カミカゼ ニュースブログ

カミカゼ ニュースブログは世の中で起こった最新ニュースを掲載していきます

カミカゼ ニュースブログ

トランプ

金正恩VSトランプ舌戦では北が圧勝?根底に朝鮮民族の深い差別意識

金正恩VSトランプ舌戦では北が圧勝?根底に朝鮮民族の深い差別意識

北朝鮮と米国のチキンレースが止まらない。悪口合戦はエスカレートし、北朝鮮は太平洋上での水爆実験の可能性まで言及した。いよいよ宣戦布告レベルの“ののしり合い”にもなってきた。

 トランプ大統領(71)が19日、国連で金正恩朝鮮労働党委員長を「ロケットマン」呼ばわりし、正恩氏は21日、初めて直々の声明でトランプ大統領を「米国の老いぼれの狂人を必ず火で罰するであろう」とバッサリ。

 さらに「史上最高の超強硬な対応措置の断行を慎重に検討する」とした。この超強硬の対応措置について北朝鮮の李容浩外相は21日、「太平洋上の水爆実験ではないか」と話している。

 挑発合戦はエスカレートする一方だが、こと口喧嘩に関しては、北朝鮮は無類の強さを誇る。米空母カール・ビンソンを「太って肥大したただの変態動物」、ヒラリー・クリントン元国務長官を「闇市のババア」、朴槿恵前韓国大統領を「尾っぽのない老いぼれの気の狂った雌犬」、李明博元韓国大統領を「酢を盗み飲みしたようなしかめっ面のネズミ」など、ひどい表現で罵倒してきた。

 北朝鮮を徹底分析した本「金正恩の黒幕はアメリカだった」の構成と解説などを担当した文筆人の但馬オサム氏はこう語る。

「朝鮮語(韓国では韓国語)は日本語に翻訳不可能な言葉があるほどに、罵倒語、侮蔑語の語彙が多彩です。口喧嘩では、アメリカは勝てないでしょう」と指摘する。

 たとえば、日本人に対する侮蔑語で代表的なのは、「ウェノム(倭奴)」と「チョッパリ」。チョッパリの語源は「ブタの蹄」で、これは日本人が履く足袋からの発想だそうだ。

 正恩氏の祖父となる金日成主席が韓国の朴槿恵大統領の父・朴正熙大統領を差別用語で侮蔑していたのは有名な話だ。
「あらゆる階級の解放をうたう社会主義のボスからしてこうなのです。朝鮮民族の差別意識の根の深さが分かるでしょう」(同)

 正恩氏の“超強硬”声明後、トランプ大統領はツイッターに「国民を飢えさせ、殺すことを気にも留めない狂った男はかつてない試練を受けることになる」とも書き込んだ。北朝鮮の悪口でトランプ大統領がキレて手を出してしまわないか心配だ。

北朝鮮へのトランプ氏警告、「確固たる姿勢」示した=韓国大統領

北朝鮮へのトランプ氏警告、「確固たる姿勢」示した=韓国大統領

韓国の文在寅大統領は20日、トランプ米大統領が北朝鮮を「完全に破壊」せざるを得なくなる可能性があると述べたことに関し、北朝鮮にとって核兵器を放棄しなければならないことを認識する必要性が高まったと話した。

トランプ大統領は19日、ニューヨークの国連本部で行った就任後初の一般討論演説で、「米国は強大な力と忍耐力を持ち合わせているが、米国自身、もしくは米国の同盟国を守る必要に迫られた場合、北朝鮮を完全に破壊する以外の選択肢はなくなる」と言明した。

これを受けて文大統領は、声明を発表。「トランプ氏の演説は、平和と安全の維持に関して国際社会と国連が直面している主要な課題に対する、確固たる明確な姿勢を表現したものだと受け止める」とした。

さらに「トランプ氏はこの問題について、異例と言えるほどの長時間にわたり話しており、米国が北朝鮮の核開発プログラムを非常に深刻に捉えていることが明確に示された」との見解を表明。同氏の演説は「最大限の制裁や圧力を通じ、北朝鮮は非核化こそが将来に向かう唯一の道だとの認識を迫られるべきだということを再確認するものだ」との見方を示した。

