カミカゼニュース

iPhone

爆発的に売れたiPhone X、ライバルと比べた優位性とは?

爆発的に売れたiPhone X、ライバルと比べた優位性とは?

●iPhone Xの売れ行き

11月3日に発売された「iPhone X」は、アップル表参道店に550人が並ぶなど発売初日から大いに盛り上がりを見せた。

これまで筆者はGalaxy Note8やMate 10 ProをiPhone Xと比較してきたが、果たしてiPhone Xはライバルにどうやって差をつけたのだろうか。

○蓋を開けてみれば爆発的に売れたiPhone X

当初、iPhone Xは生産台数が極端に少ないとみられ、ホームボタンや指紋センサーを廃止したデザインは時代を先取りしすぎた感があったことから、「Xを見てから8を買う人が多いのではないか」と予想されていた。

だが、蓋を開けてみるとiPhone Xの売れ行きは爆発的だった。ソフトバンクは11月6日の決算会見では、代表の孫正義氏が「一瞬で売り切れた。もっとたくさん供給してほしい」と訴え、社長の宮内謙氏も「iPhone 8の倍くらいの勢いで、供給が追いついていない状況」と嬉しい悲鳴を上げた。

海外での状況はどうだろうか。台湾の調査会社TrendForceが発表したレポートでは、2017年第4四半期にアップルはサムスンを抜いて出荷台数シェアで1位になり、iPhoneシリーズの予想生産台数は8100万台で、うち33%をiPhone Xが占めると予測している。

スマホ市場で1位を守ってきたサムスン、3位のファーウェイともに勢いは衰えていないが、人気の中心は低価格端末が占めており高価格帯ではiPhone Xの圧倒的な強さが際立っている。

それもそのはず、iPhone Xの質感は圧倒的だ。特にシルバーモデルの磨き上げられたステンレスは高級感があり、作り込みも細部まで隙がない。Apple Watchのステンレスモデルと合わせたくなるデザインだ。

これまで日本で人気だったのは標準の4.7インチモデルだが、iPhone Xはそれよりわずかに大きい程度のサイズに、鮮やかな有機ELディスプレイやデュアルカメラを詰め込んだ。小型で高性能という点は日本人好みでもある。

ホームボタンがなくなったことは賛否両論あるものの、本体下部のスワイプ操作でうまく解決している。滑らかで快適な操作感はそのままに、画面を本体いっぱいまで広げてきた。本体価格の高さだけは悩みどころだが、マニアだけでなく、新しもの好きな人全般にすすめられる仕上がりだ。

●Face IDの精度

○Face IDに他社は追いつけるか

一方で、スマートフォンとしての性能や本体デザインの面では、サムスンやファーウェイのフラグシップ製品もiPhone Xに匹敵する存在だ。それに対し、iPhone Xの新機能の中で他社の追随を許さないのが顔認証の「Face ID」だ。

実は、顔認証自体は目新しい技術ではない。最近のサムスンのGalaxyシリーズや、一部のWindows 10搭載PCでも実現している。だがFace IDは認証速度が速く、画面に目を向けたときにはもう認証が終わっているほどだ。これに慣れてしまうと、従来の指紋認証には戻れないと感じるはずだ。

Face IDの精度は基本的には高く、誤認識は100万人に1人とされるものの、双子を見分けられない場合があるなど改善の余地はある。だがその使用感は、他社より1世代は先行していると言っても過言ではない。

スマホの生体認証は、画面ロックの解除はもちろん、Apple Payを始めとするモバイル決済においても重要な技術だ。かつて指紋認証ではiPhone 5sへのTouch IDの搭載で先行したアップルだが、今度は顔認証でも、Face IDによって他社を大きく引き離す技術革新を成し遂げている。

iPhone Xに不安あり、それでも買いなのか?

iPhone Xに不安あり、それでも買いなのか?

新しいiPhone Xは、はたして買いなのか? 「すべてのiPhoneを買い替えてきた男」であるライターのジャイアン鈴木氏が、Xの新機能を細かくチェックしつつ、アドバイスする。

アップルはiPhone誕生10年の節目の年に、これまでの集大成、そして次の10年の始まりのモデルとして「iPhone 勝廚9月13日に発表した。ナンバリングを一気に「勝10)」にしただけあって、iPhone 召砲魯侫襯皀妊襯船Д鵐犬施されており、多くの新機能が追加されている。

 今回の発表会では正統進化モデルとして位置づけられる「iPhone 8/8 Plus」もリリースされているが、この記事ではiPhone 召墨誕蠅鮃覆辰董追加された新機能の「使い勝手」について検討してみたい。

