カミカゼ ニュースブログ

カミカゼ ニュースブログは世の中で起こった最新ニュースを掲載していきます
毛ガニ通販

北海道

“祖母“はなぜ埋められた? 周囲が気付いていた男たちの“異変“ 北海道

“祖母“はなぜ埋められた? 周囲が気付いていた男たちの“異変“ 北海道

5月28日、北海道砂川市の山林で83歳の女性が遺体で見つかった事件。遺体発見から8日、UHBは別の窃盗事件で逮捕された男の父親らを取材。“独自証言“で浮かび上がる事件の背景とは。

 街に貼られた“未帰宅高齢者“を捜す張り紙。女性は5月20日に行方不明となり、8日後に変わり果てた姿で見つかりました。

 上空リポ:「山道の脇に、うっそうとした森の中にブルーシートが見えます」

 5月28日、砂川市の山林の土の中で、遺体で発見された滝川市の無職、佐々木けい子さん(83)。上半身には複数の打撲痕があり、警察は殺人の疑いも視野に、死体遺棄事件として捜査を始めました。

「孫に小遣いあげて…かわいがっていた」

佐々木さんの自宅近所の人:「子どもを連れて外出したら『かわいいね』って感じで言ってくれたり…。『まるで自分の孫の小さいころを思い出した』と言っていたのが印象的だった」

 普段は、孫にお小遣いをあげて、かわいがっていたという佐々木さん。しかし…。

 「遺体を埋めた」。

 皮肉にも、事件発覚のきっかけは、佐々木さんの孫らの供述だったのです。

 窃盗の疑いで逮捕されたのは、佐々木さんの孫にあたる29歳の男と、そのいとこにあたる20歳と23歳の男2人の計3人。佐々木さんのキャッシュカードを使用し、現金50万円を引き出した疑いがもたれています。

 23歳男の同僚(取材メモより)「ここ最近になってお金に関して太っ腹になっていた。おごるやつじゃないのに『飯おごるよ』とか言ったりしていた」

 佐々木さんと孫たちの間に一体、何があったのか。関係者がUHBの記者に明かした“異変“とは―

検証 自宅から遺体発見現場までの“道程“

記者「Q. 最後に見たのは? 」

 自宅近所の人:「(5月)8日か9日。自転車で買い物に行くところ。わたしは買い物で帰りで出会った」

 佐々木さんが最後に目撃されたのは、5月10日の自宅前。

 さらに新聞販売店などによると、自宅の郵便受けには5月14日の朝刊から新聞がたまっていました。

 いつもは、その日のうちに取り込まれていたことなどから5月10日〜14日の間に、事件に巻き込まれた可能性があるとみられています。

 佐々木さんが死亡した場所は、まだわかっていませんが、佐々木さんの自宅から遺棄現場までは直線距離で、約4キロです。

 佐々木さんの自宅から、遺体の遺棄現場までの“道のり“を検証してみると…。

 記者;「10分ほど過ぎました。周囲の建物がほとんどなくなってきました」

 田園地帯を抜けると、100メートルほど急こう配の山道が続きます。約13分で現場に到着しました。

 周囲は山林に囲まれています。さらに…。

 記者:「膝丈ほどのガードレールを越えたこの先の森林の中に、遺体が発見された現場がありますが、かなりきつい斜面になっています。このような場所で遺体を運んだと考えると、犯行は難しかったとみられます」

 事件の発覚を恐れたのか…。遺体は、人目がつかない場所の、さらに奥の方に埋められていました。

「一人で行けるような場所じゃない」

遺体発見現場の近所の人:「(現場は)山菜取りの人か、道を覚えてる人がたまに歩くぐらい。大きな車が通ることは、ほぼない」

 遺体発見現場の近所の人:「いやー、全然誰も通らないよ。誰も会うこともないし。でも悪い人は行くかな。とてもじゃないけど、一人で行けるような場所じゃない。特に夜なんか」

 地元でも「土地勘」がある人しか通らないという道。定点カメラを設置し、実際にどれだけ車が通るのか、調べてみました。

 1時間の間に通ったのは、日中にも関わらず、“たった1台“の車だけでした。さらに、夜になると…

 記者:「ガードレールの向こう側が遺棄現場。明かりを消すと、暗くてほとんど見えない」

 辺りを照らす街灯がまったくない現場では、道路を外れた林の視界は、ほぼ“ゼロ“です。

 仮に犯行が夜間だった場合、日中よりもさらに人目につきにくかったと考えられています。

 窃盗容疑で逮捕された男のうち1人は、「1人で遺体を埋めた」と供述。一方、警察は、男らが使っていた複数台の車を押収し、ほかの2人も死体遺棄に関わったとみて調べています。

