カミカゼ ニュースブログ

カミカゼ ニュースブログは世の中で起こった最新ニュースを掲載していきます

カミカゼ ニュースブログ

尾形英紀

尾形英紀死刑囚(33) 死刑囚の真実

尾形英紀死刑囚(33) 死刑囚の真実

plt1007281632004-p2尾形英紀さん(東京拘置所)
熊谷男女4人拉致殺傷事件(2003.8.18)
1977年7月20日生まれ
2007年4月26日 さいたま地裁(飯田喜信)にて死刑判決
2007年7月18日 控訴取下げにより死刑確定

尾形英紀死刑囚(33) 死刑囚の真実

死刑囚の気持ちや考えを聞いてもらえる機会を与えてくれてありがとうございます。
 事件を起こしてから現在に至るまで、考える事や納得のいかない事が数多くありすぎて、それをすべて書いていたのでは、何十枚も書くことになってしまうので簡単に書きます。
 まず、事件についてですが、見張り程度しかしていない共犯が2人います。
 すべて俺のやった事ですが、4人を殺そうとして2人を殺害、2人は殺人未遂の事件です。
 事件当時の俺は、かなりの酒を飲んでいたためと、あまりにも興奮していたので、ほとんど記憶がありません。ただ、あまりにも強烈な印象がある部分だけが、はっきりと記憶に残っています。
 しかし、それでは警察も検事も都合が悪いので、事件当日の行動の大まかな所は、共犯の記憶などを総合して作り、もっとも大事な部分は刑事と検事が作りあげたストーリーが裁判で認められてしまいました。それは最初から殺害の話し合いをしてから殺しに行ったというのですが、全くのウソなのです。
 裁判では、不利になるのは分かっていましたが、殺意を持った事を認め、いつの時点で殺意を持ったかも証言しました。
 実際には暴行している時に被害者が死にそうになった時にはじめて「それなら殺してしまえ」と思ったのです(その時の精神状態では、そのようにしか考えられなかったのです)。それ以前は殺意はもちろん、死ぬ可能性すら考えもしませんでした。
 しかし、検事と刑事の調書にははじめから殺意を持って行動したとなっていました。何でその様な調書になったのかと言うと共犯も証言していますが、共犯2人が事実と違うのは分かっていたけど無理やりにサイン・指印をされ、俺の調書は最後のページのサインがある所以外を差し換えられました。警察と検事はあたり前の様に不正をしているのが現状で、不正をかくすためには裁判の証人尋問で平気でウソをついています。しかも裁判も全くの茶番で検事の言う事をすべて認定してしまいました。
 殺意についての証人尋問で刑事と検事の言っている事がくい違い、苦しまぎれに少しだけ、俺の言っている事が正しいと刑事が証言したにも関わらず、俺の言っている真実は都合が悪いからはじめから聞く気がありませんでした。完全に結果ありきの裁判です。
 一審で2度にわたり精神鑑定を受けました。一度目は裁判所が認定した先生でした。その先生はよく調べてくれ、調書よりも俺の証言の方が信用できると証言してくれました。それは俺の言っている方が精神医学上もふくめ自然であり、しかも俺の証言は自分にとって不利になる事まですべてを言っているからです。その結果、部分的ではあるが(1人目殺害)、責任能力がいちじるしく低下していたと判断されました。
 その為に検事が納得せずに2度目の鑑定となったのです。2度目の先生は検事の推薦した人であり、検事の犬になり下がった人でした。当時の俺の考えなどは1度も聞く事もなく、ただ事件の経過を聞いただけで、すべて検事や刑事の調書を参考に鑑定書を作ったのです。
 はじめからやる気のない鑑定士を採用し、驚くことに裁判では、一度目に真面目にやった先生の鑑定を棄却し、やる気のない検事の犬の鑑定を採用したのです。
 俺は責任を逃れたいのではなく、今の日本の裁判や刑事や検事のやっている事が許せないのです。一般の人は信じないと思うけど、今の刑事は事件のでっちあげも日常的にやっているし、まして調書の改ざんなんてあたり前にやっているのです。だけど無実を訴えても今の裁判では無罪になる事はないし、たとえ無罪を勝ち取っても年月がかかりすぎるから、懲役に行った方が早く出れるので皆、我慢しているのです。俺の殺人などは事実は変わりませんが、事件の内容はかなりでっち上げなのです。だから俺は100%無罪の死刑囚は何人もいると思っています。