●保護ケースは付けないほうがいい?iPhone X

iPhone 廠梓兢綺蚤腓瞭団Г蓮△覆鵑噺世辰討癲5.8インチSuper Retinaディスプレー」。上部にセンサーを配置するために切り欠きは存在するが、ホームボタンを取り除くことで、前面がほぼ全面ディスプレーとなっている。

 上下のベゼルを排除したことにより、黒枠がほとんど目に入らなくなるため、コンテンツへの没入感は格段に深くなっているはずだ。

 iPhoneとして初めて搭載されたOLED(有機EL)パネルの画質にも期待大。輝度や色域はiPhone 7/7 Plusから変わっていないが、コントラスト比が従来機種の1300:1から1000000:1へと大幅に向上しているので、引き締まった黒と深みのある色を魅せてくれるはずだ。

 iPhone 召料缶魅妊スプレーは相当目立つはずなので、大人げないが、周囲の人へ積極的にドヤりたいところだ。しかし保護ケースを装着すると左右ベゼルがそれぞれ2〜3mmほど太くなってしまうので、せっかくの全面ディスプレーが台無しになる恐れがある。

 iPhone 召砲蓮△海譴泙妊好泪曚忙箸錣譴臣罎悩任眤儺彑の高いガラスと、医療に使用されているものと同じグレードのステンレススチール製ボディーが採用されている。本体にケースを付けず、積極的にはだかで使っていきたいところだ。

新しい「顔認証」が不安だ iPhone X

iPhone 召蓮∩缶魅妊スプレーを実現するため指紋認証センサー一体型ホームボタン「Touch ID」を取り去り、その代わりの生体認証システムとして顔認証システム「Face ID」を採用した。「触れることよりも自然な動作は見ること」という視点からFace IDが生まれたとアップルは説明しているが、筆者はFace IDの使い勝手に一抹の不安を感じている。

 Face IDは、ドットプロジェクタ、赤外線カメラ、投光イルミネータで構成された「TrueDepthカメラシステム」で実現されているという。ドットプロジェクタで目に見えない3万以上のドットを顔に投射し、それを赤外線カメラで読み取ることで、立体的に顔の形を取り込み生体認証を実現している。

 アップルによれば、写真どころか、ハリウッドのメイクアップアーティストの作成した顔の立体模型でも、Face IDをあざむくことはできなかったという。セキュリティー性の高さでは、指紋認証センサーを上回っているのは間違いない。

 筆者がFace IDに不安を感じているのは、どの程度の太陽光が許容されているのかということ。太陽光には赤外線が多く含まれている。赤外線カメラでドットのパターンを読み取るのであれば、太陽光が強く照っている状況では認識しづらい可能性がある。

 例えば、マイクロソフトの「Surface Pro」やサムスンの「Galaxy S8/S8+」など赤外線カメラを生体認証にいちはやく利用している端末を実際に使うと、快晴どころか曇天でも正常に動作しないことがある。Face IDを屋外で快適に使えるかどうかは非常に気になる点だ。

 もうひとつ懸念しているのは、iPhone 召鬚い弔任盍蕕料阿砲ざせるわけではないこと。例えば混んだ電車内では、iPhone 召鯏切な距離にかざせない状況が多々あるはずだ。ロック解除はパスコードを入力すればしのげるとはいえ、それでは利便性が著しく下がってしまう。iPhone 召料缶魅妊スプレーに強く惹かれているものの、Face IDには不安が多いというのが現時点の率直な感想だ。

●カメラ機能は大進歩 iPhone X

iPhone 召稜慳魅メラの画素数は1200万画素と据え置きだが、広角カメラだけでなく望遠カメラにも光学式手ぶれ補正が搭載された。望遠側のレンズも従来機種のf2.8からf2.4へと明るくなっている。iPhone 7 Plusでは望遠カメラで手ぶれやノイズが気になることがあったが、iPhone 召任呂修量簑蠅浪鮠辰気譴修Δ澄

 前面カメラも大きく進化している。「TrueDepthカメラシステム」により、フロントカメラでも背景をぼかすポートレートモード撮影が可能になった点は、セルフィーの機会が多い人にはうれしい進化点だ。

 さらに、スタジオの照明効果を再現する「ポートレートライティング」機能は前面カメラ、背面カメラのどちらでも利用可能。これは他社製品にはない独自機能として高く評価できる。

 最大60fpsの4Kビデオ撮影、最大240fpsの1080pスローモーションビデオ撮影機能も、スマホの標準機能とは思えないスペックだ。特に後者は、フレーム数が倍増したことにより、さらに不思議なスローモーション撮影をぞんぶんに楽しめるはずだ。

