カミカゼ ニュースブログ

カミカゼ ニュースブログは世の中で起こった最新ニュースを掲載していきます

カミカゼ ニュースブログ

台湾

ラーメン「一蘭」の台湾店、初OPEN前から謝罪騒動 サービスの値段が倍の理由とは

ラーメン「一蘭」の台湾店、初OPEN前から謝罪騒動 サービスの値段が倍の理由とは

6月15日、博多ラーメン「一蘭」が台湾の台北本店で開店する。アメリカと香港に続いて3カ国目の海外出店だが、開店前から謝罪する騒動となっている。

問題になっているのは、一蘭のお土産をある一定の金額で購入した人が優先的に席に案内される「ファストエントリー」。

このサービスは、日本の太宰府参道店、道頓堀店本館と別館でも提供されている。

しかし、日本で1万円の値段が台湾だと約2万2000円(6000元)と倍に設定されており、「高すぎる」「その金額でラーメンを何杯も食べられる」と批判が殺到。

また、台湾大学の教授が「不買運動しようと思わないのか」とFacebookの投稿で問い出したこともあり、台湾では大きく報じられた。

一方で、「待つ時間を考えれば合理的だ」「払いたいなら払えばいいし、払いたくないなら並んで食べればいい」という声も上がっている。

ラーメン「一蘭」の台湾店 「市場調査の不足とサービス内容の説明不足」

この騒動を受けて、一蘭の台湾公式Facebookでは、11日に謝罪文が掲載された。

「台湾と日本の消費文化には差異があって、貨幣を直接換算して定価を設定するのは、確かに妥当ではなかったことをお客様のご意見をいただいてから気づきました」

また、「市場調査の不足とサービス内容の説明不足によって起きてしまった」と説明している。

中央通訊社によると、一蘭の海外広報担当者も12日、報道陣の前で謝罪した。報道陣前で、価格が6000元に設定されているのは「利用者の人数を抑制するため」だと話した。

ラーメン「一蘭」の台湾店 ファストエントリーが始まった理由とは?

サービスが導入された経緯について、一蘭(日本)の広報担当者はBuzzFeed Newsにこう話す。

「すべてのお客様は平等と考えております。有名人・著名人やボディガードを伴う要人の方々にもお並びいただいております」

「しかしお並びの有名人に気づいたファンの方々が殺到し、せっかくお待ちくださっているお客様にもご迷惑をおかけしたことが多々ございました」

お土産を購入しにくる旅行中の客も考慮していると説明する。

「せっかく遠方からお越しいただいたにもかかわらず、行列のため時間の関係上ラーメンをお召し上がりいただくことなく帰られる方も多くいらっしゃる状況でございました。そうしたお客様に対しても、何か喜んでいただけるサービスはないかと検討を重ねておりました」

「行列の混乱を招くことなく、特典として喜んでいただけるサービス」としてファーストエントリーを導入したという。

このサービスについて広報担当は「飛行機のファーストクラスやテーマパークのサービスを参考した」と話す。

ラーメン「一蘭」の台湾店 値段が高いけど…その内容は?

値段が高い分、内容もことなるのだろうか。

日本では、2000円の「博多細麺(ストレート)一蘭特製 赤い秘伝の粉付き」もしくは「一蘭ラーメンちぢれ麺 一蘭特製 赤い秘伝の粉付き」(太宰府参道店のみ)を5箱購入すると、1人が優先案内される。

一方台湾では、約2740円(750元)の「博多細麺(ストレート)一蘭特製 赤い秘伝の粉付き」を8箱購入することによって、2人まで優先的に席へ案内する。

「一旦サービスを導入させていただき、お客様の動向によっては価格、商品を変更させていただく可能性もあります」

また、ファストエントリーだけではなく、メニューも日本の価格と比較すると高いのでは、という声も上がっている。

値段が上がってしまうのは、日本から一部の食材を輸送しているからだと説明する。

「日本で食べていただくのと同じ味を提供させていただきたく、ダシ、赤い秘伝のたれ、スープに関しては、日本から定期的に現地に送っております」

「日本人は本当に行儀が良い!」=大阪のコストコで台湾人が驚き―台湾メディア

「日本人は本当に行儀が良い!」=大阪のコストコで台湾人が驚き―台湾メディア

日本と中国・台湾などは、文化が比較的似通っていると言われるが、それでも実際に訪れてみると自国との微妙な違いに驚かされたりするもの。台湾・自由時報は13日、SNS上に寄せられた日本と台湾のコストコの違いに関する投稿を取り上げた。

米大型スーパー「コストコ」に関する情報を共有するフェイスブックの公開グループ内に掲載された写真が話題になったという。投稿したユーザーは、家族と大阪旅行に出かけた際にコストコに立ち寄ったといい、日本と台湾のコストコの違いについて「試食がたくさんあって、店員さんが『もっともっと』と勧めてきた。これは台湾ではたぶんありえない」と報告した。

また、フードコートで食事をした時には、客が使っているショッピングカートがほかの人の邪魔にならないようきれいに並べられていたことに気付いたそうで、「日本人は本当に行儀が良い」と驚いたという。

この投稿に対して、ネットユーザーからはさまざまなコメントが寄せられている。まず、試食については「日本の(コストコの)試食は超気前がいいよ」といった声がある一方、「台湾のコストコの試食も客が少ない時は気前がいい」といった意見も。

また、ショッピングカートについては、「日本人は本当に秩序をよく守るな」「日本人は本当にルールを守る。『我先に』というのはありえない」と日本の秩序をたたえるコメントが多いが、中には「日本はストレス社会だから。たまに遊びに行くくらいはいいけどね」といった声も寄せられたと記事は伝えている。

マクドナルドや吉野家などのファストフード店は、国・地域によってオリジナルメニューがあったり店内の作りが異なったりする。海外の店舗で自国と異なる点を探すのも、一つの旅の楽しみ方かもしれない。
カミカゼニュースブログ 検索
ギャラリー
  • 2017 カミカゼ ニュースまとめ
  • 拓銀破たん金融危機から20年、メーンバンクがなくなる時
  • 宮地真緒が14年間交際の一般男性と結婚「一生ものの恋になりました」
  • ユニクロを脅かすアマゾンの"超個客主義"
  • 引っ越した後の1週間で3人を殺害か 座間9人遺体
  • 日本人が知らないサウジ王族の「超金満生活」
カミカゼについて
カミカゼ ニュースブログでは、その日のホットな話題を紹介しています。日別に過去分も読むことができますので読み逃しがありません。スマホ、ケータイにも対応。