 検事の主張ばかり聞く裁判は不公平ですが、一般の人から見れば刑事や検事の言ってる事は無条件で信じられるのだから、来年から始まる裁判員制度では冤罪も今まで以上に多くなると思います。
 事件に関して長くなってしまいましたが、死刑囚が考える死刑制度について、一般市民の考えているものとは違う所もあるかと思うので書かせてもらいます。
 収容者と話す事はありませんが、他の死刑囚を見ると本当に殺人をやった人なのかと疑えるほど普通の人です。俺はぐれ始めてから、ヤクザやその他のアウトローを社会や少年院、刑務所で数多く見てきましたが、それらの人達と比べてもかなり気の弱くおとなしい印象です。きっと心から反省しているので、そう見えるのかもしれませんが、俺はそれだけでなく、本当に普通の人達なのだと思います。
 どの様な事件を起こしたのか知りませんが、色々な理由により精神状態が乱れ、普段ならまともに判断できる事が出来なかっただけなのだと思います。だから、誰にでも死刑囚になる可能性はあると思います。
 自分の気持ちは後で書きますが、本当に心から反省している死刑囚を執行する事で本当に罪を償う事になるのでしょうか? 罪を背負って生きていく事が、本当の意味での償いになるのではないかと思います。日本人の美徳として死者に対して悪く言ったり思ったりしない所がありますが、何か問題を起こしたり、犯罪を犯した後に自殺をする人達に対して、一般の人の中には責任を感じての自殺、アウトローの人の中にはケジメをつけたという考えをする人がいます。本当に自分自身でケジメをつけたと思える人もいるので、すべてを否定はしませんが、俺には、つらい事から逃げただけにしか思えない事のほうが多いと思います。被害者や遺族の感情は自分で犯人を殺したいと思うのが普通だと思います。今は連絡を取っていませんが、両親・姉・元妻との間に二人の娘がいます。俺だって家族が殺されたら犯人を許すことはないし、殺したいと思うのがあたり前です。
 しかし、それでは、やられたらやり返すという俺が生きてきた世界と同じです。死刑という名の殺人を国家権力がやっているにもかかわらず、国民にどんな理由があろうと殺人を禁ずるのはどういうわけだ。世界では色々な所で国家による虐殺があったようだが、それと日本の死刑とどこが違うのか?
日本の法律にのっとり死刑があるように、虐殺のあった国にもその国の法律(権力者)にのって死刑にしただけだろう。
 色々と考えながら書いているので、ちょっと興奮してしまいました。
 死刑囚を助ける活動をしている先生に対して言う事ではないし、やつあたりの様な事を書いてしまったので、書きなおそうとなやみましたが、俺の考えでもあるので、失礼は承知のうえ、このまま続けさせて頂きます。話を戻します。
 俺の考えでは死刑執行しても、遺族は、ほんの少し気がすむか、すまないかの程度で何も変わりませんし、償いにもなりません。
 俺個人の価値観からすれば、死んだほうが楽になれるのだから償いどころか責任逃れでしかありません。死を覚悟している人からすれば、死刑は責任でも償いでも罰ですらなく、つらい生活から逃してくれているだけです。だから俺は一審で弁護人が控訴したのを自分で取り下げたのです。
 死を受け入れるかわりに反省の心をすて、被害者・遺族や自分の家族の事を考えるのをやめました。
 なんて奴だと思うでしょうが、死刑判決で死をもって償えと言うのは、俺にとって反省する必要ないから死ねということです。人は将来があるからこそ、自分の行いを反省し、くり返さないようにするのではないですか。将来のない死刑囚は反省など無意味です。
 もちろん他の死刑囚は日々反省していることと思います。俺は、ただでさえ東拘には人権など全くないし、24時間カメラで監視され独居にいて、執行されるのを待っている中で、事件や遺族・自分の家族の事を考えていたのでは気がおかしくなるし、ストレスだらけで、そんな余裕すら1秒もありません。  
 俺のように反省する気がない死刑囚もいる中で、ほとんどの死刑囚は日々反省し、被害者の事も真剣に考えていると思います。そういう人達を抵抗できないように縛りつけて殺すのは、死刑囚がやった殺人と同等か、それ以上に残酷な行為ではないのですか?
 俺が執行されたくないのではありませんが、その様な事などを考えれば、死刑制度は廃止するべきです。
 言いたい事が色々と多く長くなってしまいましたが、切りがないので、この辺で失礼します。今の気持ちを伝える機会を頂き、ありがとうございました。
 
