カミカゼ ニュースブログ

カミカゼ ニュースブログは世の中で起こった最新ニュースを掲載していきます

カミカゼ ニュースブログ

北海道

元スノボ選手が大麻“栽培”「晩酌代わりに吸った」

元スノボ選手が大麻“栽培”「晩酌代わりに吸った」

大麻や麻薬を所持していたとして元スノーボード選手の男が逮捕・起訴されました。

 北海道倶知安町の自営業・石井慶被告(51)は、乾燥大麻や麻薬を所持していた大麻取締法違反などの罪に問われています。また、自宅で大麻を栽培した疑いで逮捕されました。約7年前から大麻を栽培していたとみられ、自宅から250万円相当の大麻が押収されました。石井被告はフリースタイルの元スノーボード選手で、公式審判なども務めていました。「リラックスするためだった。晩酌代わりに寝る前に吸っていた」と話しています。大麻の量が多いことから、北海道厚生局麻薬取締部は譲り先などがなかったか調べを進めています。

「本屋さん」北海道走る=書店ない地域、ワゴン車で

「本屋さん」北海道走る=書店ない地域、ワゴン車で

インターネット通販の影響などで、全国的に書店の数が減少している中、書店のない自治体が約3割とされる北海道を、約800冊の本を詰め込んだワゴン車が走っている。

「走る本屋さん」という名で始まった事業が、本が少ない環境の改善に一役買っている。

 運営しているのは一般社団法人「北海道ブックシェアリング」。販売だけにとどまらず、書店がなく図書館の整備も不十分な自治体の住民から、読書環境の改善に向けたニーズや課題を聞いて回っている。昨年4月以降、道内6町村を計20回以上訪れた。

 書店調査会社「アルメディア」によると、北海道の書店数は2000年の1006店舗から約4割減り626店舗(今年5月現在)。出版取次会社「トーハン」の調査では、道内188市区町村のうち約3割に当たる58の地域(7月現在)に書店がない。また、文部科学省が昨年発表した調査結果によると、学校図書館の標準冊数を達成したのは道内の公立小学校1052校のうち約35%の370校だった。

 書店がない自治体の一つの妹背牛町では8月6日、夏祭り会場で「走る本屋さん」が開かれた。友達3人と訪れた妹背牛小4年の関吉菜乃さん(9)は今回が2回目の「来店」。毎日本を読むといい、近隣の町の書店に親に車でよく連れて行ってもらう。「図書館には表紙の破れた本も多い。近くに本屋があったらうれしい」と笑顔で話した。

 会場にいた谷口亜由美さん(30)と娘(2)の住む秩父別町にも書店はない。本はネットで買うことが多いという。「絵本は子供と手に取って選びたい。赤ちゃんがいて車の運転が大変な人には特に便利かも」と話した。

 ブックシェアリングの荒井宏明代表(54)はこれまで、「図書館に読みたい本がない」という小学生や「小説だけでなく実用書も読みたい」という高齢者らの声を聞いてきた。「走る本屋」は11月で終了する予定だが、今後も「本を買いたいのに買えない人のニーズに耳を傾け、(読書環境を整備する活動を)息長くやっていきたい」と強調した。

ヒョウ柄の巨大外来ナメクジ、北海道で生息域が急拡大 農作物の食害の恐れも

ヒョウ柄の巨大外来ナメクジ、北海道で生息域が急拡大 農作物の食害の恐れも

体長が最大15センチにも達する巨大な外来ナメクジが、北海道で猛烈な勢いで生息域を拡大していることが、北海道大などの調査で分かった。鮮やかなヒョウ柄の模様が特徴の「マダラコウラナメクジ」で、このまま繁殖が続けば農作物への食害が懸念される。

 ■2006年に国内侵入

 マダラコウラナメクジは体長10〜15センチの巨大ナメクジ。北欧が原産で北米、南米、豪州、南アフリカなど世界中に分布を拡大中だ。日本では2006年に茨城県土浦市で初めて発見された。輸入された観葉植物の鉢などに付着していたのではないかとみられている。

 生息域は長野県や福島県にも拡大。北海道では札幌市中央区の円山公園で12年に初めて発見された。その後も札幌市周辺で目撃が相次いだため、研究チームは16年、道内の分布状況調査に乗り出した。

 研究チームは地元の新聞やテレビなどを通じて、一般市民に目撃情報の提供を呼びかけた。その結果、約40件の情報が寄せられ、情報提供者が撮影した画像や日付を確認したところ、発見から5年間で生息域が急速に拡大していることが判明した。

 ■5年で130キロ移動?

 生息情報の多くは札幌市に近い江別市、岩見沢市、北広島市などに集中していた。だが札幌市の北東85キロの芦別市、南西130キロの八雲町、同110キロの島牧村、同90キロの室蘭市など、遠く離れた地域でも生息が確認された。

 在来ナメクジの移動速度は種類や個体によって差はあるが、一般に分速10センチ程度といわれる。時速に直せば6メートル、年速なら約53キロだ。マダラコウラナメクジの速度も同程度と仮定すると、生息が確認された地域の中で、札幌から最も遠く130キロ離れた八雲町まで、およそ2年半で到着できる計算になる。

 ただ、24時間休みなしで動くのは無理で、一直線の最短距離で移動することなどあり得ないため、実際はこの何十倍もの時間がかかるはずだ。こう考えると、マダラコウラナメクジの生息域拡大のスピードは驚異的過ぎるように見える。