驚きの発表だったのは……iPhone X

新型iPhoneは、Androidスマホに先行されていたワイヤレス充電にも対応した。これには驚きはなかったが、まったく予想していなかったのはアップル純正のワイヤレス充電台「AirPower」の登場だ。

 スマホ、スマートウォッチ、ワイヤレスイヤホンそれぞれにケーブルをつなぐのは面倒だが、それらをAirPowerの上に適当に置くだけで充電できてしまうというのは非常に画期的だ。自宅と職場に置いておけば、充電という行為をまったく意識しなくて済むだろう。

 ただし、一般的なワイヤレス充電台は端末を置く場所がシビアなのが問題。ちょっとずれていると充電されていないことがある。AirPowerがこの問題をうまく解決できているかどうか、正式な発売を待ちたい。

 また、アップルがワイヤレス充電をついにサポートした意義は大きい。オフィスの会議室、喫茶店や居酒屋などのテーブルに充電台が埋め込まれれば、それこそモバイルバッテリーを持ち歩く必要すらなくなる。多くの店舗がワイヤレス充電サービスを提供することを期待したい。

 なおiPhone 召離丱奪謄蝓雫酘飴間について、アップルは「第2世代のパフォーマンスコントローラと専用のバッテリー設計により、1回の充電によるバッテリー駆動時間がiPhone 7より最大2時間長くなりました」という表現を使っていたが、これはちょっとずるいと思う。iPhone 召犯罎戮襪戮は、体積が近いiPhone 7 Plusだろう。駆動時間のスペックを比べると、さほど進歩していない。

●性能面ではどうなのか? iPhone X

これまでiPhoneの発表会では、新旧iPhoneのパフォーマンス差を比較するグラフが示されてきたが、今回は「A11 Bionic」チップの性能は手短かに掲載されるにとどまった。

 A11 Bionicチップは、2つの高性能コアと、4つの省電力コアで構成されている。前機種に搭載されていた「A10 Fusion」と比べると、2つの高性能コアは25%、4つの省電力コアは70%高速化されているという。

 一方で、A11 Bionicに搭載されている機械学習専用の処理エンジン「ニューラルエンジン」が、ARアプリケーション、没入型3Dゲームなどの用途に使われることを強調したプレゼンテーションとなっている。スペック上のパフォーマンスを比較するよりも、そのパフォーマンスをどのように活用するのかアピールするほうが重要なわけだ。

本当に買いなのか? iPhone X

iPhone 召砲蓮屮妊丱ぅ垢修里發里ディスプレー」という表現が、アップルのプレスリリースなどで用いられている。それを実現するためTouch IDを排除し、それによってFace IDが必要となり、Face IDを実現するためのTrueDepthカメラがポートレートライティングなどの新たな撮影機能を可能にしたのだろう。

 それを考えると、iPhone 召蓮屮妊スプレーのためのデバイス」と言い換えることもできる。10年越しの「全面ディスプレーのiPhoneを作りたい」という思いが結実したのがiPhone 召覆里澄

 買いか否かという問いについては、もちろん筆者は「買い」であると答えたい。Face IDの使い勝手に不安は感じつつも、本体の質感は見る限り、スマホとして最上級である。機能的にも他社製スマホでできることに追いついたばかりか、最高レベルで実装されている。弱点は顔認証のバックアップとして指紋認証を搭載していないことぐらいだ。

 しかしその弱点さえも、全面ディスプレーを実現するために作られたiPhone 召紡个靴童世Δ里鰐酳襪箸いΔ發里澄ディスプレー直下に指紋認証センサーを内蔵できる技術が完成したら、きっとアップルはあっさりTouch IDも復活させるだろう。そのときには、画面上部の切り欠きのない完全な全面ディスプレーを実現するべく、Face IDをこっそり捨て去るかもしれない。

●価格は高いが…… iPhone X

価格は正直高いと思う。64GBモデルで11万2800円、256GBモデルで12万9800円というのは、そうそう気軽に出せる金額ではない。ただし救いはiPhoneシリーズの下取り価格が比較的高いこと。例えば、ある中古スマホ買取ショップでは、256GB版iPhone 7 Plusを7万3000円前後で買い取りしている。来年、もしiPhone Xを売却したとしても、高い下取り価格が期待できるはずだ。

