のほか、米アップルやシャープなども参加し、最先端技術を持つIT企業などへの投資を加速させる。

 トランプ米大統領の初の外遊となる中東訪問に合わせて孫正義社長がサウジを訪れ、PIFと最終合意した。ファンドは英国に拠点を置き、ソフトバンクが280億ドルを拠出。シャープも10億ドルを出す。アップルやアラブ首長国連邦(UAE)アブダビの政府系ファンド、台湾の鴻海(ホンハイ)も参加する。

 ソフトバンクは2016年10月にファンド設立の意向を表明。孫氏は同年12月にトランプ氏と会談し、ファンドを活用して米国に500億ドルを投資すると表明した。

 今月10日に孫氏は、あらゆるモノをインターネットにつなぐ「IoT」や人工知能(AI)の分野が急成長するとの見通しを示し、「これからゴールドラッシュが来る。借金を増やさず、集めたお金で投資する」とファンドの意義を説明した。投資先について「30社近くと話し合いを始めた。最先端の成長する会社を続々と仲間に入れる」と強調し、今後100億円以上の新たな投資は、原則ファンドを経由させる方針を示した。
カミカゼニュースブログ 検索
ギャラリー
  • 2017 カミカゼ ニュースまとめ
  • 加賀の新名物は「カニごはん」と「パフェ」
  • 岡山元同僚女性バラバラ殺人事件 住田紘一
  • スナックママ連続殺人 西川正勝 旧姓・金田正勝
  • スナックママ連続殺人 西川正勝 旧姓・金田正勝
  • 夕刊フジ編集長「豊洲移転問題に『仰天プラン』が浮上」
カミカゼについて
カミカゼ ニュースブログでは、その日のホットな話題を紹介しています。日別に過去分も読むことができますので読み逃しがありません★安心。スマホ、ケータイにも対応しています★便利