物静かで優しい…近所の人が知る佐々木さん

夫を数年前に亡くしてからは、遺体発見現場に隣接する滝川市内の一軒家で、一人暮らしをしていた佐々木さん。趣味は家庭菜園でした。

 自宅近所の人:「うちでブドウを作っていた。その時に(佐々木さんが)ブドウが好きだと話していたので、ブドウをちょっとあげたら、そしたらアスパラいただいたり」

 記者:「Q, 出来栄えは? 」

 自宅近所の人:「上手ですよ」

 近所では、物静かで優しい人柄で知られていました。

 自宅近所の人:「町内会費を集めに行ったとき、自分は風邪ひいていたのさ。そしたら『風邪ひいたんだったらね、ひどかったら、電話よこしなさいよ。一人なんだからね』って。そんなこと言ってくれてね」

 自宅近所の人:「子どもを連れて外出したら『かわいいね』って感じで言ってくれたり。『まるで自分の孫の小さいころを思い出した』と言っていたのが印象的だった。こんなことになると思ってなかったから、かわいそうで何と言っていいか言葉にならない」

 自宅近所の人:「お孫さんみたいな人が、屋根の雪下ろしに来ていたのは見ています」

 佐々木さんの親族によりますと、佐々木さんは窃盗の疑いで逮捕された29歳の孫に、普段からお小遣いをあげるなどして、かわいがっていたといいます。

 佐々木さんと3人の間に何があったのか? 。

 窃盗の疑いで逮捕されている佐々木さんの孫で29歳の男の父親が、苦しい胸の内を明かしてくれました。

 父親のコメント:「被害に遭われた佐々木けい子さまへも、心より、ご冥福をお祈り申し上げますととともに、おわび申し上げます」

 「逮捕された3人とも、幼少のころより素直で明るく、このような事件にかかわるとはまったく信じがたく…。誰が何のために何をしたのかわからず、ただただ驚き、悲しみと疑問を感じるのみで、言葉として表せられることができない状況にあります」

金への執着…周囲が気付く“異変“

さらに、周囲の人たちの評判も…。窃盗容疑で逮捕された、23歳の男については…。

 23歳男の知人:「(23歳の男は)明るくて優しい人でしたし、人当りのいい感じでしたね。人の話も“うのみ“にせず、自分の考えを持っていた」

 「まさかと思いましたね、そんなやる感じではなかったんで、誰かと“けんか“をした話も一切聞いていないし」

 記者;「Q.お金に困った話は? 」

 「聞いたことはないですね。仕事をさぼった話も聞かなかったですね」

 金にも困った様子がなかったという23歳の男。一方で、取材を進めると、事件が起きたとされる5月10日以降、“ある変化“が起きていたといいます。男と同じ職場で働く同僚ら複数の人間は…。

 逮捕された男の知人:「いとこ(29歳の男)にFX(外国為替の取引)を勧められて。『絶対もうかるらしい』と言っていた。『どこかの大学の教授もそう言っているらしい』、と言っていた。これで金がたまるようになると話していた」

 「いい“もうけ話“があると話していた、そんな、うまい話があるわけないでしょ、といっていたがその後、このような事態になってしまった」

 急に、金に執着するような話をし始めたという23歳の男。さらに…。

 逮捕された男の知人:「ここ最近になって金に関して太っ腹になり、おごるやつじゃないのに『飯おごるよ』とか言ったりしていた」

 複数の関係者によると、佐々木さんの自宅からは、通帳や印鑑などがなくなっていました。窃盗容疑で逮捕された1人は調べに「お金がなくて犯行に及んだ」と供述しています。

 警察は引き続き、窃盗の疑いで逮捕された男3人と、死体遺棄事件との関連を慎重に調べています。

北海道が中国の“北海省”になる日も遠くない? 事態は逼迫

北海道が中国の“北海省”になる日も遠くない? 事態は逼迫

昨年1年間で外国資本に買われた森林は実に“東京ディズニーランド15個分”──4月28日、農林水産省が発表した調査結果が永田町や霞が関に衝撃を走らせている。

 同省が森林法に基づく市町村等への届け出情報などから全国の森林の土地所有者を調査したところ、昨年1年間で202ヘクタールもの土地が所在地を海外に構える外国資本によって買収されたことが判明したのだ。

