カミカゼニュース

週刊文春

週刊文春「好きな芸人」「嫌いな芸人」アンケート結果発表!

週刊文春「好きな芸人」「嫌いな芸人」アンケート結果発表!

「週刊文春」史上初のアンケート企画「好きな芸人」「嫌いな芸人」のランキングが確定した。アンケートは8月8日から8月31日まで、小誌メルマガ会員を対象に募集し、回答総数は3700票超にのぼった。「好きな芸人部門」では1位が明石家さんま(62)、2位がタモリ(72)、3位がダウンタウン(浜田雅功〔54〕・松本人志〔54〕)。「嫌いな芸人部門」では1位がダウンタウン、2位が明石家さんま、3位がとんねるず(石橋貴明〔55〕・木梨憲武〔55〕)という結果になった。
20170920suki-kirai0001

1位明石家さんま(左)と2位タモリ(右)

「好きな芸人部門」で注目すべきは、ビートたけし(70)と同数の得票で4位にランクインした宮城のローカル番組出身のサンドウィッチマン(伊達みきお〔43〕・富澤たけし〔43〕)。「他の芸人には無い北国小説みたいなセンス」(42・女)といった熱い支持を集めた。2人は「週刊文春」に喜びのコメントを寄せている。
20170920suki-kirai0002

サンドウィッチマンは4位

「純粋に嬉しいです。東北の方が沢山いれてくれたのかな。偉大な先輩方の中にこうやって選んで頂けて、本当に光栄です」
20170920suki-kirai0003

“オフホワイト芸人”宮迫の雨上がりは嫌い4位

「嫌いな芸人部門」では、「週刊文春」が“オフホワイト不倫”を報じた宮迫博之(47)と、蛍原徹(49)の雨上がり決死隊が4位に。「ホテルに行ってオフホワイトはないやろ」(48・男)といったツッコミに対し、宮迫本人からも神妙なコメントが届いた。

「すべては私の不徳の致すところでございます」

「週刊文春」(9月21日発売号)では、「好きな芸人嫌いな芸人」のトップ50とワースト50を、ランクインした芸人たちからのコメントとともに詳報している。

小山ひかる、宮迫博之との不倫疑惑騒動を謝罪

小山ひかる、宮迫博之との不倫疑惑騒動を謝罪

雨上がり決死隊の宮迫博之(47)との不倫疑惑を報じられたモデルの小山ひかる(26)が、騒動を謝罪した。

小山は9日発売の「週刊文春」で、先月14日と21日に宮迫と高級ホテルに宿泊した模様を報じられた。12日にツイッターで「今回の騒動に関しまして、誤解を招くようなことがあり、ご迷惑とご心配をおかけして本当に申し訳ありませんでした」と謝罪した。

 一方の宮迫は11日放送のフジテレビ系「バイキング」に生出演し、小山を含む2人の女性との不倫疑惑について「もしかしたら(性行為が)できるかもと魔が差しまくった。でも『このご時世にだめですよね』と断られて、ふて寝したというのが3回続いた」と釈明。下心があったことは認めつつ、一線を越えたことについては「本当にそれはない。ただ向こうが断っただけで、誘った時点で同罪です」と頭を下げ、2人とは今後会わないと誓った。

宮迫博之の二股不倫疑惑 在阪各局「今のところ」静観の構え…文春砲から逃げ切る?

宮迫博之の二股不倫疑惑 在阪各局「今のところ」静観の構え…文春砲から逃げ切る?

お笑いコンビ・雨上がり決死隊の宮迫博之(47)が、9日発売の週刊文春で二股不倫疑惑を報じられている件で、宮迫のレギュラー番組を放送する大阪のテレビ各局は、いずれも「今のところ放送予定に変更はない」として、静観の姿勢を示した。

 宮迫のレギュラー番組、「松本家の休日」「雨上がりの『Aさんの話』」を放送する大阪・朝日放送(ABC)は「現状では、番組に関して変更等はありません」と回答。前日8日に収録を行った「雨上がりのナニモン!?」を放送する関西テレビも「今のところ、放送予定に変更はありません」とした。

 また準レギュラーの「痛快!明石家電視台」を放送する毎日放送(MBS)も「今のところ、変更はありません」とした。

 週刊文春は、宮迫が2人の女性との密会に関して、不倫を否定し、潔白かを問われ「オフホワイト」と答えたと報じている。

 所属事務所も「本人が否定しておりますので…」とコメントしており、テレビ各局とも、週刊文春の砲撃からの逃げ切りを図っているとも映る宮迫の動向を、現状は静観する構えだ。
カミカゼニュース 検索
カミカゼ ギャラリー
  • 2017 カミカゼ ニュースまとめ
  • 「イチロー×アインシュタイン」の弟子志願者に困惑  ビートたけしの大正論
  • 進次郎氏が角栄と重ねて見られるのは政治状況が似ているからか
  • トヨタ「JPNタクシー」デビュー1か月、その評判は? 「これタクシー!?」の声も
  • トヨタ「JPNタクシー」デビュー1か月、その評判は? 「これタクシー!?」の声も
  • NHK受信料の支払い義務は「合憲」、最高裁が判決