カミカゼ ニュースブログ

カミカゼ ニュースブログは世の中で起こった最新ニュースを掲載していきます
毛ガニ通販

ビートたけし

27時間テレビの脱お笑い 理由は「マンネリ、ネタ行き詰まり」新取締役が明かす

27時間テレビの脱お笑い 理由は「マンネリ、ネタ行き詰まり」新取締役が明かす

フジテレビの定例社長会見が7日、東京・台場の同局で開かれ、亀山千広前社長に代わり、6月28日に新社長に就任した宮内正喜氏が初の定例会見を行った。同局が年1回、夏に放送している「27時間テレビ」が今年は9月放送に、テーマもお笑いメーンから日本の歴史に変更して放送することについて、担当の石原隆新取締役が説明。これまでのテーマに「マンネリ化、ネタとして行き詰まっているのではないか」という意見があったことが一因だとした。

日本テレビの「24時間テレビ」に対するパロディー的要素を含み、1987年に「FNSテレビ夢列島」として24時間以上放送する生バラエティーをスタートさせた。以来、放送時間やテーマに若干の変遷はあるものの、基本的にはお笑いを軸に放送してきたが、今年のテーマは「日本の歴史」と大きくモデルチェンジ。総合司会こそ、ビートたけしが務めるが、学びの要素が強まった。

 この点について石原取締役は「去年までの放送を見まして、ちょっとマンネリ化といいますか、ネタとして行き詰まっているのではないかという議論が社内でございました」と明かした。ただ、27時間という放送時間は維持すべきという結論になり、ボリューム面も考慮し、ふさわしい題材に「歴史」が上がった。

 その上で、「フジテレビ流に小難しくなく、27時間をつかって日本の歴史を見ることに価値があるのではないかとなりました。思い切ってテーマをシフトし、真夏というより秋に近い、学問の秋といいますか、じっくり見られる季節にした方がいいのではないかということで、そうなりました」とフジテレビらしく、面白おかしい要素は残すとした。また、近年の27時間テレビで恒例となっている深夜のトークパート、明石家さんまと中居正広による「さんま・中居の今夜も眠れない」の放送については「結論が出ていません」とした。

ビートたけし 27時間テレビMCのギャラは、安く見積もってもウン千万

ビートたけし 27時間テレビMCのギャラは、安く見積もってもウン千万

毎週月曜日18時〜放送のゴシップ情報番組『ゴシップジェネレーション』(AbemaTV)の12日放送回に、モデルのレイモンド愛華(14)が初登場。那須泰斗(17)、佐藤ノア(19)らとともに、芸能リポーターの長谷川まさ子(54)&あべかすみ(57)から、“まだ世に出ていない速報ゴシップ”を聞き出した。

同番組は、MCを俳優の南圭介(31)、番組兄貴分としてお笑いコンビ・うしろシティの金子学(36)と阿諏訪泰義(34)が務め、芸能界のゴシップが好きな若者たち(「ゴシップジェネレーション」、略して「ゴシジェネ」)が、芸能リポーターたちに根掘り葉掘り質問をぶつけるのが見どころの一つになっている。

■27時間テレビMC・ビートたけしのギャラは?

「ズバリ出します! 芸能人の推定収入 大公開」コーナーでは、フジテレビの9月に放送される27時間テレビのMCに決まったビートたけしのギャラに興味津々。「2億?」「5000万!」などという声があがるなか、長谷川氏は「5000万円」と推測。その根拠を解説した。

「ビートたけしさんは、CM出演料が1本1億円と言われていまして、たぶんテレビのバラエティ番組で1本500万から600万円。いつも27時間テレビのワンコーナーには出ているんですけれども、そのときで500万から600万。今回安く見積もっていて、5000万円よりちょっと上くらいになりそう」(長谷川氏)

レイモンドは、「5000万円あったら何ができるんやろ……」と絶句。そんなレイモンドたちに、長谷川氏は、“ちなみに”として、「24時間テレビの初代司会者は、萩本欽一さんなんですね。欽ちゃんは最初、オファーをずーっと断り続けて、結果的にギャラは1億になったんですが、24時間テレビってチャリティーですよね。萩本さんはその1億をそのまま寄付したんです。自分は一銭も受け取らずに寄付した。これ、事務所の後輩芸人さんが話していたことなので、真実です」というネタを披露。ゴシジェネたちは「かっこいい!!!!」と絶賛だった。

太田光がビートたけしの前で爆弾発言「講談社だったら消火器で殴られてる」

太田光がビートたけしの前で爆弾発言「講談社だったら消火器で殴られてる」

5日放送の「世界まる見え!テレビ特捜部 2時間SP」(日本テレビ系)で、爆笑問題の太田光が、ビートたけしの過去の不祥事をめぐる爆弾発言をする一幕があった。

番組では、太田らゲストがトークする中、ロッチの中岡創一が以前フィリピンで警察と組んでマフィアのアジトに乗り込んだ命がけのロケの顛末を語った。

中岡の話が終わると、唐突に太田が「それが講談社だったら消火器で殴られてるよ」とコメントする。「講談社」「消火器」といえば、1986年にたけしとたけし軍団が講談社の写真週刊誌「フライデー」の編集部に乗り込み、消火器を振り回して暴れるといった事件を起こしている。

所は「君!よく隣に人(ビートたけし)がいて言えるね!」と太田にツッコミを入れた。太田と所の掛け合いに、たけしは「こんな話をね。テレビで放映するわけないだろ」と指摘。当の太田は手を叩いて爆笑していたのだった。
カミカゼニュースブログ 検索
ギャラリー
  • 2017 カミカゼ ニュースまとめ
  • 加賀の新名物は「カニごはん」と「パフェ」
  • 岡山元同僚女性バラバラ殺人事件 住田紘一
  • スナックママ連続殺人 西川正勝 旧姓・金田正勝
  • スナックママ連続殺人 西川正勝 旧姓・金田正勝
  • 夕刊フジ編集長「豊洲移転問題に『仰天プラン』が浮上」
カミカゼについて
カミカゼ ニュースブログでは、その日のホットな話題を紹介しています。日別に過去分も読むことができますので読み逃しがありません★安心。スマホ、ケータイにも対応しています★便利