カミカゼ ニュースブログ

カミカゼ ニュースブログは世の中で起こった最新ニュースを掲載していきます

カミカゼ ニュースブログ

トランプ

北朝鮮はトランプのアジア歴訪中にミサイル実験をする気か?

北朝鮮はトランプのアジア歴訪中にミサイル実験をする気か?

<アジア外遊中にミサイルを撃てば、北朝鮮はトランプを困らせることができる>

北朝鮮は、ドナルド・トランプ米大統領が日本、韓国、中国を訪問する今週末から来週にかけてミサイル発射実験を行う可能性がある。

米ニュースサイト「マクラッチー」の記者アニータ・クマーは10月29日、MSNBCの番組に出演し、過去数カ月、北朝鮮の金正恩党委員長と軍事攻撃の威嚇をし合ってきたトランプも、アジア歴訪中は口を慎んだほうがいいと警告した。

複数の専門家の話として、トランプのアジア歴訪中に北朝鮮はミサイル発射実験をするかもしれないと、クマーは言った。トランプを日本か中国か韓国で「困った立場に追い込めるから」だという。「トランプはその時その場での決断を迫られることになる」

「新たな緊急性」 北朝鮮はトランプのアジア歴訪中にミサイル実験

トランプのアジア訪問を目前に控え、米朝関係は緊張を増す一方だ。朝鮮半島の南北軍事境界線にある板門店を訪れたジェームズ・マティス米国防長官は10月27日、北朝鮮の「無法な」態度によって両国関係は「新たな緊急性」を帯びたと語った。「北朝鮮は、違法で不要なミサイル・核開発で周辺国と世界を脅している」とマティスは言い、「アメリカが北朝鮮の核保有を認めることはありえない」と付け加えた。

北朝鮮と戦争をすれば、破滅的な結果を招くだろうと、NATO(北大西洋条約機構)のイエンス・ストルテンベルグ事務総長は10月27日に語り、対話その他の平和的手段で北朝鮮に世界に対する核攻撃を思いとどまらせるよう訴えた。

北朝鮮は先週、威嚇は本気だと言った。「李容浩外相は我が国の最高指導者の気もちをよく知っている。従って、彼が「太平洋上で水爆実験を行う」と言えば、その発言も文字通りに受け取るべきだ」と、ある北朝鮮外務省高官は語っている。

米大統領:ケネディ元大統領資料全て公開へ−生存する人々の氏名除き

米大統領:ケネディ元大統領資料全て公開へ−生存する人々の氏名除き


トランプ米大統領は、中央情報局(CIA)やケリー大統領首席補佐官らと協議した結果、ケネディ元大統領の暗殺事件に関係する資料を今も生存する人々の住所・氏名を除き、全て公開する方針を明らかにした。

トランプ大統領は「完全な情報開示と透明性、あらゆる陰謀説を解消するという理由からこれを行う」とツイートした。

北朝鮮への軍事的選択肢を用意、実行なら「壊滅的」=米大統領

北朝鮮への軍事的選択肢を用意、実行なら「壊滅的」=米大統領

トランプ米大統領は26日、核・弾道ミサイル開発を続ける北朝鮮への軍事力行使は第2の選択肢としながらも、実行すれば北朝鮮にとって「壊滅的」な結果になると警告した。

トランプ氏は「好ましい選択肢ではないが、2つ目の選択肢の用意は完全に整っている」とし、「それは軍事的選択肢であり、必要であれば米国はその選択肢を選ぶ」と言明した。同時に「そうなれば、北朝鮮は壊滅的な結末に直面することになる」と警告した。

一方、米軍制服組トップのダンフォード統合参謀本部議長はこの日行われた上院軍事委員会の公聴会で、北朝鮮側に緊張の高まりを反映するような軍事態勢の変化は見られていないと明らかにした。

「政治的な緊張は明らかに高まっているが、北朝鮮軍の態勢に変化は見られていない。われわれは非常に注意深く見守っている」と述べた。ただ、緊急性という観点では「北朝鮮が今日最大の脅威となっていることは確かだ」とも語った。

ダンフォード氏は、北朝鮮が核搭載の大陸間弾道ミサイル(ICBM)の運用能力を「近く」獲得するとの認識を示した。その日は「間近に迫っている」とした。

米軍の態勢については「われわれは挑発あるいは衝突が起きた際に対応する準備が整っている」とし、韓国や日本を含む「同盟国を守るためにあらゆる適切な措置」を講じてきたと強調した。

北朝鮮が可能性に言及した太平洋での水爆実験については、強行すれば「とてつもない挑発」になると警告した。

韓国の李チョル雨(イ・チョルウ)議員は、同国の情報機関から受けた説明に言及し、北朝鮮は米戦略爆撃機が週末に朝鮮半島近くを飛行したことを受けて航空機を東海岸に移動させるなどして防衛を強化していると述べた。また、米軍側は北朝鮮が飛行の事実を承知していなかった模様だったため、飛行ルートを意図的に公開したとの見方を示した。