米韓の大統領は、米国時間20日朝にニューヨークで会談する予定。

トランプ氏の「完全破壊」発言に北朝鮮の硬化必至 新たな挑発か

トランプ氏の「完全破壊」発言に北朝鮮の硬化必至 新たな挑発か

トランプ米大統領が19日(米東部時間)に国連総会の一般討論演説で「米国と同盟国を守ることを迫られれば北朝鮮を完全に破壊する以外の選択はない」と述べ、北朝鮮に強い警告を発したことを巡り、韓国政府は演説の背景と朝鮮半島情勢に与える影響に注目している。

 韓国政府の当局者は20日、トランプ氏は常に激しい言葉を使うとしながらも、発言は「米国がいかに北の核問題を深刻に捉えているかを示している」と述べた。

 トランプ氏の発言は、軍事的選択肢を排除していないことを北朝鮮に伝えると同時に、北朝鮮に影響力を持つ中国やロシアに国連安全保障理事会決議の誠実な履行などで北朝鮮に強い圧力をかけるよう促す意味があるとも指摘される。

 韓国外交部傘下・国立外交院のキム・ヒョンウク教授は、北朝鮮核問題の外交的な解決方法が定まらなければ軍事的方法に向かわざるを得ないというのがトランプ氏のメッセージだとし、北朝鮮よりむしろ「中国とロシアに対する圧力の意味合いが大きい」との見方を示した。

 トランプ政権は北朝鮮に対話の条件を提示したこともあったが、当面は制裁と圧力の強化に全力を挙げるとみられる。キム教授は「北が(米国を狙える)大陸間弾道ミサイル(ICBM)の弾頭の大気圏再突入技術を確保するまで時間があまりないため、米国は強い圧力を加える方針を固めたようだ」と説明した。

 韓国・韓東大の朴元坤(パク・ウォンゴン)教授(国際関係学)も「早ければ向こう半年から1年のうちに北が核を実戦で使える能力を完全に備えるとみるなら、米国には外交の時間が足りない。制裁と圧力が通じなければ、軍事的選択肢を考慮せざるを得ないというのが米国の立場だ」と分析した。

 北朝鮮はトランプ氏の演説に強く反発すると予想される。ミサイル発射や核実験といったさらなる挑発に出る可能性もあり、米朝の対立が深まることで朝鮮半島情勢が一段と緊迫化しかねない。

トランプ氏、韓国大統領と電話会談 「ロケットマンはどうした」

トランプ氏、韓国大統領と電話会談 「ロケットマンはどうした」

トランプ米大統領は17日、韓国の韓文在寅(ムンジェイン)大統領と電話で会談し、核・ミサイル実験を繰り返す北朝鮮への経済的、外交的圧力を強化していくことで合意した。

トランプ氏はこの日、ツイッターで文氏との会談に言及し、「ロケットマンはどうしているか尋ねた」と書き込んだ。北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長を指した呼び名とみられる。「北朝鮮ではガソリンを買う人の長い列ができているようだ。お気の毒さま」とも投稿した。

トランプ氏と文氏は25分間にわたる電話会談で、北朝鮮が15日に強行した弾道ミサイル発射を改めて非難。国連安全保障理事会で採択された制裁決議の履行に向け、国際社会と連携していくことを約束した。

米ホワイトハウスは、トランプ氏と文氏が「抑止力と防衛力の強化に向けてさらなる措置を取り、北朝鮮に最大限の経済的、外交的圧力を加える」方針を確認したと発表した。

韓国の大統領報道官も、両氏が緊密な連携で合意したと述べた。また北朝鮮に対し、これ以上挑発行為を繰り返せば外交、経済の両面で孤立が深まり、「ついには崩壊への道をたどることになる」と警告した。

北朝鮮 核実験強行で“トランプ砲”Xデー迫る!

北朝鮮 核実験強行で“トランプ砲”Xデー迫る!

