カミカゼニュース

カードローン

新生銀、「レイク」融資停止 消費者金融に切り替え

新生銀、「レイク」融資停止 消費者金融に切り替え

新生銀行は21日、銀行カードローン「レイク」の新規融資をやめると発表した。レイクは同行の消費者ローンの主力事業で、今後はグループ会社「新生フィナンシャル」の消費者金融事業に切り替える。

カードローンは消費者金融のような融資額の上限規制や広告規制がなく、過剰融資への批判が強い。新生銀は規制が緩いカードローン事業を消費者金融に切り替え、批判に対応する形だ。工藤英之社長は記者会見で「世の中の議論を踏まえた対応。責任ある貸し手として市場の健全な形成に寄与したい」と述べた。

 消費者金融への切り替えは来年4月をめどとする予定で、その後は若年層向けに事業展開する。融資審査に人工知能(AI)などを活用する。「レイク」のブランドを続けるかは未定。レイク以外の消費者ローンでは、カードローンの「新生銀行スマートカードローンプラス」、子会社の消費者金融「ノーローン」があり、今後も続ける。

 新生銀行は2011年に子会社が「レイク」ブランドで行っていた消費者金融事業を吸収し、カードローン事業として展開してきた。新生銀行グループ全体の無担保ローン残高は17年9月末時点で5080億円で、レイクは2670億円。

カードローン実態調査で3行に立ち入り…金融庁

カードローン実態調査で3行に立ち入り…金融庁

金融庁は20日午前、銀行が無担保で個人に融資している「カードローン」の実態を調べるため、メガバンク3行に立ち入り検査に入った。

 カードローンの残高は大幅に伸びており、自己破産や多重債務の増加につながりかねないと指摘されている。過剰な融資にならないよう、審査が適切に行われているかなどについて、詳しく調べる。

 立ち入り検査に入った金融庁の検査官は、審査体制が整っているかや、配慮に欠けた広告をしていないかなどを調べる。過剰な融資につながる可能性がある過度な業績目標を設定していないかについても調査する。問題があれば、改善を促す。

 今後、地方銀行にも検査の対象を広げる方針だ。特に地銀の中には、個人向け融資に関するノウハウがある消費者金融会社に、審査を任せきりにしてしまっているところがあるとみており、実態を点検する。

銀行カードローン、スピード審査競う広告見直し

銀行カードローン、スピード審査競う広告見直し

過剰融資の懸念が出ている銀行カードローンで、売りにしていた短時間での審査や融資にブレーキがかかっている。三井住友銀行と三菱東京UFJ銀行は、テレビCMなどで「最短30分審査」の表現を削除。過剰融資批判を受けた対応とみられる。また、以前の暴力団融資問題を受け、全国銀行協会が個人向け融資で新たな審査システムを近く稼働させるため、カードローンの即日融資自体も困難になりそうだ。

 カードローン残高で業界1、2位の三井住友銀と三菱東京UFJ銀は、テレビCMなどで「最短30分」をPRしてきた。三井住友銀はすべての広告からこの表現を削除している。三菱東京UFJ銀もホームページ上ではなくし、テレビCMやチラシでも順次なくす方向だ。みずほ銀行は「最短即日審査」などの表現をやめている。

 銀行業界は今春以降、宣伝での「収入証明書不要」「総量規制対象外」との表現は、過剰融資をあおりかねないとして削除した。その後、新たな借り入れまでのスピードを競う表現も同様に削除されつつある。

 地方銀行やネット銀行も同様の対応を始めた。全国銀行協会の平野信行会長(三菱UFJフィナンシャル・グループ社長)は14日の定例会見で「(売りが)『30分審査』で本当にいいのか」と述べていた。
カミカゼニュース 検索
カミカゼ ギャラリー
  • 2017 カミカゼ ニュースまとめ
  • 関 光彦 市川一家4人殺人事件
  • 「イチロー×アインシュタイン」の弟子志願者に困惑  ビートたけしの大正論
  • 進次郎氏が角栄と重ねて見られるのは政治状況が似ているからか
  • トヨタ「JPNタクシー」デビュー1か月、その評判は? 「これタクシー!?」の声も
  • トヨタ「JPNタクシー」デビュー1か月、その評判は? 「これタクシー!?」の声も