 また、筆者はライターとしての仕事柄、iPhone Xは検証用端末として酷使することになるが、個人的な使い道としてはやはりカメラ用途が圧倒的に多くなるはずだ。

 望遠カメラにも光学式手振れ補正が搭載され、レンズがより明るくなったことによって、さらにさまざまなシチュエーションで、スマホクオリティーを超えた画質での写真撮影が楽しめるはずだ。メインのスマートフォンとしてiPhoneを使用している筆者にとって、iPhoneはつねに携帯しているデジタルカメラでもある。だからこそ少しでも画質が向上しているなら買い替える大きな動機になるし、1年間フルに日常のスナップ撮影に活用することを考えれば、買い替えにかかる差額も「高い」とはぼやきつつ納得できるのだ。

 iPhone 召蓮▲▲奪廛襪離謄ム・クックCEOが「The future of the smartphone」として紹介した。ひょっとすると未来のスマホは現代では使いにくいかもしれない。今までの延長線上の安心できる使い勝手を求めるなら、正統進化モデルのiPhone 8/8 Plusを選ぶべきだろう。

 しかし、ホームボタンがなくなったため新しい操作を習得しなければならないもの、未来のスマホをいち早く体験したい、自分のものにしたいというのであれば、10月27日から始まる熾烈なiPhone 祥縮鷙臉錣卜廚爐戮だ。

発表前のiPhone Xに、早くも行列を開始する猛者が出現

発表前のiPhone Xに、早くも行列を開始する猛者が出現

iPhone X20170912000124
現地時間9月12日のAppleによるスペシャルイベントでの発表前に、早くもiPhone X(iPhone8)購入のためにApple Store前に並び始める猛者が現れました。

iPhone X(iPhone8)行列開始!

現地時間9月12日(日本時間で13日午前2時)開催のスペシャルイベントでの発表も待たずに、iPhone X(iPhone8)をいち早く手に入れるべく、オーストラリア・シドニーのApple Store前に椅子とともに並び始めた男性の姿が確認されています。

iPhone X、予約受付は15日、発売は22日か

iPhone Xは、9月12のイベントでの発表後、15日(金)予約受付開始、22日(金)に発売されると予測されています。

ただし、どれだけ早く並んでも、Appleは、予約受付開始日より前に新型iPhoneの予約を受け付けることはないため、この男性は少なくとも4日はここに居座る覚悟のようです。

iOS11からiPhone Xの多くが明らかに

iPhone Xについては、先日流出したiOS11のGM(ゴールデンマスター)版から、その名称をはじめ、多くのことが判明しています。

iPhone Xは、有機EL(OLED)ディスプレイが本体前面を覆いホームボタンが廃止され、デザインが刷新されると見込まれています。

iPhone Xの心臓部となるA11プロセッサは6コアで、3GBのメモリを搭載、デュアルカメラは望遠側も光学手ぶれ補正搭載となるほか、防水性能が向上する可能性も指摘されています。

次期「iPhone」、ホームボタンを完全に廃止か--上位モデルで

次期「iPhone」、ホームボタンを完全に廃止か--上位モデルで

「iPhone」のホームボタンが廃止されるかもしれないとのうわさは、少し前から流れていた。だが、単に端末からボタンが消える以上の変化が起きる可能性もあるとの情報が、このほど報じられた。

 iPhoneの新たなハイエンドモデルでは、ベゼルの上端と下端ぎりぎりまでディスプレイを設置する場所を確保し、その広さを最大限に活用するために物理的なホームボタンが廃止されるとの情報は、これまでもあった。さらにそれだけでなく、BloombergがiPhoneの次期モデルに詳しい情報筋の話として報じた記事の画像を見る限り、仮想的なボタンも設置されないと推測するに足る理由があるようだ。

 Bloombergの記事によれば、新モデルではメイン画面に戻ったりアプリを開いたりするために、ホームボタンを押したりタップしたりするのではなく、タッチジェスチャを使うことになるという。

 また、「Apple Pay」でホームボタンを使う代わりに、顔認証用のセンサが搭載されるという。サムスンの「Galaxy S8」などのスマートフォンがオンスクリーンのホームボタンに移行する一方で、iPhone 8はホームボタンを完全に廃止する初のスマートフォンになるかもしれない。
カミカゼニュース 検索
カミカゼ ギャラリー
  • 2017 カミカゼ ニュースまとめ
  • 関 光彦 市川一家4人殺人事件
  • 「イチロー×アインシュタイン」の弟子志願者に困惑  ビートたけしの大正論
  • 進次郎氏が角栄と重ねて見られるのは政治状況が似ているからか
  • トヨタ「JPNタクシー」デビュー1か月、その評判は? 「これタクシー!?」の声も
  • トヨタ「JPNタクシー」デビュー1か月、その評判は? 「これタクシー!?」の声も