カミカゼニュース

日本企業

日本企業、撤退相次ぐ=スマホで苦境―携帯市場

日本企業、撤退相次ぐ=スマホで苦境―携帯市場

富士通が携帯電話事業の売却に向けた調整に入った。国内携帯市場はスマートフォン登場後、「iPhone(アイフォーン)」を持つ米アップルの独壇場だ。2000年代初めは10社を超えた日本勢だが、撤退が相次ぎ、大手では富士通のほか、ソニー、シャープ、京セラが残るのみだ。

 調査会社のMM総研によると、16年度の携帯出荷数シェアはアップルが43.5%で首位。スマホ登場前はほとんどが日本勢だったが、現在は2位のソニーでも12.5%にとどまる。

 国内ではNEC、パナソニックがスマホから既に撤退し、東芝は富士通に携帯電話事業を譲渡した。富士通は高齢者が使いやすい「らくらくスマホ」が人気だが、かつてのような存在感はない。

 世界市場では、韓国サムスン電子とアップルの2強が激しく競い、その後を中国勢が追う。07年のアイフォーン発売から10年が過ぎ、スマホ市場は成熟化した。日本メーカーではソニーが世界展開しているが、高価格な機種に絞って利益を出す戦略だ。シェア上位に日本勢の姿はない。

高いブランド力と技術力、中国企業が日本企業の買収を狙うわけ=中国報道

高いブランド力と技術力、中国企業が日本企業の買収を狙うわけ=中国報道

中国の投資ファンド「金沙江創業投資基金(GSRキャピタル)」が日産の子会社で、オートモーティブエナジーサプライ(AESC)を買収することで協議を行っていると一部メディアが報じた。

 これについて、中国メディアの一財網は30日、中国企業が日本企業の買収に大きな興味を示すのは、日本企業のブランドと技術力を高く評価しているためだと伝える記事を掲載した。

 AESCは日産自動車が51%、NECが42%、NECエナジーデバイスが7%の株式をそれぞれ保有しており、日産の電気自動車(EV)「リーフ」に搭載されるリチウムイオン電池などを生産・販売している企業だ。

 記事は、日産は近年、事業構造の調整を進めており、系列の部品メーカーであるカルソニックカンセイの売却をすでに発表しているほか、三菱自動車の買収を通じて東南アジア市場への攻勢を進めていると紹介した。GSRキャピタルはAESCの買収についてノーコメントの姿勢を貫いていると伝える一方、

 続けて、GSRキャピタルは近年、超小型EVメーカーやリチウムイオン電池メーカーに相次いで投資を行っているとし、AESCの買収協議もこの一連の投資ポートフォリオと関連のあるものだと指摘。中国のEV市場の将来性を有望視する見方がある一方で、自動車向けリチウムイオン電池市場の競争は非常に激しいとし、GSRキャピタルはAESCの買収によって先進的なリチウムイオン電池の生産に関わるノウハウを手にしたい考えだと伝えた。

 さらに、GSRキャピタルのAESC買収が合意に達するかどうかはまだ不明だとしながらも、「中国企業が日本企業の買収に関心を示すのは、日本企業のブランド力と技術力を高く評価しているためだ」とし、中国資本の競争力強化に伴い、今後はさらに買収が増える可能性があることを伝えている。
カミカゼニュース 検索
カミカゼ ギャラリー
  • 2017 カミカゼ ニュースまとめ
  • 関 光彦 市川一家4人殺人事件
  • 「イチロー×アインシュタイン」の弟子志願者に困惑  ビートたけしの大正論
  • 進次郎氏が角栄と重ねて見られるのは政治状況が似ているからか
  • トヨタ「JPNタクシー」デビュー1か月、その評判は? 「これタクシー!?」の声も
  • トヨタ「JPNタクシー」デビュー1か月、その評判は? 「これタクシー!?」の声も