カミカゼニュース

不倫

宮迫、主婦層中心に「見たくない」という声も CM契約、ゲスト出演見送り…風向き変わった舞台裏

宮迫、主婦層中心に「見たくない」という声も CM契約、ゲスト出演見送り…風向き変わった舞台裏

「『週刊文春』で2人の女性とホテル密会を楽しんでいたことをスクープされた雨上がり決死隊の宮迫博之さん(47)ですが、自身がMCを務める『バイキング』(フジテレビ系)で生謝罪し、“一線は越えてない”ことを強調したことで、事態は簡単に収束するかと思われていたんですが、どうもそうはいかなくなってきたようです」

 こう話すのはテレビ局員だ。宮迫というと、レギュラー8本、CM2本を抱える売れっ子で、当初は仕事にはあまり影響がないという見方が多かったという。

 「ところが、大手保険会社『アフラック』がCM契約を解除したと伝えられたことで風向きが変わってきました。22日放送の『火曜サプライズ』(日本テレビ系)のゲスト出演も見送られ、テレビ出演への影響も出てきました。

 相次ぐ不倫騒動に加え、お笑い芸人だから大丈夫だろうと、業界関係者らは少々鈍感になってしまっていましたが、主婦層などを中心に視聴者からは見たくないという声もあがっています」(前出・テレビ局員)

 25日放送のテレビ朝日系「ミュージックステーション2時間SP」で友近(44)の“友人”演歌歌手、水谷千重子と新曲デュエットソングを披露した宮迫だが、まだまだほとぼりが冷める日は遠そうだ。

不倫疑惑の宮迫博之が番組降板の大ピンチ! 色めき立つ中堅芸人たち「空いた席に……」

不倫疑惑の宮迫博之が番組降板の大ピンチ! 色めき立つ中堅芸人たち「空いた席に……」

大ピンチを切り抜けられるのか!?

 8月9日発売の「週刊文春」(文藝春秋)で、モデル小山ひかると、30代の美容系ライターとの連続不倫疑惑を報じられた雨上がり決死隊の宮迫博之が11日、金曜MCを務める『バイキング』(フジテレビ系)に生出演。

「もしかしたら(性行為が)できるかもと魔が差しまくった。でも『このご時世にダメですよね』と断られて、ふて寝したというのが3回続いた」と語り、下心があったことは認めつつ、一線を越えたことについては、「本当にそれはない。ただ向こうが断っただけで、誘った時点で同罪です」と頭を下げた。

「文春からの直撃を受けた際におちゃらけた態度を取っていた宮迫ですが、現場を収めた動画もあったようで、逃げ切れないと観念。今や世間は“不倫=犯罪”という風潮になっていて、宮迫が出演している番組やCMクライアントに『不倫を認めているのか』などと視聴者からの抗議が殺到しているとか。実際、いくつかの番組では、『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)のように、司会を交代制にすることも検討中だといいます」(週刊誌記者)

こうした宮迫の窮状に色めき立っているのが中堅芸人たち。不倫疑惑の宮迫博之

「フットボールアワー、千鳥、博多華丸大吉、ザキヤマらが宮迫の空いた席に飛び込もうと鼻息を荒くしているといいます。今回は“未遂”で乗り切ろうとしている宮迫ですが、実は過去に関係を持ったことのある女性が週刊誌に一部始終を告白するとの話もあるんです。それが飛び出したら、番組降板を余儀なくされる可能性は十分あり得ますよ」(同)

 ネット上では、宮迫の釈明を真に受けている人はほぼ皆無。さらなる報道で“真実”が暴かれるのだろうか。

小山ひかる、宮迫博之との不倫疑惑騒動を謝罪

小山ひかる、宮迫博之との不倫疑惑騒動を謝罪

雨上がり決死隊の宮迫博之(47)との不倫疑惑を報じられたモデルの小山ひかる(26)が、騒動を謝罪した。

小山は9日発売の「週刊文春」で、先月14日と21日に宮迫と高級ホテルに宿泊した模様を報じられた。12日にツイッターで「今回の騒動に関しまして、誤解を招くようなことがあり、ご迷惑とご心配をおかけして本当に申し訳ありませんでした」と謝罪した。

 一方の宮迫は11日放送のフジテレビ系「バイキング」に生出演し、小山を含む2人の女性との不倫疑惑について「もしかしたら(性行為が)できるかもと魔が差しまくった。でも『このご時世にだめですよね』と断られて、ふて寝したというのが3回続いた」と釈明。下心があったことは認めつつ、一線を越えたことについては「本当にそれはない。ただ向こうが断っただけで、誘った時点で同罪です」と頭を下げ、2人とは今後会わないと誓った。
カミカゼニュース 検索
カミカゼ ギャラリー
  • 2017 カミカゼ ニュースまとめ
  • 「イチロー×アインシュタイン」の弟子志願者に困惑  ビートたけしの大正論
  • 進次郎氏が角栄と重ねて見られるのは政治状況が似ているからか
  • トヨタ「JPNタクシー」デビュー1か月、その評判は? 「これタクシー!?」の声も
  • トヨタ「JPNタクシー」デビュー1か月、その評判は? 「これタクシー!?」の声も
  • NHK受信料の支払い義務は「合憲」、最高裁が判決