カミカゼニュース

孫正義

ソフトバンク:資産運用部門創設へ、3000億ドル規模目指す

ソフトバンク:資産運用部門創設へ、3000億ドル規模目指す

ソフトバンクグループの孫正義社長は資産運用事業への進出を計画している。

事情に詳しい関係者によると、同社は資産運用部門を創設するため金融セクターでの買収を模索している。930億ドル(約10兆4600億円)のビジョン・ファンドを取り込み、運用資産は3000億ドル(約33兆7400億円)規模に上る可能性があるという。

ソフトバンクは2月に、代替投資運用会社のフォートレス・インベストメント・グループを33億ドルで買収した。関係者によると、ソフトバンクは以来、従来型の運用会社の買収やKKRのような大手プライベートエクイティ(PE、未公開株)投資会社への出資など、金融セクターへの投資のさまざまな選択肢を検討してきた。計画は非公開だとして関係者が匿名を条件に述べた。

関係者の1人によると、ソフトバンクは向こう4、5年で運用資産を3000億ドル余りとすることを目指している。市場での機会によっては、その金額から大きく増減することになる場合もあると別の関係者が述べた。

ソフトバンクはテクノロジー投資のビジョン・ファンドのほか、フォートレスの400億ドルを運用している。

ソフトバンクの広報担当マシュー・ニコルソン氏はコメントを控えた。

有利子負債15兆円 ソフトバンクの行く末

有利子負債15兆円 ソフトバンクの行く末

■先進技術に関連すれば何でも買う

孫正義社長率いるソフトバンクグループが、海外M&A展開を加速。米子会社で携帯4位のスプリントと同3位のTモバイルUSとの合併交渉を視野に入れて、米携帯市場の再編を主導しようとしている。

同時に米CATV大手のチャーター・コミュケーションズなどとの合併、提携も模索。サウジアラビアなどと共同で発足させた10兆円規模のファンド「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」で、インドのネット通販最大手フリップカートにも出資するなど、まさに世界を巻き込む動きを見せている。

■買収金額はいつも「高い」

そもそもソフトバンク自体が、M&Aを繰り返して成長し、周囲の会社や技術を取り込んで肥大化を続けてきた会社だ。

さまざまな事業に投資しているように見えるが、その狙いは「通信とインターネットの融合」に集約してきた。最近はより将来を見据えており、AIやIoT、ロボットといった先進技術に関連すれば何でも買う、という姿勢のようだ。

その買収金額は、アナリストとして言わせてもらえば、いつも「高い」と思わされるものばかり。孫社長は「将来花開くぶんをプレミアムとして載せている」と言うが、ソフトバンクは買収資金を増資ではなく社債の発行でまかなっているため、15兆円近い有利子負債を抱えている。

■大型のM&Aで失敗は一つもない

一方で、ソフトバンクが保有する上場株式の含み益は16兆円近い。十分帳尻は合わせているとも言え、判断が難しい。

ただ言えることは、孫社長が主導する大型のM&Aで、ここまではっきり失敗したと言えるものは一つもないということ。失敗かと思われたスプリントですら、現在は黒字化し、安定的なキャッシュフローを狙えるところまできた。

孫社長は時代の大きな転換期、言うなればパラダイムシフトを見極め、そのキープレイヤーとなる会社を買ってきた。孫社長自身の先見性がソフトバンクの最大の武器であり、また後継者問題を含めた最大の不安要素とも言えるだろう。
カミカゼニュース 検索
カミカゼ ギャラリー
  • 2017 カミカゼ ニュースまとめ
  • 関 光彦 市川一家4人殺人事件
  • 「イチロー×アインシュタイン」の弟子志願者に困惑  ビートたけしの大正論
  • 進次郎氏が角栄と重ねて見られるのは政治状況が似ているからか
  • トヨタ「JPNタクシー」デビュー1か月、その評判は? 「これタクシー!?」の声も
  • トヨタ「JPNタクシー」デビュー1か月、その評判は? 「これタクシー!?」の声も