 追伸
 最近、執行が多くなりましたが、執行について意見があります。
 執行時に求刑・判決を出した検事・裁判官それに法務大臣らが自ら刑を執行するべきです。それが奴らの責任だと思います。
 それと執行時・その後に死刑囚の希望があった場合、絶対に経をあげてはいけないようにして下さい。俺は宗教が嫌いだし、経は死者に対してではなく、生きている人達の気やすめでしかありません。俺の執行時・執行後は絶対に宗教関係の事はやらないようにお願いします。

尾形英紀 熊谷男女4人殺傷事件

尾形英紀 熊谷男女4人殺傷事件

20090208-44-thumbnail2事件当時年齢 26歳
犯行日時 2003年8月18日
罪状   殺人、殺人未遂、逮捕監禁他
死刑執行    2010年7月28日

熊谷男女4人殺傷事件 経緯

平成15年8月18日、埼玉県大里郡の無職A子(当時16歳)は、同県熊谷市の元暴力団員でゲーム喫茶経営の尾形英紀(当時26歳)と、数日前に知り合った少年B(当時15歳)の2人に、交際中の飲食店従業員の鈴木秀明さん(当時28歳)の殺害を相談した。

A子は、同年7月に鈴木さんと知り合い深い関係となった。だが、鈴木さんのアパートに寝泊りするようになってから2人は口論が耐えなかった。事件前には、A子の友人に「ムカつくから、ヤクザを使って(鈴木さんを)脅かそうかな」と言っていたという。そこで、A子は二股交際していたもう一方の尾形と少年Bに熊谷市のファミリーレストランで上述の通り鈴木さんの殺害を持ちかけたのだった。

午後1時過ぎ、A子は尾形と少年Bを連れ立って鈴木さんのアパートに向かった。すると、鈴木さんは同じアパートに住む同僚の女性Xさん(当時25歳)の部屋に居たため、言葉巧みに誘い出して鈴木さんの部屋に呼び出した。鈴木さんが、部屋に入ると尾形はいきなり包丁で鈴木さんを滅多刺しして殺害。この時、A子は「やっちゃぇ、やっちゃえ」と尾形にけしかけた。

この騒ぎを聞きつけたXさんが鈴木さんの部屋に入ると鈴木さんは既に絶命していた。尾形らはXさんと鈴木さんの同僚で別の部屋に居た女性のYさん(当時21歳)及びYさんと同居していた女性でフリーターのZさん(当時19歳)の3人を鈴木さんの部屋で監禁した。

その後、尾形の車に3人を乗せて、まずXさんを熊谷市内の資材置き場で首を絞めたり包丁で刺して重症を負わせた。更に、Zさんを秩父市内の公園で同様に重症を負わせた。また、Yさんは翌日の19日午前6時頃、絞殺された遺体が秩父市内の道路脇で発見された。

熊谷男女4人殺傷事件 恐怖の口封じ

Xさんが瀕死の重傷を負って倒れているのを通行人が発見。直ちに、警察が保護したことから事件が明るみになった。警察はXさんからの供述から、犯人は尾形らと断定し緊急配備した結果、21日に尾形、22日にB少年、23日にA子を逮捕した。

尾形は、警察の取調べで「付き合っていた女(A子)を寝取られて面子が立たなかったので鈴木さんの殺害を決行した」こと、「3人の女性は死んだものと思っていたが、2人が生きていることをニュースで知り、口封じのため搬送先の病院でXさんZさん2人の殺害も計画していた」ことなどを自供した。

尾形英紀 死刑判決

平成19年4月26日さいたま地裁は、「1日のうちに4人を殺害の対象とした(中略)。殺してでも面子を保とうとする暴力団特有の思考であまりに短絡的な犯行で情状酌量の余地はない」と断じて尾形に死刑を言い渡した。

これに対して、尾形の弁護側は控訴したが、同年7月18日に尾形自ら控訴を取り下げて死刑が確定した。また、A子は懲役5年から10年の不定期刑、少年Bは中等少年院送致が確定した。
享年 33歳
カミカゼニュースブログ 検索
ギャラリー
  • 2017 カミカゼ ニュースまとめ
  • ユニクロを脅かすアマゾンの"超個客主義"
  • 引っ越した後の1週間で3人を殺害か 座間9人遺体
  • 日本人が知らないサウジ王族の「超金満生活」
  • 「無事で…」願い届かず 9人全員の身元特定
  • 座間9遺体 全被害者の身元特定 埼玉の17歳女子高生ら 殺人容疑で本格捜査
カミカゼについて
カミカゼ ニュースブログでは、その日のホットな話題を紹介しています。日別に過去分も読むことができますので読み逃しがありません。スマホ、ケータイにも対応。