 前年の同67ヘクタールと比べると3倍もの伸びを示し、調査を始めてから最大となった。かねて取り沙汰されてきた海外からの土地買収攻勢が、急激に拡大していることを窺わせる。

 国内に拠点を持つ外資系企業による買収事例も含めると、外国資本による買収面積は777ヘクタールに及ぶ。東京ディズニーランド(51ヘクタール)15個分にも相当する広大な土地が、わずか1年の間に外国資本に買い占められていたのだ。

 注目すべきは買収された森林のほとんどが北海道にあること、そして香港・台湾を含む中国系の土地取得者による買収面積が81%にものぼる点だ。中国資本が日本の土地を易々と手に入れることができる背景として「法制度の不備」を指摘するのは丸山穂高・衆院議員(日本維新の会)だ。

「海外資本から国土を守る法制度は事実上ないに等しいのが現状です。だからこそ、今の森林法を改正して山林などの売買を事前届け出制にすることを求め、改正案の提出準備を進めている最中です。

 農地、水源地など広大な土地を外国資本が買う動きを見せた際にきちんと審査に掛けて、場合によっては取引を規制できるようにするべきです。仮に問題のある取引であることが判明すれば、既に買われてしまった土地でも国が収用できるようにもすべきと考えます。国土を守ることと安全保障は密接にリンクするため、早急に国会での議論を始めたい」

 が、なかには中国との繋がりが一見すると分からない企業もあり、自治体側も対応に手を焼いている。北海道沙流郡の自治体関係者の話だ。

「地元で数百ヘクタール以上の農地がある企業に買われた後、2年以上更地になったままの土地があります。買収企業の経営者は日本人ですが、中国企業との取引だけで成り立っているような会社。実質、中国企業による農地買収だったと見られていますが、規制を掛ける根拠もなければ、自治体側に当該企業の経営実態を調べる能力もない。目の前で広大な土地が右から左に売り渡されるのを見るほかないのが現実です」

 中国資本による道内の土地買収等の動きを長年調査している元北海道議の小野寺秀氏がこう憂慮する。

「このまま道内の農地や水源地が中国資本に押さえられれば『食の安全保障』は崩壊します。万が一、世界的な食糧危機に見舞われた際、中国資本の土地で作られた“北海道産”の農産物が日本を飛び越え、中国に直接輸出される可能性もあります。

 それを阻止する法制度はなく、中国による侵食が続けば、北海道が中国の“北海省”になる日も遠くないかもしれない。それほど事態は逼迫していると考えています」

遺体の身元判明 孫含む3人、殺害に関与か

遺体の身元判明 孫含む3人、殺害に関与か

北海道砂川市の山林で28日、土の中から女性の遺体が見つかった事件で、遺体は、北海道滝川市に住む女性であることがわかった。

 28日、砂川市空知太の山林で土に埋められた高齢女性の遺体が見つかった。警察によるDNA鑑定の結果、遺体は、発見現場に近い滝川市幸町の佐々木けい子さん(83)と判明した。死因は外傷性ショックだった。

 佐々木さんは、別の窃盗事件で、孫を含む男3人に口座から現金50万円を盗まれたとみられていて、3人はすでに窃盗の疑いで逮捕されている。

 警察は、孫を含む3人が佐々木さんの殺害に関わっている可能性もあるとみて慎重に捜査を進めている。
カミカゼニュースブログ 検索
ギャラリー
  • 2017 カミカゼ ニュースまとめ
  • 加賀の新名物は「カニごはん」と「パフェ」
  • 岡山元同僚女性バラバラ殺人事件 住田紘一
  • スナックママ連続殺人 西川正勝 旧姓・金田正勝
  • スナックママ連続殺人 西川正勝 旧姓・金田正勝
  • 夕刊フジ編集長「豊洲移転問題に『仰天プラン』が浮上」
カミカゼについて
カミカゼ ニュースブログでは、その日のホットな話題を紹介しています。日別に過去分も読むことができますので読み逃しがありません★安心。スマホ、ケータイにも対応しています★便利