米国務省は同日、ティラーソン国務長官が28日から中国を訪問すると発表した。中国政府高官と北朝鮮情勢などについて協議する予定。

金正恩VSトランプ舌戦では北が圧勝?根底に朝鮮民族の深い差別意識

金正恩VSトランプ舌戦では北が圧勝?根底に朝鮮民族の深い差別意識

北朝鮮と米国のチキンレースが止まらない。悪口合戦はエスカレートし、北朝鮮は太平洋上での水爆実験の可能性まで言及した。いよいよ宣戦布告レベルの“ののしり合い”にもなってきた。

 トランプ大統領(71)が19日、国連で金正恩朝鮮労働党委員長を「ロケットマン」呼ばわりし、正恩氏は21日、初めて直々の声明でトランプ大統領を「米国の老いぼれの狂人を必ず火で罰するであろう」とバッサリ。

 さらに「史上最高の超強硬な対応措置の断行を慎重に検討する」とした。この超強硬の対応措置について北朝鮮の李容浩外相は21日、「太平洋上の水爆実験ではないか」と話している。

 挑発合戦はエスカレートする一方だが、こと口喧嘩に関しては、北朝鮮は無類の強さを誇る。米空母カール・ビンソンを「太って肥大したただの変態動物」、ヒラリー・クリントン元国務長官を「闇市のババア」、朴槿恵前韓国大統領を「尾っぽのない老いぼれの気の狂った雌犬」、李明博元韓国大統領を「酢を盗み飲みしたようなしかめっ面のネズミ」など、ひどい表現で罵倒してきた。

 北朝鮮を徹底分析した本「金正恩の黒幕はアメリカだった」の構成と解説などを担当した文筆人の但馬オサム氏はこう語る。

「朝鮮語(韓国では韓国語)は日本語に翻訳不可能な言葉があるほどに、罵倒語、侮蔑語の語彙が多彩です。口喧嘩では、アメリカは勝てないでしょう」と指摘する。

 たとえば、日本人に対する侮蔑語で代表的なのは、「ウェノム(倭奴)」と「チョッパリ」。チョッパリの語源は「ブタの蹄」で、これは日本人が履く足袋からの発想だそうだ。

 正恩氏の祖父となる金日成主席が韓国の朴槿恵大統領の父・朴正熙大統領を差別用語で侮蔑していたのは有名な話だ。
「あらゆる階級の解放をうたう社会主義のボスからしてこうなのです。朝鮮民族の差別意識の根の深さが分かるでしょう」(同)

 正恩氏の“超強硬”声明後、トランプ大統領はツイッターに「国民を飢えさせ、殺すことを気にも留めない狂った男はかつてない試練を受けることになる」とも書き込んだ。北朝鮮の悪口でトランプ大統領がキレて手を出してしまわないか心配だ。

北朝鮮へのトランプ氏警告、「確固たる姿勢」示した=韓国大統領

北朝鮮へのトランプ氏警告、「確固たる姿勢」示した=韓国大統領

韓国の文在寅大統領は20日、トランプ米大統領が北朝鮮を「完全に破壊」せざるを得なくなる可能性があると述べたことに関し、北朝鮮にとって核兵器を放棄しなければならないことを認識する必要性が高まったと話した。

トランプ大統領は19日、ニューヨークの国連本部で行った就任後初の一般討論演説で、「米国は強大な力と忍耐力を持ち合わせているが、米国自身、もしくは米国の同盟国を守る必要に迫られた場合、北朝鮮を完全に破壊する以外の選択肢はなくなる」と言明した。

これを受けて文大統領は、声明を発表。「トランプ氏の演説は、平和と安全の維持に関して国際社会と国連が直面している主要な課題に対する、確固たる明確な姿勢を表現したものだと受け止める」とした。

さらに「トランプ氏はこの問題について、異例と言えるほどの長時間にわたり話しており、米国が北朝鮮の核開発プログラムを非常に深刻に捉えていることが明確に示された」との見解を表明。同氏の演説は「最大限の制裁や圧力を通じ、北朝鮮は非核化こそが将来に向かう唯一の道だとの認識を迫られるべきだということを再確認するものだ」との見方を示した。

米韓の大統領は、米国時間20日朝にニューヨークで会談する予定。
カミカゼニュースブログ 検索
ギャラリー
  • 2017 カミカゼ ニュースまとめ
  • 拓銀破たん金融危機から20年、メーンバンクがなくなる時
  • 宮地真緒が14年間交際の一般男性と結婚「一生ものの恋になりました」
  • ユニクロを脅かすアマゾンの"超個客主義"
  • 引っ越した後の1週間で3人を殺害か 座間9人遺体
  • 日本人が知らないサウジ王族の「超金満生活」
カミカゼについて
カミカゼ ニュースブログでは、その日のホットな話題を紹介しています。日別に過去分も読むことができますので読み逃しがありません。スマホ、ケータイにも対応。