 研究チームの森井悠太・北海道大研究員は「遠方への拡大が早いことには驚いた。自力で到達できる距離ではないので、園芸植物や工事用土木資材などに付着して輸送されたのだろう」と推測している。

 国内の他地域や海外から新たに移入した可能性もあるが、これについての確認はDNA解析など、さらに詳しい研究が必要という。

 ■寄生虫媒介の可能性も

 マダラコウラナメクジは雑食性で落ち葉や草、木の実、小動物の死骸などを食べる。海外では農作物への食害が問題になっており、最初に発見された茨城県内でも、茨城県自然博物館がヒラタケや観葉植物への食害を確認したと報告している。

 このため北海道でも農作物被害が懸念される。北欧原産だけに寒さに強いことから、繁殖しやすい環境かもしれないためだ。

 実際、森井さんが14年に円山公園内でマダラコウラナメクジ2匹を見つけて解剖したところ、「生殖器官が発達し繁殖できる状態だった」。繁殖力は強く、環境さえ整えば1年に何度でも産卵するそうだ。

 繁殖した場合、懸念されるのは食害だけではない。ナメクジは細菌や寄生虫を媒介する。人の脳や脊髄の血管、髄液の中に寄生し、重篤化すると死に至る髄膜脳炎を起こさせる寄生虫「広東住血線虫」を媒介することもあると知られている。マダラコウラナメクジ自体は無毒で、広東住血線虫を媒介した例の報告もないが、もし触ってしまったら念のため、手をよく洗うことが必要だ。

 ■在来大型ヒルが天敵

 今回の調査では、マダラコウラナメクジにも天敵が存在することも判明した。市民からの情報に、在来の大型ヒル「カワカツクガビル」が捕食している写真が含まれていたのだ。

 ミミズを専門に捕食する体長10センチほどの黒色のヒルで、北海道だけに生息する。それが、自分の体より太いマダラコウラナメクジを飲み込んでいた。

 外来種は日本古来の在来種を駆逐することが多いが、やられっぱなしではないらしい。このヒルは、新たな侵入者に対して自身の食性を変えて対応していた。研究チームの中野隆文・日本学術振興会特別研究員は「主食のミミズは豊富なのに、なぜ外来ナメクジを食べたのか。進化生物学的な観点からも非常に興味深い」と話す。

 もしマダラコウラナメクジを見つけたらどうすればいいのか。何か気をつけることはあるのだろうか。中野さんは「むやみに触らない方がいいが、攻撃性もなく恐れる必要はない。通常のナメクジと同様に駆除してかまわない」と話す。

 駆除の具体的方法は、大量に塩をかけて退治することもできるが、土壌の悪化で環境に影響を及ぼす可能性があるため、「踏みつぶしたり切断したりする方が良い」という。

不明の中国人女性と判明=海岸で発見の遺体−北海道・釧路

不明の中国人女性と判明=海岸で発見の遺体−北海道・釧路

 北海道釧路市桂恋の海岸で27日に見つかった遺体は、先月下旬から行方不明になっていた中国福建省の小学校教諭危秋潔さん(26)と判明したことが30日、道警の調べで分かった。

 道警によると、死因は水死で、目立った外傷はなかった。危さんは先月1人で北海道を訪問。同23日昼すぎに釧路市内の商業施設にいたことが確認されていたが、その後の足取りは分かっていなかった。滞在していた札幌市内のゲストハウスには、家族宛てのメモが残されていたという。

ポテトチップス用ジャガイモ、今年は… 主産地十勝で収穫スタート

ポテトチップス用ジャガイモ、今年は… 主産地十勝で収穫スタート

ポテトチップスの原料になる早出し用ジャガイモ「ワセシロ」の収穫が士幌町内で始まった。昨年は長雨や台風で畑が被害に遭った農家も多く、昨年以上の収量に期待が高まっている。

 同町中士幌の小林義信さん(81)の畑では、耕作面積32ヘクタールのうちワセシロ1.2ヘクタールを栽培。27日午前7時から家族ら4人が畑に出て、トラクターに引かれた収穫機でイモを掘り出し選別した。収穫は8月5日ごろまで続く見通し。

 昨年は相次ぐ台風による大雨で畑が浸水したという。小林さんの次男利将さん(46)は「今年は春先に季節外れの雪が降ったり、干ばつが続いたりもしたが、昨年に比べると収量は1割ほど増えると見込んでいる」と話していた。

 農水省によると、加工用のジャガイモの収穫量は、道産が全国の8割。中でも十勝は主産地で、収穫量(2015年)の約80万トンは全国の3割に上る。カルビーが使用する国産ジャガイモの約7割が道産で、このうち半分を十勝産が占めている。

 ただ、不作だった昨年の収穫量は全道が1割減、十勝も減収した。菓子業界は原料不足でポテトチップスの販売を相次ぎ休止したことから、十勝をはじめ今年の収穫量が鍵を握りそうだ。
カミカゼニュースブログ 検索
ギャラリー
  • 2017 カミカゼ ニュースまとめ
  • 拓銀破たん金融危機から20年、メーンバンクがなくなる時
  • 宮地真緒が14年間交際の一般男性と結婚「一生ものの恋になりました」
  • ユニクロを脅かすアマゾンの"超個客主義"
  • 引っ越した後の1週間で3人を殺害か 座間9人遺体
  • 日本人が知らないサウジ王族の「超金満生活」
カミカゼについて
カミカゼ ニュースブログでは、その日のホットな話題を紹介しています。日別に過去分も読むことができますので読み逃しがありません。スマホ、ケータイにも対応。