北朝鮮が3日午後0時29分ごろ、約1年ぶり6回目となる核実験を強行した。核・ミサイル開発に対する制裁で北朝鮮を擁護していた中国やロシアも、金正恩朝鮮労働党委員長の止まらぬ暴挙に非難声明を表明。トランプ米大統領(71)は「北朝鮮はならず者国家」と罵倒。“レッドライン”を越えた北朝鮮に対し、力でねじ伏せるタイミングは?

 北朝鮮は核実験後、朝鮮中央通信で伝説的女子アナウンサーのリ・チュニ(李春姫)氏が「大陸間弾道ミサイル(ICBM)搭載用の水爆実験に“完全成功”した。これまでになく大きい威力」とドヤ顔で発表した。

 北朝鮮の核実験は昨年9月9日の建国記念日以来。爆発規模は昨年が10〜30キロトンだったとみられるのに対し、防衛省の試算によると今回は70キロトンと過去最大規模とみられる。水爆は原爆よりも格段に威力が大きく、北朝鮮の技術では困難とされてきた。ただ、今回の爆発規模から水爆と認めざるを得ない状況だ。

 先月、北朝鮮は米領グアム周辺へのミサイル発射計画を公表し、米朝間の緊張は高まったが、北朝鮮がその後、計画を保留。これにトランプ大統領は「金正恩はとても賢くなった」と対話ムードになりかけたが、同29日に事前通告なしに日本上空を通過するミサイルを発射。そしてこの日の核実験と再び緊張の激化は必至だ。

「トランプ大統領にとっては、緊張が高まれば高まるほど好都合。白人至上主義の擁護で支持率がまた下降しているなか、北朝鮮問題で強い指導力を発揮すれば支持率上昇に反転できると考えているフシがある」と軍事関係者。

 米国が北朝鮮攻撃に踏み切る際、障害となるのが中国だ。中朝国境線沿いには人民解放軍が展開しており、半島有事の際には北朝鮮領内になだれ込み、場合によっては米中間での衝突にもなりかねないが、米国はその対策へ向け、布石を打っているという。

 中国とインドの間では国境地帯の境界を巡って、6月から中国とブータンの係争地域であるドクラム高地で、両軍にらみ合いの一触即発状態が続いた。事態は収束へ向かっているが、国境紛争の火ダネが消えたわけではない。

 拓殖大学客員研究員で元韓国国防省北朝鮮分析官の高永チョル氏はこう指摘する。「1962年の中印戦争以来の全面衝突ともなれば、中国軍は西南部に軍力を集中させ、中朝国境地域が空白状況になるため、米が北朝鮮に空爆しやすくなる。中印の緊張状態の裏にCIA(米中央情報局)が暗躍しているといわれています」

 トランプ氏の参謀だったスティーブン・バノン首席戦略官(63)が先月、更迭されたのも今後の判断に迷いをなくす。極右主義といわれたバノン氏だが、北朝鮮への軍事的行動には反対を主張。クビになったのも北朝鮮攻撃に傾いているトランプ大統領に苦言を呈したのが一因とされる。

 トランプ大統領は3日、ツイッターで「米国にとって非常に敵対的で危険だ」「韓国の対話路線は効果がない。北朝鮮を分からせる手は一つしかない」と投稿。9日の建国記念日前後にはさらなる北朝鮮の挑発行為が予想される。予測不可能な“トランプ砲”が炸裂するXデーは刻一刻と近づいている。
カミカゼニュースブログ 検索
ギャラリー
  • 2017 カミカゼ ニュースまとめ
  • サイバーエージェントの手により「R25」がWebメディア「新R25」として復活
  • 週刊文春「好きな芸人」「嫌いな芸人」アンケート結果発表!
  • 週刊文春「好きな芸人」「嫌いな芸人」アンケート結果発表!
  • 週刊文春「好きな芸人」「嫌いな芸人」アンケート結果発表!
  • ドバイでしょうゆ「禁止」 想定外のその理由…当局の不可思議な対応 スーパーでは今も普通に販売
カミカゼについて
カミカゼ ニュースブログでは、その日のホットな話題を紹介しています。日別に過去分も読むことができますので読み逃しがありません。スマホ、ケータイにも対応。