カミカゼ ニュースブログ

カミカゼ ニュースブログは世の中で起こった最新ニュースを掲載していきます

カミカゼ ニュースブログ

パナソニック

パナソニック「宅配ボックス実証実験」結果を報告--再配達率が49%から8%に減少

パナソニック「宅配ボックス実証実験」結果を報告--再配達率が49%から8%に減少

パナソニックは6月8日、2016年11月に開始した「宅配ボックス実証実験」の最終結果報告を発表した。再配達率が49%から4ヶ月平均で8%に減少したという。

 宅配ボックス実証実験は、福井県あわら市に住む共働き世帯を対象に実施。モニターになる106世帯に12月1日〜2017年3月31日の4カ月間、宅配ボックスを設置した。

 それによると、宅配ボックス設置により再配達率が49%から4ヶ月平均で8%に減少し、宅配業者の労働削減時間想定値は、222.9時間。1013回の再配達回数が削減できたとしている。

 宅配ボックスが稼動しなかった理由としては、「冷蔵・冷凍」、「大きすぎて入らなかった」などが挙げられた。

 パナソニックでは「繁忙期のみならず、約半年間にわたっての定点観測においても再配達率8%という劇的な結果が出たことにおいて、再配達解消の一つの商材であることが実証できたと考えている」とコメントしている。

 あわら市では今後、全国に先駆けて宅配ボックスの設置費用の一部を助成する補助制度を創設する。

パナ、PC向けバッテリー28万個リコール

パナ、PC向けバッテリー28万個リコール

パナソニックは16日、発火の恐れがあるタブレット型パソコン向けのバッテリーパック27万9346個を、国内外でリコール(回収・無償交換)すると発表した。

 対象は、2013年3月〜17年3月に製造された法人向けタブレット型パソコン「FZ―G1シリーズ」のバッテリーパックで、予備や交換用も含む。国内分は約2万9000個で、ほぼ全てを業務用として販売した。

 15年3月以降、日本や欧米、豪州で発火事故が計16件あったが、けが人はいないという。製造工程で異物が混入したことなどが原因としている。

 対象製品は、パソコン本体の品番が「FZ―G1」で始まり、次の1文字がA、B、C、F、J、K、L、M、Nのいずれか。平日午前9時〜午後5時にフリーダイヤル(0120・870・163)で問い合わせを受け付ける。

パナソニック「一体化」試金石 エアコン北米市場参入

パナソニック「一体化」試金石 エアコン北米市場参入

パナソニックがエアコンの「空白地」だった北米でも試験販売を始めることで、エアコンの世界展開を本格化させる。三洋電機との協業が進出の後押しとなり、海外展開にはずみがついた形となった。パナソニックグループが目標に掲げる2012年度の海外売上比率55%達成に向け、完全子会社化する三洋と一体で海外進出を加速させる。

 「売っていない国の方が少ないが、北米はまだだった」とパナソニック幹部。同社の家庭用エアコン事業は、中国市場を中心に欧州やロシア、ナイジェリアなどアフリカにも拡大。海外売上比率は6割を超え、白物を代表するグローバル商品になっているが、北米は残された地域だった。

 北米市場での日本メーカーは、三洋やダイキン工業、三菱電機などが業務用を中心に参入しているものの、空調方式の違いや販売網整備の難しさからシェアは低い。日本と同様の空調方式が主流のアジアや欧州での市場の伸びが大きいため、日本メーカーは両地域での販売を強化している。

 しかし、金額ベースでは北米は世界最大の市場で、メーカーにとって無視できない。ダイキンは過去2回の撤退を経て、2007年にマレーシアの空調メーカー、OYLインダストリーズと傘下の米マッケイ・インターナショナルを買収し、北米で「3度目の正直」を狙う。10年度の北米・南米での売り上げ目標は前年比16%増に設定した。

 北米で主流の室内機と室外機が一体のダクト式は工事費がかさむため、「リーマン・ショック以降、他の方式の商品が増えている」(日本冷凍空調工業会)といい、日本メーカーにとって追い風といえる状況も出ている。三菱電機は「北米で日本方式のシェアは小さいが、新興国に比べ単価が高いので売り上げが1%伸びるだけでも大きい」と話す。

 三洋は世界最大の空調メーカー、米キャリア社と業務提携するなど、米国内で一定の足場を持つ。今回の協業が軌道にのれば、パナソニック、三洋の「一体化」を目指す先行事例の一つとなりそうだ。
カミカゼニュースブログ 検索
ギャラリー
  • 2017 カミカゼ ニュースまとめ
  • サイバーエージェントの手により「R25」がWebメディア「新R25」として復活
  • 週刊文春「好きな芸人」「嫌いな芸人」アンケート結果発表!
  • 週刊文春「好きな芸人」「嫌いな芸人」アンケート結果発表!
  • 週刊文春「好きな芸人」「嫌いな芸人」アンケート結果発表!
  • ドバイでしょうゆ「禁止」 想定外のその理由…当局の不可思議な対応 スーパーでは今も普通に販売
カミカゼについて
カミカゼ ニュースブログでは、その日のホットな話題を紹介しています。日別に過去分も読むことができますので読み逃しがありません。スマホ、ケータイにも対応。